作品展の余韻に浸っている、スタッフ吉野です🍄
いただいた刺激を自分のものにするべく深夜の冷気や睡魔と戦い、あっさりと陥落されている日々です。。。💦そうしてやりたいことリストが溜まっているにも関わらず、新たな刺客ともいうべき?さをりの森ベガスの会11月が開催されました。
また新しい刺激を受けて、それがリストに追加されていくんですよね。

そんな個性あふれるベガス作品をご紹介いたしましょう♪

 

🍭ベスト(ウール) 2枚の布を合わせて、袖の部分は縫わずにあけているだけのアンバランスベストです。
糸の個性を生かした襟周りがとっても素敵で、作家さんの主張は言葉はなくともしっかり見えますね💓

 

🍭ストールベスト(カシミヤ)このベストは前身頃がロングストールになっています。ストール部分の巻き付け方も色々で、前後を入れ替えてもOK👌色んな着こなしが楽しめそうな作品です💕

 

🍭ベスト(ウール)作家さんをご存じの方はすぐにわかっちゃうほど、色といい分け織り具合といい、個性がほとばしっている作品です。織り終わり近くで分け織りした部分を引き抜いて、ヨコ糸として織り込んでいるんですよ。

 

🍭ベスト(ウール)二色交差で、カラフルな色のヨコ糸を二色交差でパッチワークのように彩った、オトナ可愛い作品です。ノーカットでぐるぐる~っと巻き付けている、作家さんお得意のお仕立てです。

 

🍭ベスト(ウール)後ろで1枚の布を折り返し、別の1枚を前身頃⇒襟⇒前身頃と縫い合わせたお仕立てです。このお仕立ては布幅が広いと首のうしろがもたつきがちですが、タックを取って着やすくしています。

 

🍭ブラウス(ウール)落ち着きのある色合いで、片袖だけ色がピピッと入っています。ところどころで篭の目織りをしたり、浮き織りした部分を切ってから縮絨をしたりと、冒険心がにじみ出ていますね💙

 

 

🍭ブラウス(ウール)上側の布は横に、下側は半円スカートのお仕立てを組み合わせた作品です。袖先はやや細めに付け、折り返して着てもキュートなんですよ💖
このお仕立ては、モシャモシャした糸で織った部分を襟元に持ってきたい!から、デザインを決めたそうです。

 

🍭ブラウス(ウール)ノーカットのお仕立てで、ぐるぐる~っと布を回して縫い合わせている作品です。変則の経通しでタテ糸の隙間を空けておき、隙間と隙間の間を分け織りしています。また、右肩(後)で疑似二重織りをした部分が、作家さんいわくミツバチなんですって🐝♪・・・写真がイイのがありませんでした・・・

 

🍭ブラウス(ウール)二枚の布を縦に合わせて、両脇と前後の身頃を縫い合わせたお仕立てです。
しか~し!
両脇のポケットあたりは縫い合わせていません。空けているサイズは手がゆったり入るくらいで、作家さん命名の「なんちゃってポケット」です。これは、ロング丈の裾をめくり上げずにパンツのポケットに手を入れられる、優れもののアイデアです👏

 

🍭ワンピース(カシミヤ)さをり織りでよくあるお仕立ての、イカベストの前を閉じている作品です。カシミヤならではの柔らかさにうっとりします💕二色交差で色々な模様が様々なラインを描いて入っていて、粋な模様ですね。

 

🍭ワンピース(ウール)最初はストールにしようと思って織っていたものの、途中で気分が変わって色を変えたそうです。
織り上がってから合わせてみると、イイ感じ・・・ロング丈のワンピースがあるとあたたかいかも・・・と、織り布を見て気持ちが変わったそうです。さをりアルアルですね☺
黒の布は別布です。スパイスが欲しいな、と、上から重ねて縫い足しています。

 

11月のベガス作品、第一部はこれまで。
この作品の一部は東京の西武百貨店 池袋本店にて展示販売いたします。
お近くの方はぜひ足をお運びいただき、さをり服のぬくもり、面白さを手に取ってご覧ください💖

❄会場❄ 西武池袋本店 7階(南B9)
ジョナサン・アドラー店内 特設会場

 

❄期間❄ 12月2日(水)~8日(火) 10時~21時
日・祝日は20時まで、最終日は18時まで

秋も深まり森の木々が色づいてきて、美しい彩りを見られるようになりましたね。
そんな木々に負けじと、さをりの森のギャラリーでは多彩な作品がずらりと並んだ『織り人&みんなの作品展2020』が無事に終了しました。
今回の出展者は73名、最終には400点を超える作品が集まりました。
この作品展は、さをりの森東京・所沢の織り人クラスクラス福岡、岡山など遠方からも出展されます。

 

ギャラリーに入った方からはまず、

「うわぁ…💖」

という驚きのうめきのような声があがります。
そして作品を手に眺めて、手にとって、試着して、至福の時間を過ごしていただきます。
お気軽クラスで織りに来られた方や織り人クラスのメンバーからは「織りたいのに、こちらも見たい…時間がない~~💦💦」と、悲鳴にも似た声をお聞きしました。

それほど魅力的な作品がたくさん集まっていたんです。そのほんの一部を少しですがご紹介しますね。

 

今回の写真は<飛び出しちゃったシリーズ>で、今までご紹介していない作品を登場している…つもり…です☺
さをり織りではよく見られる飛び出しですが、初めてご覧になる方には驚きの光景。
フリンジはもちろん布の途中や耳から飛び出ています。
どこを飛び出させるか、それは作家さんの意のままに、です🌟🌟

 
  

 

拡大できる方はこの襟を拡げてご覧くださいね。

 

バッグやポーチ、クッションカバーに帽子などの小物もたくさん。
小物って言いますけど、使っている布が小さいだけで手間はしっかりたっぷりかかります。作業工程が多く、採寸もきっちりしないといけない場合も多々あります。
さらに織り布を使うことで、一般の布を使うよりも作品にあたたかみが増すように思うのは私だけでしょうか。
オンリーワンの小物達、いつも身の回りにあると元気が出るはず💓


 

そして今回、【オリンピックカラーの5色を織る】がテーマのコーナーを設けました。
それぞれが思う黒・赤・青・黄・緑の5色を織った作品です。
これも青なの?
黄色はどこ?
ご覧になった方はそう思ったかもしれません。
それが感性の違いで、正解はない。あるとすれば作家さんの気持ちが最優先されるのでしょうけれど、さをり織りはどの感じ方でもイイんです。

みんな違って、みんなイイ💓

 

作品展が終了後、ギャラリーは通常通りに戻りました。
ググッと数が激減していますが、さをり服や小物がたくさん並んでおり、すべて展示販売品です。
ご試着も自由ですので、ぜひさをり織り作品のぬくもりを感じてくださいね。

🍁🍁『織り人&みんなの作品展 2020』🍁🍁

とき 2020年10月31日(土)~11月8日(日)
9:30~17:30 
※最終日は16:00まで
場所 さをりの森2階ギャラリー

日中もだんだんと涼しくなってきましたね。
秋と言えば、食欲の秋❣
……ではありませんね。
芸術の秋です❗❗

 

そんな芸術の秋には、さをりの森で現在開催中の『織り人&みんなの作品展 2020』がうってつけです💮💮💮
毎日、来場者が作品を手に取り、試着して着心地を確かめたり刺激を受けていらっしゃいます。
そんな試着の様子をちょこっと撮影させていただきました♪

 

 

仕立ての形、織り方、色合いなどなど、そこかしこに個性がにじみ出ている作品ばかりです。
試着のし甲斐もあるっていうもんです☺
380点もの作品が一堂に会するこの機会にぜひ、ご来場ください。