少し秋めいてきたものの、日中の暑さにバテ気味のスタッフ吉野です🍄
それでも、暗くなると虫の声が穏やかに響いて、秋を感じさせてくれてホッとします。

 

遅くなりましたが、8月のさをりの森ベガス作品のご紹介は、斉藤さんの作品から。
ロングワンピース(シルク)は染めタテ糸です。
こちらは、SAORIのお仕立て【初級編】のロングバージョンですね。

 

コラージュベスト(綿ほか)は、オーガンジーの布に端切れ布を縫いつけています。
仕立てをすると、やっぱり端切れが出ますものね。
ストレッチ糸を使った布、フリンジ、X交差織り(クールクロス)の布もあるんですよ。

 

ショートベスト(綿)、肩とポケットは別布を使っています。
え?ポケットが小さいのでは?って?
作者の意向なんです👌

 

ストール2種は(左:シルク、右:綿+ストレッチ糸)、二色交差を使い分けた作品。
左側はランダムに、右側は場所を決めて交差させているんですね。
同じ二色交差でも違った雰囲気。そして右側の作品、黒糸がストレッチ糸です。

 

廉林さんのジャンパースカート(綿)は染めタテ糸です。
布をタテ使いとヨコ使いにして、フリンジをウエスト部分と裾に使っています。
分け織りがググッと効いて可愛いんですよ💕

 

ジャケット(シルク・綿)は、廉林さんの大好きな形で2種類の布を組み合わせています。
分け織りがゆらゆら揺れるのが素敵なんです💕

 

山本さんのストール(シルク)は、キラキラ✨ラメ入りシルクです。

 

ストレッチ糸を使ったスカート(ウール・綿・化繊)。
色んな素材を混ぜ込んで織っているのですが、ストレッチ糸の部分が
キュッと縮んで面白い変化を見せてくれています。

 

喜田さんのチュニック(綿)。
細めの幅の布を1枚はグルッと前後に回し、数枚を組み合わせたデザイン。
裾に三角の布を足しています。

 

西田さんのスカート(綿)は細幅のらせんスカートです。
エクセーヌという人工皮革を織り込んだり、裾を拡幅織りで倍の幅まで広げています。

 

酒井さんのベスト(綿)。
織り始めの分け織りは、長く残しておいたタテ糸をヨコ糸として織り込んでいます。

 

ベスト(綿)は染めタテ糸です。
ボタンを2箇所に付けていて、時にはゆったり、時にはキュッとタイトに着ることができます。

 

ベスト(シルク・綿)。
こちらはリメイク作品で、前後どちらでも着ることができます。
二色交差のシャドー織りで、モザイク模様ができています。

 

吉野のポンチョ(綿・化繊)。
どの方向にも着ることができるデザイン。
スパンコールをふんだんに使っているのですが、写真ではわかりませんねぇ。

 

チュニック(綿)。
四枚綜絖で織り、挟み込みの部分だけ模様にしています。

 

今回、上前さんのタペストリーも拝見しました。
染めたタテ糸を2本使って織った大作です。

 

さをりの森のギャラリーでは、様々な作品を展示販売しています。
Vegasメンバーの作品もこちらで展示販売していますので、気になる作品がある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

すっかりご無沙汰していて申し訳ありません💦平身低頭、平謝りのスタッフ吉野です🍄
ようやく朝晩はエアコンとおさらばできそうな気配の今日この頃。
秋冬支度がチラリとアタマをよぎっている方もいるのでは?

 

そんなあなたに、さをりの森から朗報です❣
ご存知の方も多いとは思いますが、
9/7(土)~9/23(月・祝)まで、カシミヤWeekを開催しちゃいますっ👏👏👏

 

カシミヤWeekとは、この期間中は特別に、カシミヤのタテ糸とヨコ糸を色々たくさんご用意しちゃうイベントです。
いよいよ明日から、ってことで、どんなタテ糸があるのかチラ見せいたしますね。

 

まずは、ヨコ糸。
黒、白や茶系などのベーシックなものから、普段はあまりお目見えしない、赤や黄、橙などのカラフル糸まで、たくさんずらりと並べました。
貴重なカシミヤ糸がこんなに揃うなんて、圧巻です💖💖💖
1年かけて少しずつ、この日のために溜め込んでいた糸を開放しました。
しかもここから、好きな色を選んで好きなだけ使い放題なんですっ💮💮
(あ、材料費は頂戴いたしますよ…)

 

お次はタテ糸。
スタッフが糸を選び、せっせと掛けた一品モノのタテ糸ばかりです。
なるべくバラエティーがゆたかになるようにと心掛けましたが、お気に入りのものがあるでしょうか。
とは言っても、ヨコ糸次第で雰囲気はグッと変わりますから、
タテ糸の色に惑わされず、我が道を突き進んで、好きな糸を選びましょう。
このタテ糸を使って、タテヨコカシミヤだと、材料費は40円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、6,000円弱でしたよ。※個人差があります

 

さ、考えてみてください。
ちまたにもカシミヤ製品はたくさん出回っていますが、お値段は?色合いは?
お好みのものはありますか?

 

ないなぁと思った方。
みんなと一緒はつまんないなぁと思った方。
さをりの森だと、自分の好きな色を盛り込んだカシミヤマフラーを織ることができるんですよ~。

 

ご覧下さい、この毛羽立ち、そしてモフモフ感!!
ふんわり軽くて柔らかくって、ふわふわしていて温かい💓
寒さ厳しい冬に、あなたの体をホワッと包んでくれることでしょう。
 

 

そして、さをり織りならではの、ヨコ糸をピョコピョコはみ出して模様にしたり耳を不揃いにしたりと、自由自在に織ることができる。
あぁ、なんて嬉し楽しい冬シーズンなんでしょう。

 

カシミヤタテ糸じゃなく、いつもの綿黒のタテ糸にカシミヤヨコ糸で織った作品はこちら。
タテ糸の色に惑わされずに織りたいなぁって方は、ぜひ黒綿のタテ糸をお選びください。こちらの方が気楽に織れるんじゃないかしら。
綿黒のタテ糸を使って、ヨコカシミヤだと、材料費は20円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、3,500円弱でした。

 

「繊維の宝石」「冬糸のダイヤモンド」と呼ばれるほどの、魅惑的なカシミヤは、
繊維の細さ、軽さ、柔らかさ、肌触り、保温性などどれをとっても優れています。
しかしながら、織るときの糸はそうは見えない。
なんで~~?

 

カシミヤは、織り上がり後にしっかり縮絨することで、その良さが発揮される糸です。
縮絨とは、たっぷりの水流で攪拌して、糸の繊維同士を毛羽立たせて絡ませ、布としての風合いを良くすることです。
さをりの森では、洗濯機の標準コースでネットに入れないで、20分以上の縮絨をオススメしています。
しかしながらカシミヤの品質や、洗濯機の水量・パワーの差によって縮絨度合いは変わります。
縮絨の途中で時々布を取り出して手で絞って、毛羽立ち具合を確認してくださいね。

 

その布が乾いたら。
織り上がり直後とは雲泥の差の、モフモフ・ほわっほわのカシミヤ作品が完成ですっ👏👏
ほぅっ💗と頬ずりしちゃうほどの、幸せのひとときになることでしょう💕💕
しっかりたっぷりカシミヤの良さを実感してくださいね。

 

なお、カシミヤWeekのタテ糸選びは先着順です。
ご来館時には「カシミヤタテ糸」をスタッフにお申し付けください。
ではでは、明日からのご来館をお待ちしています。

葉っぱに滴る雨露のキラキラにココロ惹かれている、スタッフ吉野です🍄
それを見ると、スパンコール糸で織りたいなぁ~、ぽつぽつネップ糸で織りたいなぁ~なんて、織りたい欲がむくむく湧いてきます。

 

その織りたい欲がギュンッッと噴き出すのが、さをりの森のクリエーターが作品を持ち寄る「VEGAS(ベガス)の会」。
それぞれの色や織り方、仕立て方などのアイデアをシェアするこの会は、毎月第4月曜日に開催されます。
ではでは6月の作品のご紹介です👏

 

まずはスタッフ西田のワンピース。
リネン、シルク、綿糸、化繊糸を織り交ぜている作品では、擬似二重織りや、分け織りを布の表面にフリルのように織り込む織り技も使っています。

 

リネンストール。ぴゃむぴゃむやーんを織り混んだり、絡み織りでタテ糸を動かしたりしています。いつもはボリュームのある作品が多いのですが、今回は薄く織っているんですよ。

 

喜田さんのベスト(綿)。喜田さんの代名詞のよう色合いの作品ですね。
くし筬でタテ糸を大きく動かしています。

 

越野さんのブラウス(綿)。冷房が効いたところで過ごす場合は、長袖が欲しいですよね。ご本人いわく、なんだか春の雰囲気になっちゃったわ~、とのこと。

 

ワンピース(綿)。タテ・ヨコにストレッチを効かせています。黒い筋がそのストレッチ糸ですね。シルエットがストレートじゃなくって、楽しい作品です。

 

斉藤さんのベスト(綿・ウール)。肩に当てた布だけ、ウールです。
冷房で、肩が冷えちゃうわぁ、なんてことがありません。

 

ベスト(綿)は裾のタテ糸をまとめて太く通しています。
みさを先生がよく着ていた形ですが、こちらはポケット付き。後ろでポケットの位置をわざとずらして付けているのは、作家の意向です👌

 

圧巻の分け織りベスト(綿・ウール)は、リメイクです。
脇に布を足して着やすくしています。

 

ストール2種。(左側:綿)カラフルなタテ糸をつくり、それをくし筬であちらこちらへと動かしています。
(右側:綿・シルク)最近、二色交差で丸みを帯びた模様を織るのがマイブームなんだそうです。

 

今回初参加の山口さん、ブラウス(綿)。
デニムの裂き布や染め布を挟み込んだり、大好きな篭の目織りやタテ糸追加をしています。

 

チュニック(綿)。20cm幅で8mのタテ糸を作って、時間を掛けて織り上げました。
分け織りをしたり、幅を変化させたりと、とても楽しい布をノーカットで仕立てています。この作品に名付けるなら「きんぎょ」ですねぇ💕

 

ベガス作品は、さをりの森の2階ギャラリーにて展示販売しています。
ご来館の際はぜひ手に取ってご覧下さいね😊