早速ですが、さをりの森ベガス作品のご紹介(10月)の続きです。

 

こちらは斉藤さんの作品、ブラウス(ウール)です。
胸元は分け織りをし、細い幅の方ではストレッチ糸(水色)の部分が縮んで、可愛い穴が開いています。

 

ブラウス(ウール)、胸元のヒラヒラは縮絨したら勝手にできていたんですって。
しかしながら斉藤さんはまっすぐに仕上げたかった…
どうしたらまっすぐになるか?と皆に問いかけたんですが
「まっすぐにしなくってイイじゃないですか、そのフリルが可愛い💕」との返事。
均一・均質ではなく、いびつな「味」をモットーとするさをりでは大絶賛でした✨

 

こちらはベスト(ウール)、斉藤さん自作の手結び糸を細幅に織り込み、スリットの部分に別の織り布を足しています。

 

ストール2種(どちらもウール)。青いストールは全体をX交差織り(クールクロス)にしています。
布を少し動かして、その位置でとどまるように縫いとめたそうです。
赤いストールはヨコ糸にストレッチ糸を使った部分がキュッと縮まっています。

 

喜田さんのブラウス(タテ綿・ヨコシルク&ラメ)。
片方の端に、大量のラメ糸を引き揃えて二色交差にしています。動くとキラキラ光ってゴージャスです✨

 

西田さんのロングベスト(ウール)。
こちらのオススメは、メンバー一同の度肝を抜いたなんちゃってポケット❣
ちゃんとわかる写真がない…悲しい…
このベストにはポケットがありません。そのかわり、脇のポケットあたりにスリットが開いています。
寒くて手が冷たくなったら、スリットに手をいれると暖かくなる💖
その上ジーンズのポケットに、ベストをはだけなくても手が入れられる優れもの。
こちらはブログにUPする前に、北海道へお嫁にいきました。
きっと彼女の手を温めてくれていることでしょう。

 

吉野の3wayポンチョ(ウール)は、ポンチョ、チューブトップ、スカートとして着用することが出来ます。
こちらはあちらこちらに集中してフワフワ織りをしています。

 

マーガレット(ウール)は、3wayポンチョと同じタテ糸です。
布のつなぎ方をSAORIのお仕立て【初級編】に掲載のデザインとは変えています。

 

同じタテ糸でストール(ウール、アクリル)。
インスタグラムで拝見した、織っている途中でタテ糸を三つ網というのをしたくって、試行錯誤しました。
インスタグラムの方にお聞きすると私の方法とは違っていましたが、それもまたヨシ♪
 

 

以上が、さをりの森Vegas 大阪作品分です。

自分自身のなかにある自由な感性を、糸を使って表現するさをり織りは、失敗がないという安心感に満ち溢れているように思います。
そのせいか作品には、人のあったかい部分がにじみ出ているように見えます。
そんなあったかい作品は、さをりの森 2階ギャラリーにて展示販売しています。

 

また、12月には西武池袋本店7階(中央A7)インテリア特設会場にて展示会を開催する予定です。
もしかするとこの作品の一部も展示する…カモしれませんので、乞うご期待です💕
❄❄12月18日(水)〜25日(水          )❄❄
❄❄10:00〜21:00(最終日〜18:00)❄❄
❄❄※日曜・祝休日は20:00まで  ❄❄
❄❄※22(日)は、21:00まで     ❄❄

 

大型台風の影響で各地に被害が出ていると報道されています。
今回大阪はほとんど影響はありませんでしたが、昨年の秋は、大阪でも電柱が倒れたり、停電があったことが思い出されます。
被害に遭われた方が少しでも早く日常生活の戻れますよう、お祈り申し上げます。

 

そんな超大型台風が接近した12日(土)は、さをりの森での『みんなの作品展2019』の初日でした。
さすがにこの日はお客様が少なかったものの、2日目にはお客様が次々と試着する様子を拝見することができました💕

 

作品展はさをりの森の2階ギャラリーにて開催しています。
階段を上がって右手を見ると…

 

素敵な三部作のタペストリーが、その向こうの作品たちのドキドキ感をかきたててくれます。
まずはこのタペストリーをご堪能ください。
そこから一歩踏み込むと…

 

ずらりと並んだ作品たち❣
もう少し中に入ると…

 

さをり服やタペストリー、マフラーやバッグ、帽子、ポーチなどなどが所狭しと並んでいます。
ぜひたっぷりと、時間に余裕を持ってお越しください。たくさんの作品たちが集まりました。
なんとその数300点以上💛💙❤

 

さて、さをり服を見るときのコツをお伝えいたしますね。

 

一つ、さをり服はまず全体を眺めるべし
まずは全体の雰囲気を楽しみましょう。作家さんはこんな感じの方なのかしら?
と、作家さんの雰囲気が作品からあふれ出ていると思います。

 

一つ、さをり服は隅々まで見て触るべし
作家はその時々の想いで糸、織り方を変えています。糸の組み合わせや立体感を味わいましょう。

 

一つ、さをり服は試着するべし
マネキンに掛かっている服でも、実は本来の形ではありません。さをり服は
人が着て、布が身体に添うことで初めて、完成になるのです。
試着を怖がらず、ぜひご試着ください。そしてデザインの変化と着心地を体感してください。

 

一つ、スタッフやさをり服を着ている人と話をするべし
さをり服は、着方が1つとは限りません。上下を逆さにしたり、腕を出す位置を
変えることもできちゃうんです。それをぜひ、さをりのツウと一緒に楽しんでいただきたいんです。
↓こちらはスヌードにもベストにもなる作品です。

 

 

一つ、試着をしたら、ピンと背筋を伸ばすべし
おずおずと試着すると、ココロや身体が委縮しちゃいます。
背筋を伸ばして、鏡の前に立って、じっくりと眺めてください。
あら、私ってこんな色も似あうのね~なんて新たな発見があるかも。

 

 

ご試着されていると、スタッフはついつい様子を見に行ってしまいますが、どうぞお許しくださいませ。
なぜなら、とても嬉しいんです。そしてその作品の良さをもっとお伝えしたくなるんです。

 

試着していただいている様子を、当日お会いできない作家さんにお伝えしたくて、ついついカメラを向けてしまいますが、どうぞ、どうぞお許しくださいませ。

 

そんな『みんなの作品展2019』は10月20日(日)まで、さをりの森2階ギャラリーにて開催中です。最終日は16時までですので、お気を付け下さい。
1人でも多くの方にお越しいただけますよう、スタッフ一同お待ちしています。

 

 

 

少し秋めいてきたものの、日中の暑さにバテ気味のスタッフ吉野です🍄
それでも、暗くなると虫の声が穏やかに響いて、秋を感じさせてくれてホッとします。

 

遅くなりましたが、8月のさをりの森ベガス作品のご紹介は、斉藤さんの作品から。
ロングワンピース(シルク)は染めタテ糸です。
こちらは、SAORIのお仕立て【初級編】のロングバージョンですね。

 

コラージュベスト(綿ほか)は、オーガンジーの布に端切れ布を縫いつけています。
仕立てをすると、やっぱり端切れが出ますものね。
ストレッチ糸を使った布、フリンジ、X交差織り(クールクロス)の布もあるんですよ。

 

ショートベスト(綿)、肩とポケットは別布を使っています。
え?ポケットが小さいのでは?って?
作者の意向なんです👌

 

ストール2種は(左:シルク、右:綿+ストレッチ糸)、二色交差を使い分けた作品。
左側はランダムに、右側は場所を決めて交差させているんですね。
同じ二色交差でも違った雰囲気。そして右側の作品、黒糸がストレッチ糸です。

 

廉林さんのジャンパースカート(綿)は染めタテ糸です。
布をタテ使いとヨコ使いにして、フリンジをウエスト部分と裾に使っています。
分け織りがググッと効いて可愛いんですよ💕

 

ジャケット(シルク・綿)は、廉林さんの大好きな形で2種類の布を組み合わせています。
分け織りがゆらゆら揺れるのが素敵なんです💕

 

山本さんのストール(シルク)は、キラキラ✨ラメ入りシルクです。

 

ストレッチ糸を使ったスカート(ウール・綿・化繊)。
色んな素材を混ぜ込んで織っているのですが、ストレッチ糸の部分が
キュッと縮んで面白い変化を見せてくれています。

 

喜田さんのチュニック(綿)。
細めの幅の布を1枚はグルッと前後に回し、数枚を組み合わせたデザイン。
裾に三角の布を足しています。

 

西田さんのスカート(綿)は細幅のらせんスカートです。
エクセーヌという人工皮革を織り込んだり、裾を拡幅織りで倍の幅まで広げています。

 

酒井さんのベスト(綿)。
織り始めの分け織りは、長く残しておいたタテ糸をヨコ糸として織り込んでいます。

 

ベスト(綿)は染めタテ糸です。
ボタンを2箇所に付けていて、時にはゆったり、時にはキュッとタイトに着ることができます。

 

ベスト(シルク・綿)。
こちらはリメイク作品で、前後どちらでも着ることができます。
二色交差のシャドー織りで、モザイク模様ができています。

 

吉野のポンチョ(綿・化繊)。
どの方向にも着ることができるデザイン。
スパンコールをふんだんに使っているのですが、写真ではわかりませんねぇ。

 

チュニック(綿)。
四枚綜絖で織り、挟み込みの部分だけ模様にしています。

 

今回、上前さんのタペストリーも拝見しました。
染めたタテ糸を2本使って織った大作です。

 

さをりの森のギャラリーでは、様々な作品を展示販売しています。
Vegasメンバーの作品もこちらで展示販売していますので、気になる作品がある方はお気軽にお問い合わせくださいね。