桜の季節が過ぎ、さをりの森では色とりどりの別の花が咲き乱れています。

 

美しい色に満ち溢れた2021年4月27日は、2018年に他界された城みさを先生のお誕生日でした。
ご存命なら108歳、あっと言う間の大往生でした。
さをり織りを代表して、さをりの森で咲いている花を抱えた研三さんと裕司さんがお墓参りに行かれました。

 

さをり織りの創始者であり、人々にさをり織りを広めるべくご尽力されたみさを先生。
その情熱を私は実際に拝見することはかないませんでしたが、音声やDVD、文章にて垣間見ることができます。
このブログでは、在りし日のみさを先生を写真で偲んでいただけたらと思います。

 

 
書を習っていたものの「自分の字」を書くために、手本を真似るのではなく、筆の使い方などの技術を自分の中に取り込む努力をされたそうです。

 

 
毎日のお酒がご長寿の秘訣♪

 

 
晩年は、森の緑がよく見えるお席で織るのが日課でした。織り機の間を歩くのも忘れません。

 

 

 

 
研三さんとご出勤。杖を使うのはあまりお好きではなかったようです。

 

 
現在開催中の『織り人作品展2021』も、ご存命ならきっと作品をご覧いただけたはず。。。

 

 

みさを先生の理念や言葉は、さをり哲学としてさをり織りの中に、またそれ以外の生活の中にも当てはまります。
みさを先生を偲び、さをり織りと初めて出会ってからこれまでの自分自身や織りを振り返ったスタッフでした。

 

 

コロナの感染拡大で、緊急事態宣言が発令されました。
今回は休業要請の対象外であること、広いスペースで換気が十分にできること、体験織りは予約制で人数制限をしていることなどから、さをりの森は通常通りの営業をいたします。

引き続き、感染拡大防止対策として織り機や備品、テーブル等のアルコール除菌と常時換気をいたします。

ご来館のお客様には、大変お手数をおかけしますが、マスクの着用と入口での手指のアルコール除菌もしくは手洗いをお願いいたします。
感染拡大防止、並びにお客様とスタッフの安全確保の為、ご協力の程よろしくお願い致します。

 

このような時期ではありますが、『織り人作品展2021』を予定通り開催いたします✨
今回はさをりの森大阪・東京・所沢の織り人クラスメンバー、卒業生、スタッフの1年の織り・心模様を展示販売する作品展です。
さをり服はもちろん、ストールやバッグ、ポーチ、織り布などが245点(4月23日現在、追加予定あり)集まっています💕

 

前日の4月23日、緊急事態宣言の発令を恨めしく、でもこの状況では仕方がないよねとお互いを慰めあいながら設営を行いました。
たくさんの作品をハンガーに掛けながら、作品をちらりちらりと見ていきます。

 

ご存じの方も多いと思いますがさをりの作品って、どこから頭を出すの?どっちが前?上?ってことがしばしばあります。
ハンガーに掛けてみて、何だか違うっていうのはさをりあるあるなんです。
ついには試着して確かめてみたりして、設営は楽しく進みました😊

 

ハンガーに一通り掛けたら、マネキンに着せる服を選びます。
さをりの森の作品展は季節問わずなので、ウール作品もたくさんあるのですが、初日のマネキンは季節に合った綿作品を掛けました。
その傍らで、web担当のスタッフ岡本が看板制作をしています。

 

全体を見渡すと、なんだか寂しい…?
入口にのれんか何か欲しいね~と、織り布を掛けると、雰囲気がグッと良くなりました✨
長さは揃えず、さをりらしくアンバランスに、チラリと会場内が見えるようにと工夫して掛けています。

 

もちろんこの織り布も販売品です。
あちらこちらにお気に入りの糸を挟み込んでいます。

夕方、研三さんのご友人が研三さんを訪ねて来られて、設営途中ではありましたが一足早く作品をご覧くださいました。
あらっ、これ素敵❣
と、さっそくご試着。こちらの作品はフリル織りのマーガレットで、上下を逆にして着ることができます。

 

閉館までには設営も終わり、後は初日を待つばかりとなりました。

 

本来なら、多くの方にご来場いただき作品を手に取って、試着して、さをり作品に触れていただきたいと強く思うのですが、ご無理のないようにお願いいたします。
作品展へのご来場はご予約不要です。
ご来場の際はできるだけ混雑にならないよう、配慮してまいります。

また、ご来場できない方でも作品展の様子を垣間見ていただけるよう、このブログやインスタグラム、ツイッターでも作品をご紹介したいと思います。
気になる作品やご質問は、ホームページのお問合せページ 一番下の、
>お気軽クラス・織り人クラス・森の宿り木・さをり織り技法検定・講習会についてはこちら
から、メールでお問合せいただくか、さをりの森までお電話ください☎

作品展が最終日まで無事に開催できるよう、スタッフ一同、コロナ感染拡大防止対策に努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

UV(紫外線)が気になる季節になりました🌞
そろそろUVカットのクリームなどを手に取っている人もいるのではないでしょうか。
また、UVカット加工を施した衣類やマスクなどもあるほど、紫外線を気にする人は多いようです。
たくさん販売しているから、普通ならそれを購入してUV対策をするんでしょうけれど。
もしも。
UVカットができる糸を使って、自分で、UVカット衣類やストールを作れると、嬉しくて楽しくないかしら?

 

そんな難しいことって思わなくても、さをりの森ならカンタンに出来ちゃいます。

 

………なんですと?カンタンに??

 

はい☺
種明かしをすれば、オーガニックコットンの糸が、UVカット効果を持っているんです。
そのオーガニックコットンをタテヨコに使って織って、ストールや服にすればイイんです。
あら、さをり織りでできるならやってみたいわと思ったあなたに朗報です。

 

4月16日(金)~30日(金)
オーガニックコットンを使って織ると、材料費が10%OFFになる、
オーガニックコットン祭りを開催します❣

 

オーガニックコットンとは、3年以上農薬や化学肥料を使っていない、認証機関に認められた農地で遺伝子組み換えを行っておらず、有機的に育てられて製造加工された綿糸のことです。
農薬等を使わないので、本来あるべき農地の微生物や生態系が守られており、農薬によって損なわれてしまう綿花本来の性質も保たれています。
綿花自身が身を守るための天然の油分が残っているので、しっとりした肌触りです。
また、紫外線効果もそのまま残っています。中でもブラウンは、UVカット効果が95%以上で一番高いと検証されているそうです。
そんな性質があるから、肌が弱い方や赤ちゃん、エコの注意を払っている方から人気なんですね。

 

天然の色合いは生成りとグリーン、ブラウンの3色です。
オーガニックコットンと言うとほんわり柔らかい色合いのイメージがありますが、それは天然の色を使っているからなんです。

 

あれ?
目の錯覚かしら、上の糸棚の写真では違う色もあるじゃない?

 

錯覚ではありません。
せっかくの有機農法を損なわない染色をすればイイんですよ。
さをりの森で扱っているオーガニックコットンは、地球環境と人体に全く無害なベンガラ染めの技法で染めています。
定番糸としてはナチュラル、ブラウン、グリーンの他に、ピンク、グレー、イエローの3色があります。
写真では以前の定番糸のオレンジも写っていますがループのみで、棚に並んでいる限りとなります。

 

また、糸の太さや形状が3種あります。

左端から、ストレートの単糸、ストレートの3本撚り、ループ糸です。
単糸を3本撚り合わせたものが中央の糸です。
と、いうことは。
6色ある単糸の中から3本を組み合わせてボビンに巻くと、3本撚りと同じ太さで色合いが増えるんですねっ❣

 

そして気になるタテ糸は、スタッフ渾身のタテ糸をご用意しています。
前出のブラウンがメインのものや、キュートなピンク系、ループ糸を使っていないタテ糸もあり、幅もそれぞれ違います。
こちらは先着順で、ご来館時に選んでいただきます。



 

これらを組み合わせて織ると、100%オリジナルオーガニックコットンがカンタンに織れちゃうってことなんです💕
さ、こんなオーガニックコットンで織りたくなったら、さをりの森へGo!!

 

なお、現在はコロナ感染拡大防止のため、人数制限をしています。
ご来館の2日前までならweb予約をご利用下さい。
前日、当日はお電話にて承ります。