毎日糸を見ていると欲しい糸がたくさんありすぎて困ってしまいます。
糸を見るだけではそうでもないなぁと思っていても、誰かが織っているととても良く見えて欲しくなってしまったり。
欲張りだなぁとしみじみ思います。

 

作品もそう。
このお仕立て作ってみたい!
この織り技をやってみたい!
そんな刺激いっぱいの毎日を過ごさせていただいている、スタッフ吉野です🍄

 

🍭ストール(シルク)大好きな二色交差ですが、いつもの色合いと違って濃いピンクや明るい黄色が入っていて雰囲気が違うね~と皆さんがおっしゃっていました☺
さをりのスローガンの1つ、「思い切って冒険しよう」を実践されたのかもしれませんね。

 

🍭ストール(タテシルク×ヨコリネン&化繊)さをりの森のウルトラ変わり化繊糸、ぴゃむぴゃむヤーンで織っています。ぴゃむぴゃむヤーンは眺めるだけでも気分が楽しくなりますが、織るともっと楽しくなります💕

 

🍭Vネックベスト(タテシルク×ヨコシルクや綿)ぴゃむぴゃむヤーンも少々入っています。タテ糸は赤、ヨコ糸は青なので、色合いがなんだか不思議。タテ糸に捉われなくてもイイんですよね。
左後ろでモシャモシャ出ている白糸は、縮絨で糸が飛び出たそうです。

 

🍭ベスト(綿)以前はブラウスだった作品をリメイクしたベストです。紫色は同じ糸ばかりを使っているのですが、ノッティング織りや太織りで布の表情を変えています。
さをり服は長く着ることができますが、時間が経つと気分も変わるもの。
そんな時はリメイクです🎶

 

🍭ベスト(綿)こちらは1枚の布を対角に切って2枚にして、それを8枚はぎあわせたベストです。SAORIのお仕立て【中級編】の6枚はぎの逆転ワンピースと同じ考え方で、Aラインを作っています。写真では前を閉じていますが、前開きなのでサッと羽織れます。

 

🍭ベスト(綿・ストレッチ糸)タテ糸の一部にストレッチ糸が入っているので後ろの裾のラインがキュッと上に上がっています。大きい点々のように見えるのは、大きめスパンコール。動きに合わせてキラキラ揺れて綺麗です✨分け織りも効いていますね。

 

🍭ベスト(綿・ストレッチ糸)タテヨコにストレッチ糸を使っています。小さく見えますが、ストレッチが効いているのでびよんびよんと伸びるんですよ💓細幅であちらこちらに縫わない部分を作って、袖開きにしています。上下左右、着こなしを変えることができます。

 

🍭ベスト(綿)昨年発売していた綿糸の白セットを使って織った布。
しっかり悩んで三枚のれんベストになりました。スパンコールももちろん入っているのですが、写真ではお伝えしきれません😪

 

🍭ベスト(綿、化繊)少し残った織り布。もともとの織り幅は背中の幅で、半分に切って前身頃にしています。首の後ろに少し足した布が肩の広がりを抑えてくれているんですね。脇布が少しなので、夏でも涼しくオシャレできそうです❤

 

🍭ベスト(綿・ストレッチ糸)ノースリーブでフード付きのベストです。織っている時は桃色のストレッチを使いたかったそうです。この方はストレッチ糸がお好きなようで、よく入っているような…?裾の分け織りは後ろでヒラヒラします💕

 

緊急事態宣言が明けてもワクチンだオリンピックだと、ニュースはなんだかざわざわしています。
そんな時でも織りをしていると心が落ち着いてきます。
糸と自分のココロの移り変わりを感じながら織るさをり織り。

そんな作品たちをさをりの森2階の常設ギャラリーにて展示販売しています。
ご来館の際はぜひ、ギャラリーにてゆっくりと作品をご覧ください。
もちろん、ご試着もなさってくださいね。

4月・5月作品ということで長袖作品もありますが、さをりに季節は関係ないっ💕ってことでご紹介したいと思います。張り切ってご紹介しちゃいましょう🎶

 

🍭ブラウス(綿)いつもと違ってわざと経通し(タテ糸を通すこと)を規則的に通した部分を作っています。ヨコ糸の色によって見え方が変わるのが面白いですね。ふわふわリボン糸が布の表面に見え隠れするのも可愛い💓

 

🍭ブラウス(オーガニックコットン)布の表面にぽつぽつ見えるのは糸の結び目です。短い糸を結び繋いでヨコ糸にしています。織り布の片方の耳だけひたすら耳出し織りをした、ふさふさが揺れるバイヤス仕立てのブラウスです。

 

🍭ブラウス(綿)前出のバイアスブラウスを見て、私も作る~とお仕立て。こちらの耳出しは織っている時に耳の右側~、左側~と耳を出す方向を変えています。そのため、フリンジの有・無ができました。
前側でキュッと引きつったようになっているのはストレッチ糸の効果ですね。

 

🍭ブラウス(綿、ストレッチ糸)写真で見るとお袖が窮屈そうに見えますが、タテ糸にストレッチ糸が入っているのでびよんびよんと体に合わせて動いてくれるので、自由自在です。
ノーカットのお仕立てで、ぐる~っと巻きつけたデザインです。

 

🍭ワンピース(綿)ぴょこぴょこと飛び出た糸を使っているので面白い表情です。
肩で少し分け織りをしているのですが、写真で撮れておらず、申し訳ありません💦
白い糸が大量にあるので使ってしまえ~と織ったそうです。さをりアルアルですね。

 

🍭ワンピース(綿)以前Kさんが作ったデザインで、布が少し斜めになっています。
さりげなくスパンコールを入れ、分け織りもさりげなく小さめに。好きな二色交差はいつもと違った雰囲気で模様を作っています。
さをりはその人の個性を織ります。この作家さんはさりげない方なんでしょうね💚

 

🍭ワンピース(綿、アクリルほか)シンプルに織った…とご本人はおっしゃっていましたが、感想はご覧になる方に委ねます☺
織り終わりには大好きな分け織りをふんだんに織り、前身頃側にグッと集中させて静と動を前後で表しています。頑張った部分織りが肩で彩りを添えていますね。

 

🍭ワンピース(綿ほか)紺系で織っていたんだけどね~と、所々に入った赤の説明をしてくれました❤
織り幅の右側がタテ糸が細かったのか、どうも糸が滑るので穴埋めをするためにその部分だけ織りこんでいます。そこに赤が入って胸元ではボタンのように、袖先はアクセントになっています。

 

🍭ハイネック袖付き袋縫いワンピース(綿)SAORIのお仕立て【中級編】のお仕立てです。
スマホやハンカチを入れるためのポケットがあるので嬉しいですね💚
フリンジを前身頃の途中に配置したり、ポケットから垂らしています。

 

🍭ワンピース(オーガニックコットン)ヨコ糸は単糸を2本引き揃えたりそのままだったりと、薄手のオーガニックコットンのワンピースです。
単糸は細いのでルーピングで出してもふわっふわで柔らかく、縮絨すると撚りが掛かってねじれてくれます。オーガニックならではのしっとり感と軽さを備えた作品です。

 

🍭ワンピース(綿)さをりでよく言うイカベストにお袖を付けています。
裾が短くなった部分には端切れを付けて長くしました。
すとんとしたワンピースをと思うと、やっぱりこの形になるわ~とおっしゃってました。
お気に入りのデザインでも、織り布が違うと雰囲気も変わるので何着作ってもイイですね💕

 

これらのお仕立ては型紙がありません。
だいたいのサイズを書いた本などもありますが、織り布はレシピ通りにできないことがほとんど。
しかも布の模様は均一ではなく、色が変わったり糸が飛び出たり穴が開いたりと、ドラマがあります。
その布の一番気に入ったところを見て、どこにどんなふうに配置するか、どんなデザインにするかを考えます。

 

ベガスの会では、そんな制作秘話も披露しています。
しかしながらこのブログや写真だけではほとんどお伝えできていません😪
お出かけを控える時期ではありますが、機会があればさをりの森へお越しいただき、
さをり服の良さやその時々の作家さんのココロ模様をご覧くださいませ。
3に続く…

昨年よりもずっと早く梅雨入りした大阪。紫陽花もまだそんなに咲いていないのに…と、なんだか違和感を感じます。
違和感と言えば、私個人的には、さをり服もそうじゃないかなと思います。
織りは一定ではなく、規格で決まった模様でもない。
色合いは全然違う色が入っていることもある。
様々な太さや形状の糸が1枚の布に織り込まれて、織り目もバラバラのものもある。
既製品の洋服を見慣れた方には違和感だらけかもしれないなぁと思うのです。

 

そんなさをり服や、さをり小物がたくさん集まった作品展を開催いたしました。
出展者は、さをりの森の大阪・東京・所沢にてさをりを学ぶ織り人メンバーと卒業生、そしてスタッフたちです。

 

今回は、開催日前日に緊急事態宣言が発令されてしまいました。
さをりの森は休業要請対象ではなかったため、作品展を予定通り開催いたしましたが、当然のことながら来場者が少なかったのがとても残念です。
ってことで、インスタグラムにてライブ配信をいたしましたが、ご覧いただけたでしょうか。
動画編集をしない生ライブということでお見苦しい点があるかもしれませんが、作品の雰囲気を見ていただけたらと思います。
さをりの森(大阪)インスタグラムはこちら➡➡instagram

 

この作品展では262点ものさをり服や小物が集まり、出展者数は56名!
より多くの方にご自分の目で作品を見て、触れていただけたらと思っていましたがそうもいかず。
このブログではその作品たちの一部をご紹介いたしますね。


どれを試着しようかしら💓

 

 
あら、履き心地いいわねぇ♪

 


青の作品を見て、作りたい!!と黄色を織ってお仕立て。布幅違いもOK♪

 


むむっ?これはどうなってるの?

 


左右の袖のアンバランス、そしてなんと袖の長いこと!なぜって?作家の意向です👌

 


浮き織りと篭の目織りを組み合わせた織りは、とても粋でした。

 


この水色はタテ糸?どうやって織っているの??と何度も聞かれました。

 


こちらも何度も聞かれました。タテ糸を変化させるのは手間が掛かるけど面白い💕

 


ジャンパースカートで試着されていますが、下ろしてスカートでも着用できます。

 


ヨコ糸にストレッチ糸(紺色)を使っているので、縮んだ部分がクシュクシュッとなってとても可愛いベストです。

 

あぁぁ…すべてにコメントを付けたいのですが、ページの都合でドドンッとご紹介いたしますね。




 

 

作品展終了後、この作品たちは作家さんの手元にお返ししました。
えぇ~~っ!写真の作品が気になる…
という方は、さをりの森へお電話いただくか、ホームページのお問合せフォームにてご連絡くださいませね😊