梅雨冷えが続き、衣服に悩みがちになる今日この頃。
暑いとなんだか織りたくなくなるウールも、こんな時には織ってみようかなって気持ちになりますね。

 

さて、コロナの影響で延期になっている織り人作品展2020』ですが、下記の通り、例年秋に開催しているみんなの作品展と同時開催となります。

🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁
『みんなの作品展&織り人作品展2020』
会期:10月31日(土)~11月8日(日)
時間:9時半~17時半※最終日は16時まで
🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁
 


↑↑昨年の織り人作品展の様子

 

さをり織りは、キカイと人間の違いを考えながら自由に織る。が通常のスタイルですが、時々はテーマを決めて織ることもあります。
今回の織り人作品展では、テーマの中でそれぞれが考えて織り、個性の差を楽しんだ作品も披露する予定です。
今回のテーマは「色を決めて織る」。
その色は、設定当時に開催を期待されていたオリンピックカラーの5色です。
オリンピック…
織りンピック…👏
さをりでは昔からそんな遊びもあるらしいので、今回チャレンジをしてみました。

 

「緑・黄・黒・青・赤の5色に地色の白を加えると、世界の国旗のほとんど(選定当時)を描くことができる、世界は1つだ」
これが5色の選定理由で、平和への発展を願った色なんだそうです。

 

その色を、それぞれの個性で織る。

 

どんな個性が披露されるか、皆さまどうぞ楽しみにしていてくださいね💓

↓↓昨年のみんなの作品展の様子

さをり四つのねがいの1つ「キラキラと輝く目をもとう」を実践するべく、作品展を見入っている、スタッフ吉野です🍄
やってみたいことがたくさんあるから、取捨選択が難しい😱

 

さてさて、現在開催中の「織り人作品展2018」は、さをりの森で学ぶ織り人メンバーの作品を展示販売しています。
今回のブログでご紹介するのはスカート。
さをりのスカートは生地の目が粗いから、透けちゃうでしょう?と質問されます。
さをり服には、基本的に裏地は付けないので、インナーで調節してくださいね。

 

ウール素材のアンサンブル。この作品、実はとても綺麗な紫なんです。
どう撮っても青くなってしまう、技術のなさをお許しください。
さをりの森20180516 (1)  さをりの森20180516 (2)

 

マーガレットとバイアス仕立てのロングスカートのアンサンブル。
さをりの森20180516 (4)  さをりの森20180516 (3)

 

半袖のバイヤスブラウスと三枚はぎのスカート。
さをりの森20180516 (5)  さをりの森20180516 (6)

 

爽やかな白のアンサンブル。
さをりの森20180516 (25)  さをりの森20180516 (26)

 

SAORIのお仕立て【中級編】の半円スカート。
同じお仕立てでも、布によってグッとイメージが変わるのがさをりの面白さですね。
さをりの森20180516 (11)  さをりの森20180516 (12)

さをりの森20180516 (13)  さをりの森20180516 (14)

さをりの森20180516 (21)  さをりの森20180516 (22)

 

スカートと言っても、色んな形があります。
2段のティアードスカート。
さをりの森20180516 (23)  さをりの森20180516 (24)

 

布を折り上げて、ノーカットで仕立てたスカート。
さをりの森20180516 (27)  さをりの森20180516 (28)

 

こちらもノーカット、らせん状でポケット付きです。
さをりの森20180516 (17)  さをりの森20180516 (18)

 

バイアス仕立てのスカート。
さをりの森20180516 (19)  さをりの森20180516 (20)

 

巻きスカート。
さをりの森20180516 (15)  さをりの森20180516 (16)

 

スカートとひとくちに言っても全然違う。
それぞれが好きな色で、楽しく織って、布と相談しながら仕立てた作品たちです。

布と相談?って思うでしょ?
まず、布の中で好きな部分を探します。
そこを中心にデザインを決めていきます。
そうすると、織る時にはこの形にしよう~って思っていても、デザイン変更の場合もあります。
その時はその時で風の吹くまま、布の気の向くまま。
最初のデザインに固執したままだと、私は失敗しちゃった…って思いますよね。
そう思うよりも、布と相談したらこのデザインになった~💖
くらいに、気楽な感じでお仕立てしていくんです。

 

そんな作品がたくさん集まっているのが、この作品展。
ご来場の際は、どうぞ作品を手に取っていっぱい試着なさってくださいね。

 

もっと時間を上手に作れるようになりたい、スタッフ吉野です🍄
昨日観たテレビで「朝日記」を書いて予定や願いなどを書くとイイと紹介されていました。
なるほど、1日のスケジュールなどもまとめられて時間も作れるかも♪

「織り人作品展2017」はいよいよ今日が最終日。
200点以上もの作品が集まりましたが、その一部をご紹介いたしますね💕

綿素材のジャケット。う~ん、この涼しげな色合いは初夏にぴったり!
前は一番上のスナップボタンで留められます。
IMG_8588  IMG_8589

背中では絡み織りで透かし模様。同じ糸でもフワフワ織りをすると、色が違って見えますね。
IMG_8590  IMG_8591

作品名「どっち着る?ベスト」はその名の通り、どちらが前でもOKなのです👌
IMG_8593  IMG_8595

ふんだんに分け織りが入っていたり、肩ひもをストレッチ糸で狭めたりと、とても楽しいベストですよ♪
IMG_8594  IMG_8597

こちらはクールクロスという交差に見える織り技のウールベスト。
IMG_8598  IMG_8600

交差になっている部分を動かせば、印象も変わりますね。
IMG_8604 IMG_8603

こちらもクールクロス織りのウールベスト、背中に布を足したデザインです。
IMG_8625  IMG_8624

こんな風に布がヒラヒラしているんです。
IMG_8626

羽織れるポンチョは、リネン、綿、シルクのMIX素材。上下逆もOK💫
IMG_8605 IMG_8608

ストレッチ糸で、織り幅をギュンッと縮めたところもあります。
IMG_8606 IMG_8610

そしてさをりの森での大人気デザイン、円すいベストをドドンッとご紹介。
布幅が狭いからと4枚で四角をつないだデザイン。
IMG_8614 IMG_8615

綿素材の春色カラー。裾がギザギザになるように長さを調整して繋いでいます。
IMG_8619  IMG_8618

フリンジをクルッとねじって、さりげなくお花を咲かせています🌸
IMG_8620

こちらも綿素材、裾はギザギザにならないようにカット。
IMG_8617   IMG_8616

こちらは1枚の布の中に、千鳥格子と網代織りを組み込んでいます。
IMG_8622 IMG_8623

ドライフラワーを織り込んだタペストリー。羊毛と相まって楽しいですね~。
IMG_8587

細幅の布を縫い付けたバッグ。半分に折りたたんでクラッチバッグとしてもOK👌
IMG_8611 IMG_8612

実際にはも~っとたくさんの作品を展示販売しています。
本日16時までですので、お時間がある方はぜひお越し下さいね。