家織りは、綿を中断してウールを織っている、スタッフ吉野です🍄
前回作ったタテ糸の残りを、今シーズン中にどうにかしておかないと、次に進めないのよねぇ。と言いつつも、織っていて楽しいのがウールなので、名残惜しいのです。

 

そんな楽しいウールのシーズンも終盤ということで、
なんとウールのタテ糸祭りを緊急開催しちゃいます
いつもの5倍のタテ糸をご用意して、皆様を刺激いたしますよ~🎶

 

うふふっ、登場するタテ糸の一部をチラッとご紹介。

 

12月に発売した、光沢感がある細めの糸のイタリア発のプレミアムウールや、縮絨効果が絶大な太めの糸、ループ糸が出てボリューム感たっぷりの糸、薄い布を作りたい方には細めの糸のタテ糸など、各種様々。

 

えぇ~、色付きのタテ糸なんて難しそう…なんて、敬遠していませんでしたか?
織り物はタテ・ヨコの糸の組み合わせで、色の見え方が変化します。と、なると…タテ糸に囚われず、ヨコ糸のことだけ考えて織る方がもちろんカンタン💡
しか~し。
ちょっと変わった雰囲気で織りたいのよねぇ…
マフラーの端のフリンジを色付きにしたいなぁ…
などの欲求を、カラーのタテ糸が満たしてくれるんです。

 

さて、今回のタテ糸の素材はウールです。
ウールってね、水を弾いて中まで浸透するのを防ぐと共に、内側から発する湿気を吸収して発熱してくれるんです。しかも、余分な湿気は放出してくれちゃう優れものなんですよ❤

でも、ウールはちくちくするからイヤだわ~って思っている方も多いんじゃないかしら。
そのチクチクは、繊維の太さで変わります。繊維が細ければ細いほど、肌触りが良いので、糸を選ぶ時に肌触りをご確認くださいね。

そしてウールは、織り上がった後の1回目の洗濯で、グッと糸が変化します。
繊維がほわ~っと立ち、周りの繊維と絡んで布としての一体感が生まれるんです。

 

しかしながら繊維が絡むということで、布の縮みが出ます。
糸によって個体差はありますが、1割から2割は縮むと思ってくださいね。
その縮みを活かして使う糸を工夫すると、こ~んなヒラヒラストールも織ることができちゃうんです。

 

タテヨコウールの織り心地の良さ、バラエティー豊かな糸から選ぶ楽しさを、どうぞこの機会に体験してくださいね。

1969年、城みさをが56歳の時、手織りを始めて間もない頃。
自分の織った布にタテ糸が1本抜けていた。織り物の常識に照らせば傷物。しかし、何か趣きがある、自分としては気に入っている。これを傷とみるか模様とみるか、見方次第で物の評価は180度変わる。よし、一度常識から離れて自分の好きなようにやってみよう、どんどんキズを作ってやろう…

 

それから50年。
さをり織りは大阪の片隅から、海を越えて世界各地に広がりました。
その主軸となり、さをり織りに懸ける情熱を力説していたみさを先生が亡くなって、はや1年が経とうとしています。
みさを先生が亡くなってからも、みさをファンの方々がさをりの森を訪ねてくださいます。今にも語りかけそうな瞳でみさを先生の銅像を見つめる様子を拝見するたびに、先生の偉大さを改めてしみじみと感じます。
さをりの森20190105 (13)

 

みさを先生を偲んで届いたお供え布タペストリーVer.8を年始に展示しました。
個性を織るさをり織り。
そのお供え布はどれひとつ、同じものがありません。
似ているようで、違うんですよね。
2週間後にはこのタペストリーはVer.9に交換しますので、ご来館の際にはぜひご覧ください。

 

今年も張りきって、たくさんのステキな糸との出会いをお届けいたします。
2019年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
さをりの森20190105 (1)-2

 

おぉ~っと💦
大事な事を言い忘れておりました。
年始にこんな年賀状が届いている方に朗報です💖
ハガキの左下をよ~~くご覧くださいませ。
2019年賀状SNS用

 

ほら、お年玉クーポンって書いてあるでしょ🎌
ハガキをお持ちのご本人のみならず、ご一緒のお連れ様にもこのクーポンは適用いたします。
期限は2月28日(木)までですので、ご来館の際には、パスポート・ポイントカードとハガキを忘れずにお持ちくださいね。

体中がキシキシ痛い、スタッフ吉野です🍄
なぜって?
なぜなら最終営業日の翌日の12月28日は、恒例の大掃除だったのです。
普段あまり使わない筋肉を使い、あまりしない姿勢でいるとキシキシなっちゃいますね。

 

いつもはずらりと糸と織り機が並ぶ教室内。
今日ばかりは全部いったん撤去して、まずは拭き掃除から始めます。
こんなに広いと、ちょいと走ったり転がってみたりしたくなりますが…しそびれちゃった😩
さをりの森20181228 (2)

 

さ~、張り切ってお掃除しちゃいましょ~
ってことで、楽しいスタッフたちの決めポーズ。
大掃除といえども、笑いを忘れてはいけませんよね😆
さをりの森20181228 (4)

 
あらっ、窓の外には研三さん!
背後に見えるのは、この夏に研三さんとスタッフ森田とで制作したテラスです。
気候が良いときにはランチやティータイムが楽しめます。
そうそう、織り機を持ち出して織ったこともありました。
さをりの森20181228 (3)

 

さをりの森でまず最初に皆様をお迎えするエントランス。
ガラスをピッカピカにすべく、寒さに負けず拭いています。
普段お客様は入ることのない、糸を巻き替える場所もしっかり埃取り。
糸を巻き替える時って、細かい繊維が飛んで大変なんですよ。
時にはほっかむりをしていることもあるほどです。
さをりの森20181228 (14) さをりの森20181228 (5)

 

社長室も、廊下も、隅っこの頑固な汚れも徹底的に綺麗にしていきます。
さをりの森20181228 さをりの森20181228 (6)

 

拭き掃除の後はワックス掛け、「そこまだですよ~」と監督の声が飛びます。
右側の写真でわかるでしょうか、床に窓が映っているのはワックス済み。
こんなに変わるんだぁ…と改めてびっくりです。
さをりの森20181228 (7) さをりの森20181228 (8)

 

もちろんギャラリーや、遠方からのお客様をお迎えする宿り木も手分けして綺麗になりましたよ。
夕方には宿り木部隊も参加して、窓拭きをして仕上げとなりました。
さをりの森20181228 (11) さをりの森20181228 (12)

 

2018年、さをりの森にとっては忘れられない1年になりました。
なんといっても1月に、さをり織りの創始者、みさを先生が104歳で他界いたしました。
高齢ゆえ、いつかは…と思いながらも、いざその時になると信じられませんでした。
あれからもう1年が経つんですね。
DSC_3860

 

3月の「城みさをを偲ぶ会」には380人もの人々が集まり、みさを先生の動画を観たんですよね。
みさを先生の肉声でのメッセージ、さをり織りにかける情熱を聞き、心に刻んだ会でした。
DSC_9042

 

みさを先生が亡き後も、意志や情熱はさをり織りの中に息づいています。
織ることでみさを先生を感じることができると思います。
反機械の姿勢で、人ならではのものを織る。
織ることで自分を見つけ、自己表現をするさをり織り。
今後もさをりの森は、さをり織りを楽しむ人々を全力でサポートしてまいります。
また、1人でも多くの方がさをり織りに触れ、その素晴らしさを体感していただけるよう尽力して参ります。

 

今年も残りわずかとなりました。
皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
なお、さをりの森は2019年1月5日(土)が、新年最初の営業となります。
2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。