もう昼間は上着がいらないくらい、ぽかぽかと暖かくなってきましたね🔅
夜は風がひんやりと冷たく、過ごしやすくて幸せな岡本🐍です。

連日、たくさんの方が織り人作品展を見にきてくださり、にぎわっています✨
今回のブログは、そんな作品展の作品を数点ご紹介🎶

まずはこちらのベスト。
シンプルな形のベストですが、上下逆に着てみると雰囲気の変わる2Wayベスト✨
その日の気分、ボトムスに合わせてお好きなカタチで着れ、楽しめるベストです。

 

こちらのベストは、ちびフリルを襟にもってきた可愛らしいけど、色が可愛すぎないので大人っぽい雰囲気のベスト。ストレートの糸、ループの糸を効果的に使い、どこを見ても楽しい作品です。

 

お次のベストは、変則経通しのタテ糸に、太めのヨコ糸でざくざくと織った夏色ベスト。布をパズルのように合わせ仕立ててあり、スマートな雰囲気のベストです。

 

こちらのベストは、タテ糸の密度とヨコ糸の密度を大きく変え、薄い生地の箇所、厚い生地の箇所がある、透け感満載の作品です。

わかりますかね??この感じ!透け感!みっちり感!ね!

 

こちらのロングベストは、正面から見ると布はまっすぐ使い。ですが、後ろを見ると斜め!?っという仕立てのベスト。ちょっとお出かけ♪というときに、さっと羽織れて便利ですね☺

 

他にもまだまだ紹介したい作品があるのですが、今回はここまで!

紹介しきれない作品も、たーーくさんあるので、お近くの方、お時間のある方はぜひ一度遊びにいらしてくださいね♪

さをりの服は、ハンガーにかけたとき、トルソーが着たとき、人が着たとき、床に広げたときで、見え方が全然ちがいます。

人が着ても、ひとりひとりの体型の違いで見え方がちがいます。

「わたし、こういうカタチのさをり服は持ってないけど、あらやだ似合うわね!」
なーんてことも、よくある話です。

着てみないと、わからなかいことがあるかもしれない。
着ないと損!くらいの勢いで、ぜひたくさん試着してみてくださいね♪

織り人作品展2019は、4/28(日)まで。
最終日は16:00までの展示となりますので、お気をつけください。

さをりの森への行き方等は、さをりの森ホームページをご覧ください♪
https://saorinomori.com/

 

 

昨年末から構想し、年が明けて試している織りがあるのですが、まだうまくいかない。
次こそはできそうな…そんなワクワク感がいっぱいで、こういうのが好きだなぁとしみじみ思う、スタッフ吉野です🍄

 

さて、さをりの森では毎月1度、作家さんが集まって作品を披露する会「Vegas(ベガス)の会」を開催しています。
それぞれの個性を織り上げた布で、仕立てた作品。
その政策秘話を聞けたり、じっくり作品を試着したりと、ワクワクしちゃう刺激満載の会なんです✨

 

ではその作品達を、まずは越智さんのからご紹介いたしましょう~😊
大人ピンクの円すいベスト(イカベスト)。
少々袖が大きくなってしまったようですが、ゆったり着れるってことですよね。
さをりの森ベガス201812 (1) さをりの森ベガス201812 (3) さをりの森ベガス201812 (2)

 

酒井さんの作品、回帰織り(メビウス)スヌード。
メビウスは初挑戦。2重巻きにすると、ルーピングで出した部分がちょうど良く出てきて、存在感バツグンです。
さをりの森ベガス201812 (4) さをりの森ベガス201812 (5)

 

『SAORIのお仕立て【初級編】』の袖開きずらし斜めポンチョ、布の切り方をアレンジしています。
上下逆にも着ることができますが、グッと雰囲気が変わるんですよ。
さをりの森ベガス201812 (10) さをりの森ベガス201812 (9) さをりの森ベガス201812 (7)

 

斉藤さんのマフラー2作品。
左側はウールステンレスのヨコ糸で織っています。だからクシュクシュした表情に。
右側は短い糸を結び繋いでから、2色交差で織っています。
2色交差の作品は、巻き方で雰囲気がグッと変わるんですよね~💖。
さをりの森ベガス201812 (11) さをりの森ベガス201812 (12) さをりの森ベガス201812 (13)

 

ジャケットは、ウールとシルクで織っています。
さをりはフリンジもデザインの一部、それをボタンホールにしています。
さをりの森ベガス201812 (14) さをりの森ベガス201812 (16) さをりの森ベガス201812 (15)

 

カシミヤベスト、タテ糸は黒(綿)のタテ糸ローラー巻きなのですが、通し方を変則にしているせいか、不思議な模様が出ています。
また、裾のフリンジには別糸を足して、カラフルにアレンジしているんですね。
さをりの森ベガス201812 (18) さをりの森ベガス201812 (19) さをりの森ベガス201812 (17)

 

キュートな裾広がりのベスト。
織り上がった後で、首元をゴム糸で縫って少し絞っています。
拡幅織りをした部分を裾に使って、ふわっと広げているんですよ。
さをりの森ベガス201812 (20) さをりの森ベガス201812 (21)

 

2色交差を効かせたブラウス。
太目の糸を使って布の耳をでこぼこに出し、その部分を首元に使っています。
さをりは耳もフリンジもデザインの一部ですものね。カラフルな羊毛もポコポコ。
不思議なのはたくさん色を使っているのに派手じゃないんですよねぇ。
さをりの森ベガス201812 (22) さをりの森ベガス201812 (23) さをりの森ベガス201812 (24)

 

内山さんのセーター。『SAORIのお仕立て【中級編】』のハイネック袖付き袋縫いワンピースのショート丈です。
お仕立て本は、長さなどのアレンジをすると違った雰囲気が出ます。
胸元ではルーピングや挟み込みで、キュートさがにじみ出ていますね~💙
さをりの森ベガス201812 (33) さをりの森ベガス201812 (34) さをりの森ベガス201812 (33)

 

ロングベスト。さをりで大人気のイカ型(円すい型)ベストの前閉じタイプ。
擬似二重織りが裾で少しヒラヒラします。
このお仕立ては、布が一度に縦・横・斜めに見えるのが、また面白いっ❗️
さをりの森ベガス201812 (35) さをりの森ベガス201812 (37) さをりの森ベガス201812 (36)

 

廉林さんのロングベスト。織り幅は20cmくらいと細幅です。
分け織りをしたり、アートヤーンメイカーで創った糸を効かせたりと、まさに見て楽しい、織って楽しい、着て楽しい作品です。
さをりの森ベガス201812 (38) さをりの森ベガス201812 (40) さをりの森ベガス201812 (41)

 

フード付きポンチョは今回ボタンありきのデザインなんだそうです。
どうしても襟元で使いたかったそう。おなかのポケットも可愛いんです💕
ここにポケットがあると、ちょっとしたものも入れられますしね。
さをりの森ベガス201812 (42) さをりの森ベガス201812 (44) さをりの森ベガス201812 (43)

 

西中さんのベスト。
染めタテ糸の細幅で、お仕立ての際には布があっちへ行ったりこっちへ行ったり。織り終わりにはタテ糸を織り込んで、幅を狭めていっています。
さをりの森ベガス201812 (45) さをりの森ベガス201812 (46) さをりの森ベガス201812 (47)

 

マフラーには追加タテ糸をあちらこちらと這わせています。
毛足が長い糸なので、存在感があるんですねぇ。
さをりの森ベガス201812 (48)

 

角谷さんのロングベスト。
あちらこちらにくるくる織りがのぞいています。
筬を使わずにシャトルを右往左往させて織る織り方ですが、透け感が出て面白いですね~。
さをりの森ベガス201812 (49) さをりの森ベガス201812 (51) さをりの森ベガス201812 (50)

 

このジャンパースカートはタテ糸交換会で、回ってきたタテ糸を織ったそうです。ヨコ糸にストレッチ糸を多用していて、ボリューム&存在感たっぷりです。こちらはノーカットのお仕立てなんですよ💓
さをりの森ベガス201812 (52) さをりの森ベガス201812 (53) さをりの森ベガス201812 (54)

 

さて、今回はここまでですが、すぐに次回をUPしますね🍄

2

暑い日中のドライブ中、日が当たる所でスマホのナビアプリを使っていたら
高温になってフリーズして驚いた、スタッフ吉野です🍄
危うく迷子になるところ…💦いや、そうじゃなくって。
近年の異常な暑さには皆様もお気をつけ下さいね。
さて、暑い夏を乗り切るためのさをり服へLet's Go‼️

 

内山さんのメビウスストール、夏向きにリネンです。
分け織りをして、そのタテ糸の残りをいったん引き抜いて
また別の部分に通しなおしてまた織る、手間ひまかかった織り。
先月の、上前さんのストールに刺激されて早速チャレンジしたそうです。
くるくる回して、お好きな位置で首元をカバーしましょ💓
さをりの森ベガス2018年6月 (23) さをりの森ベガス2018年6月 (24) さをりの森ベガス2018年6月 (25)

 

こちらは綿のストール。爽やか色で、端の分け織りがキュートなんです💜
さをりの森ベガス2018年6月 (26)

 

このチュニックは、リネンと綿の混合です。
脇を大胆に開けてちょっとセクシーな、ノーカットのお仕立て。
インナーにはワンピースを合わせると、ドレッシーでイイですね~。
さをりの森ベガス2018年6月 (27) さをりの森ベガス2018年6月 (28)

 

斉藤さんの爽やかベスト。
白を基調に、ところどころにカラー糸を挟み込んだキュートな作品です。
さをりの森ベガス2018年6月 (1) さをりの森ベガス2018年6月 (2)

 

ワンピース。中央に1枚、サイドに細くカットした布を足して
デザインに変化をつけています。スクエアネックなので首元がしまらず、
サラッと着られそうですね~。
さをりの森ベガス2018年6月 (3) さをりの森ベガス2018年6月 (4)

 

こちらは、SAORIのお仕立て【中級編】の袖付き袋縫いワンピースのアレンジ。
SAORI-WX90で織った布をヨコ遣いにお仕立てしています。
と言う事は、織り幅が着丈になります。
どーんと2枚を重ねて縫っちゃえるのは、幅広ならではですね~。
さをりの森ベガス2018年6月 (5) さをりの森ベガス2018年6月 (6)

 

こちらも同じデザインのワンピース。本と同じ、ハイネックです。
が、同じWX90で織った幅広の布をタテ使いにどーんと1枚。
と言う事は、織り幅が裄になります。
タテ糸を変則で通しているので、ヨコ糸を入れる力加減で模様ができるんですね。
さをりの森ベガス2018年6月 (7) さをりの森ベガス2018年6月 (8) さをりの森ベガス2018年6月 (9)

 

ヨコ糸にストレッチ糸を使ったストール2種。
ストレッチ糸を入れる間隔が違うと、表情もグッと変わります。
さをりの森ベガス2018年6月 (10) さをりの森ベガス2018年6月 (11)

 

分け織りストール。
内山さんと同じく、先月の上前さんのストール(写真下段)の織り方にチャレンジしています。
写真右側、下から上へ織っているのですが、右端の分け織りが左端へ移動しています。
さをりの森ベガス2018年6月 (13) さをりの森ベガス2018年6月 (12)

さをりの森Vegas 5月 (62)

 

吉野のストール2種。シャトルを2丁使った2色交差で斜め模様にしました。
さをりの森ベガス2018年6月 (15) さをりの森ベガス2018年6月 (14)

 

綿のショートベスト。先月のショートベストを違う布で欲しくてお仕立て。
織り模様の兼ね合いで、少し違ったデザインになりましたが、これもまたヨシ。
さをりの森ベガス2018年6月 (18) さをりの森ベガス2018年6月 (20) さをりの森ベガス2018年6月 (19)

 

同じタテ糸で仕立てたチュニック。レース糸を大胆に…と思いましたが、
どうやら私はそれが苦手らしいと、しみじみ思いながら織った布です。
さをりの森ベガス2018年6月 (21) さをりの森ベガス2018年6月 (22) さをりの森ベガス2018年6月 (91)

 

レーヨン100%のチュニック。これも2色交差で斜め模様にしています。
さをりの森ベガス2018年6月 (16) さをりの森ベガス2018年6月 (17)

 

たくさん集まった6月Vegas作品は、さをりの森の2階ギャラリーにて展示販売します。
作品を見る時に、1人で見ると気付かないのに、誰かと見ることで気付く織り方や
お仕立てのコツがあります。
どうぞ遠慮なさらずに、スタッフに解説をご希望下さいね。
もちろん、試着も好きなだけどうぞ~~💓
1人ファッションショーもウェルカムです✨