大阪は梅雨入りして、雨が多くなりましたね。
湿気を含んだ梅雨時期から夏にさをりの森で大人気の素材が「リネン」です。
高級糸として、お気軽クラスで織る場合のお値段も少々お高め。

 

で、す、が。

 

2021年6月1日(火)~6月15日(火)の期間、そんなリネンをお得に織れちゃう大好評企画、『リネン祭り』を開催します❣
内容はタテ糸・ヨコ糸を多く用意し、リネンを使って織ると、材料費が10%OFFというもの。

 

祭りにふさわしく、通常は数少ないリネンのタテ糸をたくさんご用意しました。
写真は現在ご用意している、スタッフ渾身のタテ糸たちです💓
織り幅は30㎝~60㎝まで様々です。

 

リネンのタテ糸は先着順に選んでいただけます。
私の好みじゃないわぁ…と思われる人や、織りたい幅じゃない人、
タテ糸に色が入っているとヨコ糸選びに迷いそう…と思われる人は、黒の綿タテ糸を選んでくださいね😊

 

タテ糸の色に惑わされそうな人にはちょっとしたコツがあります。
織っているとつい、タテ糸の色に合わせてヨコ糸を選びがちになります。
もちろんご自分がそうしたい、心地いいと思ったら、それがOK👌
でも、なんだか違うなぁと感じたら、タテ糸の色を気にせず、全く違う色を入れてみてください。
タテとヨコで新たな色が誕生するかもしれませんよ。
そこでどう感じるか、自分の気持ちに耳を傾けてみましょ。

 

そしてヨコ糸はズラリと一面に並べています。
皆さんが色を選びやすいように、スタッフが頭をひねりながら並べました。

 

 

糸は太さや形状も様々。
綿やウールほどではありませんが、タオル地のようなループ、うねりのある糸、粒々のある糸などがあります。
お好きなものを手に取ってください。
 

 

リネンは麻の一種で、亜麻という植物から採れる繊維です。
人類最古の繊維で、古代エジプトではWoven Moonlight(月光で織られた生地)と呼ばれて、神事にも使われたそうです。
なんと神秘的な…💫
そして、ヨーロッパでは衣類として多く使われている、歴史ある繊維。
歴史と神秘を感じながら織り、身にまとう・・・想像するだけでもうっとり💕

 

なぜ、多く使われているのかには理由があります。

 

・洗濯に強い
・丈夫で長持ち
・光沢がある
・吸水性・発散性に優れており、水分を素早く吸い取ってくれて、発散もしてくれる
→早く乾く
・防カビ性に優れているので雑菌の繁殖を抑える
→においも抑えてくれる
・使うほどに柔らかくなる
・繊維に空気が含まれていて、天然のサーモスタットとして温度調節をしてくれる
→オールシーズン使える!!

 

ほほう…なかなかイイ繊維じゃないの。
でもねぇ、麻ってチクチクするやん?

 

それ、違う麻なんです。
麻は20種類以上もあるといわれており、リネンはその1つ。
ラミー、ヘンプ、ジュートなど様々ですが、その中で最も上質な繊維です。
繊維の表面に天然のノリのようなものが付いているため、繊維の毛羽立ちを抑えて張りもあり、光沢があるんですね。

 

まぁこんなウンチクを聞いても、百聞は一見に如かず。
さ、さをりの森でリネンを見て、触って、その良さを体感してください。

現在さをりの森はコロナ感染拡大防止対策として、お気軽クラス(体験織り)を予約制で人数制限をしています。
予約はホームページのweb予約もしくはさをりの森へお電話ください。

体験予約フォーム – 大阪 – さをり織り、手織り教室、手織り体験のことなら さをりの森 (saorinomori.com)
☎0725-57-7022

また、織り機や備品、テーブル等のアルコール除菌と常時換気をいたします。
ご来館のお客様には、大変お手数をおかけしますが、マスクの着用と入口での手指のアルコール除菌もしくは手洗いをお願いいたします。
感染拡大防止、並びにお客様とスタッフの安全確保の為、ご協力の程よろしくお願い致します。

UV(紫外線)が気になる季節になりました🌞
そろそろUVカットのクリームなどを手に取っている人もいるのではないでしょうか。
また、UVカット加工を施した衣類やマスクなどもあるほど、紫外線を気にする人は多いようです。
たくさん販売しているから、普通ならそれを購入してUV対策をするんでしょうけれど。
もしも。
UVカットができる糸を使って、自分で、UVカット衣類やストールを作れると、嬉しくて楽しくないかしら?

 

そんな難しいことって思わなくても、さをりの森ならカンタンに出来ちゃいます。

 

………なんですと?カンタンに??

 

はい☺
種明かしをすれば、オーガニックコットンの糸が、UVカット効果を持っているんです。
そのオーガニックコットンをタテヨコに使って織って、ストールや服にすればイイんです。
あら、さをり織りでできるならやってみたいわと思ったあなたに朗報です。

 

4月16日(金)~30日(金)
オーガニックコットンを使って織ると、材料費が10%OFFになる、
オーガニックコットン祭りを開催します❣

 

オーガニックコットンとは、3年以上農薬や化学肥料を使っていない、認証機関に認められた農地で遺伝子組み換えを行っておらず、有機的に育てられて製造加工された綿糸のことです。
農薬等を使わないので、本来あるべき農地の微生物や生態系が守られており、農薬によって損なわれてしまう綿花本来の性質も保たれています。
綿花自身が身を守るための天然の油分が残っているので、しっとりした肌触りです。
また、紫外線効果もそのまま残っています。中でもブラウンは、UVカット効果が95%以上で一番高いと検証されているそうです。
そんな性質があるから、肌が弱い方や赤ちゃん、エコの注意を払っている方から人気なんですね。

 

天然の色合いは生成りとグリーン、ブラウンの3色です。
オーガニックコットンと言うとほんわり柔らかい色合いのイメージがありますが、それは天然の色を使っているからなんです。

 

あれ?
目の錯覚かしら、上の糸棚の写真では違う色もあるじゃない?

 

錯覚ではありません。
せっかくの有機農法を損なわない染色をすればイイんですよ。
さをりの森で扱っているオーガニックコットンは、地球環境と人体に全く無害なベンガラ染めの技法で染めています。
定番糸としてはナチュラル、ブラウン、グリーンの他に、ピンク、グレー、イエローの3色があります。
写真では以前の定番糸のオレンジも写っていますがループのみで、棚に並んでいる限りとなります。

 

また、糸の太さや形状が3種あります。

左端から、ストレートの単糸、ストレートの3本撚り、ループ糸です。
単糸を3本撚り合わせたものが中央の糸です。
と、いうことは。
6色ある単糸の中から3本を組み合わせてボビンに巻くと、3本撚りと同じ太さで色合いが増えるんですねっ❣

 

そして気になるタテ糸は、スタッフ渾身のタテ糸をご用意しています。
前出のブラウンがメインのものや、キュートなピンク系、ループ糸を使っていないタテ糸もあり、幅もそれぞれ違います。
こちらは先着順で、ご来館時に選んでいただきます。



 

これらを組み合わせて織ると、100%オリジナルオーガニックコットンがカンタンに織れちゃうってことなんです💕
さ、こんなオーガニックコットンで織りたくなったら、さをりの森へGo!!

 

なお、現在はコロナ感染拡大防止のため、人数制限をしています。
ご来館の2日前までならweb予約をご利用下さい。
前日、当日はお電話にて承ります。

 

すっかりご無沙汰していて申し訳ありません💦平身低頭、平謝りのスタッフ吉野です🍄
ようやく朝晩はエアコンとおさらばできそうな気配の今日この頃。
秋冬支度がチラリとアタマをよぎっている方もいるのでは?

 

そんなあなたに、さをりの森から朗報です❣
ご存知の方も多いとは思いますが、
9/7(土)~9/23(月・祝)まで、カシミヤWeekを開催しちゃいますっ👏👏👏

 

カシミヤWeekとは、この期間中は特別に、カシミヤのタテ糸とヨコ糸を色々たくさんご用意しちゃうイベントです。
いよいよ明日から、ってことで、どんなタテ糸があるのかチラ見せいたしますね。

 

まずは、ヨコ糸。
黒、白や茶系などのベーシックなものから、普段はあまりお目見えしない、赤や黄、橙などのカラフル糸まで、たくさんずらりと並べました。
貴重なカシミヤ糸がこんなに揃うなんて、圧巻です💖💖💖
1年かけて少しずつ、この日のために溜め込んでいた糸を開放しました。
しかもここから、好きな色を選んで好きなだけ使い放題なんですっ💮💮
(あ、材料費は頂戴いたしますよ…)

 

お次はタテ糸。
スタッフが糸を選び、せっせと掛けた一品モノのタテ糸ばかりです。
なるべくバラエティーがゆたかになるようにと心掛けましたが、お気に入りのものがあるでしょうか。
とは言っても、ヨコ糸次第で雰囲気はグッと変わりますから、
タテ糸の色に惑わされず、我が道を突き進んで、好きな糸を選びましょう。
このタテ糸を使って、タテヨコカシミヤだと、材料費は40円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、6,000円弱でしたよ。※個人差があります

 

さ、考えてみてください。
ちまたにもカシミヤ製品はたくさん出回っていますが、お値段は?色合いは?
お好みのものはありますか?

 

ないなぁと思った方。
みんなと一緒はつまんないなぁと思った方。
さをりの森だと、自分の好きな色を盛り込んだカシミヤマフラーを織ることができるんですよ~。

 

ご覧下さい、この毛羽立ち、そしてモフモフ感!!
ふんわり軽くて柔らかくって、ふわふわしていて温かい💓
寒さ厳しい冬に、あなたの体をホワッと包んでくれることでしょう。
 

 

そして、さをり織りならではの、ヨコ糸をピョコピョコはみ出して模様にしたり耳を不揃いにしたりと、自由自在に織ることができる。
あぁ、なんて嬉し楽しい冬シーズンなんでしょう。

 

カシミヤタテ糸じゃなく、いつもの綿黒のタテ糸にカシミヤヨコ糸で織った作品はこちら。
タテ糸の色に惑わされずに織りたいなぁって方は、ぜひ黒綿のタテ糸をお選びください。こちらの方が気楽に織れるんじゃないかしら。
綿黒のタテ糸を使って、ヨコカシミヤだと、材料費は20円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、3,500円弱でした。

 

「繊維の宝石」「冬糸のダイヤモンド」と呼ばれるほどの、魅惑的なカシミヤは、
繊維の細さ、軽さ、柔らかさ、肌触り、保温性などどれをとっても優れています。
しかしながら、織るときの糸はそうは見えない。
なんで~~?

 

カシミヤは、織り上がり後にしっかり縮絨することで、その良さが発揮される糸です。
縮絨とは、たっぷりの水流で攪拌して、糸の繊維同士を毛羽立たせて絡ませ、布としての風合いを良くすることです。
さをりの森では、洗濯機の標準コースでネットに入れないで、20分以上の縮絨をオススメしています。
しかしながらカシミヤの品質や、洗濯機の水量・パワーの差によって縮絨度合いは変わります。
縮絨の途中で時々布を取り出して手で絞って、毛羽立ち具合を確認してくださいね。

 

その布が乾いたら。
織り上がり直後とは雲泥の差の、モフモフ・ほわっほわのカシミヤ作品が完成ですっ👏👏
ほぅっ💗と頬ずりしちゃうほどの、幸せのひとときになることでしょう💕💕
しっかりたっぷりカシミヤの良さを実感してくださいね。

 

なお、カシミヤWeekのタテ糸選びは先着順です。
ご来館時には「カシミヤタテ糸」をスタッフにお申し付けください。
ではでは、明日からのご来館をお待ちしています。