4月・5月作品ということで長袖作品もありますが、さをりに季節は関係ないっ💕ってことでご紹介したいと思います。張り切ってご紹介しちゃいましょう🎶

 

🍭ブラウス(綿)いつもと違ってわざと経通し(タテ糸を通すこと)を規則的に通した部分を作っています。ヨコ糸の色によって見え方が変わるのが面白いですね。ふわふわリボン糸が布の表面に見え隠れするのも可愛い💓

 

🍭ブラウス(オーガニックコットン)布の表面にぽつぽつ見えるのは糸の結び目です。短い糸を結び繋いでヨコ糸にしています。織り布の片方の耳だけひたすら耳出し織りをした、ふさふさが揺れるバイヤス仕立てのブラウスです。

 

🍭ブラウス(綿)前出のバイアスブラウスを見て、私も作る~とお仕立て。こちらの耳出しは織っている時に耳の右側~、左側~と耳を出す方向を変えています。そのため、フリンジの有・無ができました。
前側でキュッと引きつったようになっているのはストレッチ糸の効果ですね。

 

🍭ブラウス(綿、ストレッチ糸)写真で見るとお袖が窮屈そうに見えますが、タテ糸にストレッチ糸が入っているのでびよんびよんと体に合わせて動いてくれるので、自由自在です。
ノーカットのお仕立てで、ぐる~っと巻きつけたデザインです。

 

🍭ワンピース(綿)ぴょこぴょこと飛び出た糸を使っているので面白い表情です。
肩で少し分け織りをしているのですが、写真で撮れておらず、申し訳ありません💦
白い糸が大量にあるので使ってしまえ~と織ったそうです。さをりアルアルですね。

 

🍭ワンピース(綿)以前Kさんが作ったデザインで、布が少し斜めになっています。
さりげなくスパンコールを入れ、分け織りもさりげなく小さめに。好きな二色交差はいつもと違った雰囲気で模様を作っています。
さをりはその人の個性を織ります。この作家さんはさりげない方なんでしょうね💚

 

🍭ワンピース(綿、アクリルほか)シンプルに織った…とご本人はおっしゃっていましたが、感想はご覧になる方に委ねます☺
織り終わりには大好きな分け織りをふんだんに織り、前身頃側にグッと集中させて静と動を前後で表しています。頑張った部分織りが肩で彩りを添えていますね。

 

🍭ワンピース(綿ほか)紺系で織っていたんだけどね~と、所々に入った赤の説明をしてくれました❤
織り幅の右側がタテ糸が細かったのか、どうも糸が滑るので穴埋めをするためにその部分だけ織りこんでいます。そこに赤が入って胸元ではボタンのように、袖先はアクセントになっています。

 

🍭ハイネック袖付き袋縫いワンピース(綿)SAORIのお仕立て【中級編】のお仕立てです。
スマホやハンカチを入れるためのポケットがあるので嬉しいですね💚
フリンジを前身頃の途中に配置したり、ポケットから垂らしています。

 

🍭ワンピース(オーガニックコットン)ヨコ糸は単糸を2本引き揃えたりそのままだったりと、薄手のオーガニックコットンのワンピースです。
単糸は細いのでルーピングで出してもふわっふわで柔らかく、縮絨すると撚りが掛かってねじれてくれます。オーガニックならではのしっとり感と軽さを備えた作品です。

 

🍭ワンピース(綿)さをりでよく言うイカベストにお袖を付けています。
裾が短くなった部分には端切れを付けて長くしました。
すとんとしたワンピースをと思うと、やっぱりこの形になるわ~とおっしゃってました。
お気に入りのデザインでも、織り布が違うと雰囲気も変わるので何着作ってもイイですね💕

 

これらのお仕立ては型紙がありません。
だいたいのサイズを書いた本などもありますが、織り布はレシピ通りにできないことがほとんど。
しかも布の模様は均一ではなく、色が変わったり糸が飛び出たり穴が開いたりと、ドラマがあります。
その布の一番気に入ったところを見て、どこにどんなふうに配置するか、どんなデザインにするかを考えます。

 

ベガスの会では、そんな制作秘話も披露しています。
しかしながらこのブログや写真だけではほとんどお伝えできていません😪
お出かけを控える時期ではありますが、機会があればさをりの森へお越しいただき、
さをり服の良さやその時々の作家さんのココロ模様をご覧くださいませ。
3に続く…

さをりの森の紫陽花が門の脇で咲き出しました。
敷地のあちこちで名も知らぬ花がひっそりと咲いています。
(スタッフ吉野は花に詳しくない…💦)
ご来館の際は、ぜひ建物の周りを歩いてご覧ください🌼🥀🌿。

 

さて、教室の中では「個性」という名の花が咲き乱れています。
そんな個性がキラリ✨と光るさをりの花、それが集まるベガスの会は、作家さんが作品を持ち寄って披露する会です。
4月・5月はコロナ禍で人数が少なかったのですが、無事に開催いたしました。
ではでは作品をご紹介してまいりましょう。

 

🍭ジャケット(綿)50㎝幅で織った布を半分に畳んだり、切ったりしています。
袖口にゴムを入れてちょっぴり絞っているので、大人の雰囲気の中、少し可愛さも兼ね備えたデザインです。

 

🍭ジャケット(綿)身幅をゆったり取っている着やすい形です。織り終わりに拡幅織りで織り幅を広げて前に配置。ブローチで留めても、そのままでも可愛いラインです。

 

🍭フード付きポンチョ(綿)Nさんはループ糸が大好き。そしてフードも大好き。ポケットも大好き💙タオル地のようなポンチョだと汗を吸ってくれていいよね~とこの形に。残り布の兼ね合いから、フードとポケットと迷って今回はフードの勝利❣

 

🍭ジャケット(綿)ご本人に試着してもらいました。彼女の大好きな形で、前身頃の裾は拡幅織りでゴージャスです。二色交差のシャドーの白が効いていますね~。ちなみにはいているのはジーパンにさをり布をあしらったスカートです。二色交差好きがにじみ出ています💜

 

🍭ジャケット(シルク)写真では伝わらないのですがシルクのジャケットで、てろ~んとしたくったり柔らかジャケット。袖先はストレッチ糸で絞っています。裾には裂き布を挟み込んで、アクセントにしています。そこは柔らかい中にもコシが出てラインがしっかりした雰囲気です。

 

🍭ジャケット(レーヨン・リネン)タテ糸にレーヨン、ヨコ糸にリネンで夏の冷房除けのジャケットです。自宅にあるリネンを使い切ろう!くらいの気持ちで色とりどりで織ったそうです。襟が欲しいが布が足らず、で、織り足したそうですよ。広めの幅で、前は縦に2枚に切っています。

 

🍭スカート(綿)ロングの半円スカートで、いつもはあまり使わない色合いです。織っている間はちょっと悩みつつだったようですが、旗のようなフラッグ糸をたくさん使うと、とても楽しくなったんですって🚩🚩糸によってココロも変わりますね。

 

🍭サルエルパンツ(綿)紺色の部分でストレッチ糸も使っているので、左右でギャザーの入り方が違います。ノーカットで仕立てていたスカートのリメイクをしたそうです。さをり布はリメイクも楽しい。いつの間にか着なくなっている服が生まれ変わります💖

 

🍭スカート(綿)このノーカットのスカートは左右でバランスが変わって面白いデザインです。写真左のウエストの下あたり、カラフルな色合いは部分織りです。広げた写真が…ない…😱…ごめんなさい。。。夏にはきたくなる、涼やかな色合いが素敵ですね🎶

この作品たちはさをりの森の2階ギャラリーにて展示販売しています。
しかしながら一部は下記の通り、関東方面へ遠征しています。
うーん、コロナ禍で人流がうんぬん言われている中で大きな声では言えませんが、お近くへ足をお運びの際はぜひご覧ください。

🌟6/10(木)~6/15(火) 東武百貨店 宇都宮店

🌟6/23(水)~6/29(火) 丸広百貨店 東松山店

 

ベガス作品はまだまだございます。
続きは後日、しばしお待ちくださいませ🍄

大阪は梅雨入りして、雨が多くなりましたね。
湿気を含んだ梅雨時期から夏にさをりの森で大人気の素材が「リネン」です。
高級糸として、お気軽クラスで織る場合のお値段も少々お高め。

 

で、す、が。

 

2021年6月1日(火)~6月15日(火)の期間、そんなリネンをお得に織れちゃう大好評企画、『リネン祭り』を開催します❣
内容はタテ糸・ヨコ糸を多く用意し、リネンを使って織ると、材料費が10%OFFというもの。

 

祭りにふさわしく、通常は数少ないリネンのタテ糸をたくさんご用意しました。
写真は現在ご用意している、スタッフ渾身のタテ糸たちです💓
織り幅は30㎝~60㎝まで様々です。

 

リネンのタテ糸は先着順に選んでいただけます。
私の好みじゃないわぁ…と思われる人や、織りたい幅じゃない人、
タテ糸に色が入っているとヨコ糸選びに迷いそう…と思われる人は、黒の綿タテ糸を選んでくださいね😊

 

タテ糸の色に惑わされそうな人にはちょっとしたコツがあります。
織っているとつい、タテ糸の色に合わせてヨコ糸を選びがちになります。
もちろんご自分がそうしたい、心地いいと思ったら、それがOK👌
でも、なんだか違うなぁと感じたら、タテ糸の色を気にせず、全く違う色を入れてみてください。
タテとヨコで新たな色が誕生するかもしれませんよ。
そこでどう感じるか、自分の気持ちに耳を傾けてみましょ。

 

そしてヨコ糸はズラリと一面に並べています。
皆さんが色を選びやすいように、スタッフが頭をひねりながら並べました。

 

 

糸は太さや形状も様々。
綿やウールほどではありませんが、タオル地のようなループ、うねりのある糸、粒々のある糸などがあります。
お好きなものを手に取ってください。
 

 

リネンは麻の一種で、亜麻という植物から採れる繊維です。
人類最古の繊維で、古代エジプトではWoven Moonlight(月光で織られた生地)と呼ばれて、神事にも使われたそうです。
なんと神秘的な…💫
そして、ヨーロッパでは衣類として多く使われている、歴史ある繊維。
歴史と神秘を感じながら織り、身にまとう・・・想像するだけでもうっとり💕

 

なぜ、多く使われているのかには理由があります。

 

・洗濯に強い
・丈夫で長持ち
・光沢がある
・吸水性・発散性に優れており、水分を素早く吸い取ってくれて、発散もしてくれる
→早く乾く
・防カビ性に優れているので雑菌の繁殖を抑える
→においも抑えてくれる
・使うほどに柔らかくなる
・繊維に空気が含まれていて、天然のサーモスタットとして温度調節をしてくれる
→オールシーズン使える!!

 

ほほう…なかなかイイ繊維じゃないの。
でもねぇ、麻ってチクチクするやん?

 

それ、違う麻なんです。
麻は20種類以上もあるといわれており、リネンはその1つ。
ラミー、ヘンプ、ジュートなど様々ですが、その中で最も上質な繊維です。
繊維の表面に天然のノリのようなものが付いているため、繊維の毛羽立ちを抑えて張りもあり、光沢があるんですね。

 

まぁこんなウンチクを聞いても、百聞は一見に如かず。
さ、さをりの森でリネンを見て、触って、その良さを体感してください。

現在さをりの森はコロナ感染拡大防止対策として、お気軽クラス(体験織り)を予約制で人数制限をしています。
予約はホームページのweb予約もしくはさをりの森へお電話ください。

体験予約フォーム – 大阪 – さをり織り、手織り教室、手織り体験のことなら さをりの森 (saorinomori.com)
☎0725-57-7022

また、織り機や備品、テーブル等のアルコール除菌と常時換気をいたします。
ご来館のお客様には、大変お手数をおかけしますが、マスクの着用と入口での手指のアルコール除菌もしくは手洗いをお願いいたします。
感染拡大防止、並びにお客様とスタッフの安全確保の為、ご協力の程よろしくお願い致します。