春が近づいてきました。と、いうことは。
ウールで織るのも後わずか…(いえいえ、年中ウールで織ってもイイんですよ💦)

そして、春になると織りたくなる、春夏素材。
その中でもシルクは上品な艶やかさと、スベスベの滑らかな手触り、見るだけでその柔らかさが伝わる高級感あふれてうっとりする糸ですよね✨✨
そんなシルクを使って、さをりの森で織ることができます。

通常、さをりの森でシルクを織る場合の材料費はコチラ⬇⬇

タテ糸素材 ヨコ糸素材 材料費
黒:綿 シルク 20円/g
カラー:綿、ウール シルク 30円/g
カラー:シルク シルク 40円/g

 





3/1(月)~3/15(月)まで、皆さまお待ちかねのシルク祭りを開催しますっ
この期間中にシルクを使って織ると、材料費から10%OFFにしちゃいます✨
お得にシルクをゲットできるこの期間に、シルクと戯れてみませんか?

 

シルクはカイコが一生懸命作った繭からいただく繊維です。
カイコの種類によって質感も違いますが、さをりの森では様々なタイプの糸を取り揃えています。
ヨコ糸はずらりと並んだ糸の中から、色はもちろん太さ、艶感、形状、お好きな糸を使ってください。

 

タテ糸は、スタッフが総出で巻き巻きしたスペシャルタテ糸もご用意しています。
幅は30㎝程度から60㎝まで様々。
ただし、こちらは先着順に選んでいただきますので、ご了承ください。

シルクのマフラーやさをり服の手触りの良さと言ったら極上です💕
その成分は人間の肌の成分と似ており、アレルギー反応も小さいと言われています。
シルク糸を触っているとなんだか手がスベスベする…と感じる方もいるはず。
なるほど、それでシルクのパジャマが喜ばれるんですね❣

 

また、紫外線からもお肌を守ってくれたり、湿気を吸って余分な湿気は外へ出してくれたりもする、なんとも働き者の優しいシルク。
そんなシルクをお得に織れちゃうのが、このシルク祭りです💖

 

いつもならDMでお知らせしていたのですが今回はコロナの懸念もあり、DMをお届けできませんでした。
申し訳ございません。
このブログをご覧いただいた方は、ぜひお友達にもお知らせくださいませ📲。

 

現在さをりの森ではコロナの感染拡大防止、並びにお客様とスタッフの安全確保の為、1日12名までの予約制とさせて頂いています。
ご来館前には、ホームページの大阪教室→Web予約からご予約ください。
前日・当日のご予約の場合はお電話にてお問合せくださいますよう、お願いいたします。

 

 

 

 

昨年からのコロナ禍で右往左往した2020年から2021年へと突入したものの、まだしばらくは続きそうな雰囲気ですね。
こんな時こそ、自分自身の動向などを見直してココロ穏やかに過ごしたいなと思う、スタッフ吉野です🍄

本年もスタッフ一同、今まで以上に消毒や換気に留意し、皆様を笑顔でお迎えする所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、本日1月10日は、さをり織り創始者である城みさをのご命日です。
ちょうど3年前、苦しむことなく大往生を遂げました。

 

1969年。自分の織った布にタテ糸が1本抜けていた。
織物の常識に照らせば傷物。
しかし、何か趣きがある、自分としては気に入っている。
これを傷とみるか模様とみるか、見方次第で物の評価は180度変わる。
よし、一度常識から離れて自分の好きなようにやってみよう、
どんどんキズを作ってやろう…。

 

そんな気付きから創まったさをり織り。
日本にとどまらず、アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスなど世界各国でもさをり織りは広がっています。2018年3月に開催した城みさをを偲ぶ会には、300人以上もの方が集まり、みさを先生の偉大さを痛感しました。

 

さをり織りを創めて6年経った1975年。
哲学的な思想を持つさをり織りの、指針となる四つのスローガンが決まりました。

 

機械と人間の違いを考えよう
それは自由にものを考える力を持っていることです。感情を表現できることです。その出来栄えはまづくても、自分の考えたことは尊いと自信を持ちましょう。

思い切って冒険しよう
売るために作られている市販のものは売れないと困るから、平均的なものだけを作ります。我々は売り物ではない自分のものを作れば良いのです。それが最高に楽しいことですから大いに冒険しましょう。

キラキラと輝く目を持とう
いつもキラキラと輝く目をもって、何事も良いものは見逃さないぞという意気込みで暮らしましょう。

グループのみんなで学ぼう
遠慮なくグループのみんなに教えてもらい、その代わり自分も良いものを作って見ていただきましょう。

 

注釈については50年の間により良い表現に変わっている部分がありますが、根っこのところは変更なく、今も受け継がれています。さをり織りを楽しむ方の中に息づいている、このスローガンはさをりの核であるとも言えます。
みさを先生を偲んで今一度、じっくりとかみしめたいと思います。

 

さをりの森で発行している「城みさをの言葉365日」~さをりの哲学【一日一言】~という本があります。
四つのスローガンだけではなく、みさを先生が感じたことや著書・講演会で発した言葉を、まとめている本です。

その中の一言をご紹介します。

いつ死んでも惜しくない。
57歳から自分のやりたいことをやってきて、多くの素晴らしい人々を見付けて、嬉しくて共に喜んで、そのあと誰からも、「さをりに出合って嬉しかった!私の人生は本当に楽しかった!」と、多くの人々から感謝された。
つくづく幸せな人生だったと思う。

 

 

さをりの森は、12月28日(月)~1月4日(月)まで、お休みをさせていただきます。
スタッフ一同リフレッシュし、2021年を笑顔で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
とは言え、こんな状況ですから、ステイホームの人も多そうですね。。。

 

2020年はコロナの影響で、いつもとは違った年になりましたね。
さをりの森でも緊急事態宣言が発令されている間は、教室OPEN以来、初の長期休館をいたしました。
教室スタッフもお休みし、自宅での織りや仕立てに勤しんでいましたが、医療従事者や、コロナ禍で大変な思いをされている方が多い中、のんびり織っていていいのかしらと思うこともありました。

 

そんな時に、みさを先生の手記を読んでいると、違うシチュエーションの話ではありましたが、今の状況に当てはめてもいいのではないかと、ふっと心が軽くなった文章があったのでご紹介しますね。

 

窮屈な姿勢を強いられると、自由な動作が取れなくなる。体が硬く、血の巡りが悪くなる。窮屈はいけない。身体を窮屈にするのもいけないが、精神が窮屈になるのはなおいけない。のびのびとした自由自在な姿こそ天然自然の姿である。

人は近視眼的見方に陥りがちである。とはいえ、ひとつの見方が常に正しい見方であるとは限らない。万物は日々新たに、千変万化し、今日の姿はもはや昨日の姿ではない。だから吾々も、新しいものの見方を生み出してゆかねばならない。融通無碍に変化する"柔らかアタマ"を持ちたい。心が窮屈では、この自由自在を失う。だからいつまでもひとつに固執して、我と我が身を縛り付けることはよそう。そんなところに発展や進歩は生まない。お互いに窮屈を避け、闊達なる心でモノを見て、そして考えてゆきたいと思う。

自然はすべて、それぞれひとつひとつは完全な存在ではない。しかし、不思議なことに、それぞれの適性の中でその本領を発揮し、お互いに与え・与えられつつ、大きくそして美しい、見事な調和を生み出している。

自然の一部である吾々人間も同じではないか。お互いそれぞれ完璧でなくとも、それぞれの適性の中で懸命に、精いっぱい、その本領を活かすことを心がければ、大きな調和のもとに、自他ともに感じられる幸福が生み出されてくるのである。

 

さをり織りに出会ってなければ、この言葉に出会うこともなかったでしょうし、心身ともに窮屈になっていたかもしれません。

 

また、休館明けには「さをりができなくて寂しかった、織りに来られて嬉しい」とか、「織機を買っていて良かった、さをりをしていて良かった」という言葉をたくさん頂き、当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなかったんだなぁと痛感しました。
あらためてさをり織りの力を知った1年でした。

 

2021年、心が窮屈にならないように。
それぞれの個性を尊重し、失敗を味と考えるアートとしての自由な手織り、さをり織りをより多くの方に触れていただけますように。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。