さをりの森は丘の上に建っているため、とっても見晴らしが良いのです。
天候が良ければ本州と淡路島をつなぐ明石大橋や、瀬戸内海が夕日でキラキラ光る様子が見えることがあります。
ご来館の際は糸だけではなく、森の木々や街並み、遠くの景色も眺めて下さいね。

 

それよりももっとご覧いただきたいのが、ギャラリーのさをり服や小物たち。
常時、展示販売をしていますが、こちらは見るだけでは本来の良さは伝わりません。
着る人の体型によっても見え方が変わりますので、ご遠慮なく試着をして下さいませ。

 

前回に引き続き、5月のベガス作品のご紹介です。

 

🍭ジャケット(ラミー・シルク)網代と千鳥の模様を織ったジャケットです。ラミー(麻)とシルクなのでさらりと着ることができます。薄桃色に見えるのはべんがら染めをした時の裂き布です。前の中央で素敵な模様になっており、布の端がチラリと出ているのが可愛いんです。

 

🍭ジャケット(ラミー・シルク)背中には着物を裂いた布をタテに入れ込んでいます。分け織りをした部分を前身頃にして、ブローチで留めています。ブローチの付け方によって雰囲気を変えて着ることができます。

 

🍭ワンピース(ラミー・シルク)上↑のジャケットと同じ布で仕立てたワンピースです。ジャケットは袖下をカットしているのですが、切り落とした布をこのワンピースの上側に配置しています。前裾の濃い赤は二重織りです。2枚綜絖での簡易な二重織りで、模様の位置をランダムに変えています。

 

🍭プルオーバー(綿)襟ぐりを丸くカットするのが苦手だから…と、襟元にリボンをあしらっています。袖が広めでふんわりとしているので風が入って涼しそうです。ボリューミーな重い布を織るのが得意な作家さんですが、今回は薄くて軽い♪私、こういうのも織れるんですと嬉しそうな笑顔で作品を披露していました。

 

🍭ワンピ―ス(シルク)ご自宅のシルクの棚を整理しよう!と織った布なんだそうですジャケットにしようと思ったものの、途中で計画変更。絡み織りで透かし模様を入れており、夏場に活躍しそうなチュニック丈のワンピースです。所々に二色交差で色の変化も出しています。

 

🍭ワンピース(綿・化繊)ストールを組み合わせた織り布で仕立てたワンピースです。前身頃の藍色や橙色の部分が分け織りをしたストールだったそうですが、どうも好きになれなくて。じゃあこれに合う布を織って仕立ててみよう!と、できたのがこの作品。今までとは雰囲気が違う色合いね~の声に「人間は進化するんです♪」と満面の笑顔で答えていました😊
 

 

🍭ロングベスト(綿・化繊)前身頃の天の川のような部分は別布で、水溶性シートに端切れを縫い付けてできた布?をあしらっています。前身頃の裾が織り始めですが、タテ糸がうまく巻き取れずに長さが違った部分を、分け織りで活かしています。

 

🍭ワンピース(綿)大好きなリボン糸をタテ糸に使い、はっきりしたタテ模様を創ったタテ糸で織った布から仕立てました。脇下の縫い目を極力フラットにするために、手縫いで耳綴じ(コの字綴じ)をしています。さをり織りは、織りも仕立ても作家さんの意向が満載なんです。

 

🍭ワンピース(綿)二色交差の部分を襟元で効果的に使った作品です。セットアップ風に見えますが、上側の布を少しかぶせるように上下を縫い合わせています。

 

🍭ワンピース。これはワンピースをワンピースにリメイクされたそうです。…?丈を少し短くして、落とした部分を付け襟にしています。その時々によって着たい丈やデザインが変化するんですよね。さをりの服はふんわりと体を包むようなデザインが多く、リメイクをしやすいようです。

 

🍭ロングベスト(綿)SAORIのお仕立て【初級編】に掲載の「Y型ブラウス」のロングバージョンです。柔らかな色合いの中に、さりげなく2色交差織りで色を変化させたり、くるくる織りでレースのような透かし模様を織り込んでいます。ラインがちょっぴりシャープに見えるのは、脇を突き合わせずに重ねて縫って、布端のエッジを立てているからかもしれません。

 

5月の作品はこれまで。
前回も書きましたが、やはり実物をご覧いただきたいなぁと思います。
それぞれのアイデアや工夫、こだわりが織り込まれており、見ているだけでワクワクします。
そして着るとさらにココロが躍り出すかもしれません。
試着して実際に躍り上がる人もいます

 

さをりの森へご来館の際はどうぞギャラリー作品に触れていただき、さをり服のぬくもりを感じてください。また、ご自身が織る時のワクワクの糧になさってくださいませ。

 

梅雨入りしたさをりの森では、体験織りで織る人も、織り人メンバーも、ギャラリー作品もすっかり夏仕様になりました。
そのギャラリーを彩っているのが、さをりの森のクリエーターであるベガスメンバーの作品です。
それぞれの個性で、その時その時の気持ちを込めて織って仕立てています。

とはいえ面白いもので、
タテ糸を掛けてから織り始めるまで
織っている間
織り上がってから仕立てるまで
それぞれで、気持ちのノリが違ってくることがあります。
そんな心変わりも人間ならば当たり前。
機械じゃない、人間ならではの心が垣間見える作品たちです。

 

🍭ボレロ(綿・化繊)タテ糸にストレッチ糸を入れてフリルにしたかったのに、縮みがうまくいかなかった布。ワンピースの上からちょっと羽織る時に涼し気なボレロになりました。写真で伝わるでしょうか、粒々とキラキラが素敵な星空の様です。

🍭ベスト(綿)ノーカットの作品です。胸元のベージュの部分は背びれ織りという技法。一生懸命に織ったのに、なんだか思ったようにならずベロベロしちゃったそうです。裾や後ろの襟でちょこっと飛び出している耳出し織りは、作家がさんが大好きな技法です。

 

🍭ベスト(綿・化繊)糸と打ち込みの強さを利用して織ったベスト。前も後ろも同じような強さで織っているのに、糸の形状の違いで見え方が全然変わりますね。

 

🍭ベスト(綿・化繊)網代織りと拡幅織りで織った布を組み合わせたベスト。肩の紺色の部分が拡幅織りで通常よりもグッと幅を広げて織っています。前後どちらでも着ることができるベストです。

 

🍭ベスト(綿・化繊)さをりの森のオリジナル部品・タテ糸ローラー巻きでタテ糸を、ヨコ糸はツブツブ糸を入れたりしたベストです。こちらも前後どちらでも着ることができます。

 

🍭キャミソール(シルク)ちょっと長めのストール、今回は2mくらいの布でできちゃうお仕立てです。参考にしたレシピでは前を縫い合わせる様になっていたのですが、ピンを共布で自作して、それで留めるようにしています。

 

🍭ストール(綿・ストレッチ糸)綿とストレッチ糸との2色交差をしたり、通常で織ったりと白を遊んだストールです。布の表面のデコボコや布端の波打った部分がストレッチ効果ですね。

 

🍭パンツ(綿)「明るいピンク」を心がけて織ったそうです。紫や水色の入り方がピンクの明るさを一層引き立てているように見えます。さをり織りではフリンジも素敵なアイテムになります。今回は腰でしっかりと揺れるように、裾ではチラチラと浸かっています。

 

🍭パンツ(綿)アイボリー系の夏に涼しそうなパンツです。前からの写真がなかったぁ😱こちらは後ろのポケットにフリンジを使っています。写真ではわからないのですが、スパンコールがさりげなくキラキラしているんですよ。

 

🍭スカート(綿・化繊ほか)実はこれ、何年も悩んでいるんです…と出されたスカート。タックをたくさんつけて裾周りを広げています。この紺だけだと寂しいかしら?と前側に別布をあしらっているのですが、大好きな紺だけあって別布も作家さんらしさがにじみ出ていますね。
 

 

🍭ベスト&パンツ(リネン)作品が返ってきたら旅行に着て行きたい!と思って仕立てたセットアップのベストには飴ちゃん※大阪は飴🍬をちゃん付けしますが入る小さいポケットを付けています。ボタンで前を留めるのですが、ボタンホールはフリンジなんです。裾側に付け足した布はパンツのお仕立てで出たハギレです。

 

さをり服のご紹介をするたびに思うのは、写真や文字では伝わりきらないということ。
画面を通すと色合いが違ってくるのはもちろん肌触りや着方、織り技法、仕立てのアイデアなどが書ききれない。
そして見る方の感じ方も、眺めるだけと着てみるのとでは変わってきます。
やっぱり、作品を実際に手に取っていただきたいなぁと思うのです。

 

そんな作品たちは、さをりの森2階ギャラリーにて常時、展示販売しています。
お問合せいただければサイズなどもお答えいたしますので、気になる方は電話もしくはメールにてお知らせ下さい。

☎ 0725-57-7022
E-mail お問合せフォーム一番下の「お気軽クラス・織り人クラス・森の宿り木・さをり織り技法検定・講習会についてはこちら」

5月になり、教室から見える松の木や葛のツルがグングンと成長してきました。
緑を見て、爽やかな風を感じつつ、
うぐいすや鳥たちの鳴き声と森の木々の葉擦れの音を聞きながら、
ほっこりとさをり織りで好きな糸と戯れるのは楽しいでしょうねぇ。
仕事じゃなく、ひたすら織りたいなぁ…と思うスタッフたちです。

 

さてさて、さをりの森のクリエーターさんが作品を持ち寄るベガスの会4月で披露された作品たちの第2弾のご紹介です。
今回、写真がどうもピンボケで…慣れないカメラマンが慣れないカメラで撮影したため、大変申し訳ありません。
せめてものお詫び?に、作品のプチタイトルを付けてみました。
あなたならどんなタイトルにしますか?

 

🍭モノトーンを遊んだベスト
モノトーンの二色交差がシックなブラウスです。以前、他のメンバーさんの作品が、簡単だというので教えてもらって仕立てました。本当に簡単でした!と、作家さん。いろんな色や素材で作ってみたくなりますね。胸元のてろん、としたドレープが素敵ですね。

 

🍭藤の花しだれるベスト
メンバーのさんから、爽やか~💙と声が上がった藤色のベストです。ノーカットで、肩のところはストレッチ糸が効いてちょうどいい感じになっています。作家さんが、ストレッチや背びれ織りなどは、時々、思い出してやりたくなるんですよ~、と言われると、みんながそうね~、と頷いていました。

 

🍭夜空に浮かぶ雲のベスト
藍染めのタテ糸を織られたブラウスで、藍染めの裂き布も所々に織り込まれています。藍染めはどれも似たような感じになるのよ~、ともおっしゃっていましたが、藍の独特の色合いや所々に散りばめられた白が素敵です。しっかり個性がにじみ出ています。

 

🍭サイドがキュンとしたブラウス
タテ糸の両端にストレッチ糸が入ったブラウスです。思ったよりストレッチが効いていなくて、もう少し幅広く入れればよかったかもと作家さんはおっしゃっていましたが、ゆるいストレッチ具合がかわいい~、と人気でした。白とオレンジのはっきりしたコントラストが、夏に元気で爽やかでいいですね。
こちらの作品は、先日開催していた『織り人作品展2022』で販売と相成りました。

 

🍭雪の花を散らしたベスト
ちょっと色合いが気に入らないのよ~、と作家さんはおっしゃっていましたが、あちらこちらで使われている白いフワフワと飛び出したような糸が、雪か花みたいね~、という声が上がっていたブラウスです。可愛くて、可愛すぎず、
左右の裾のアンバランスな雰囲気も素敵なブラウスです。

 

🍭夕焼けに包まれるブラウス
この頃はストレス解消のために織っている、とおっしゃる作家さん。まず長さを求める。そして使いたい糸を使う。この作品は、布を斜めに使っていますが、もっと斜めにしたかったのでストレス解消にはなってません、とのこと。少しづつ色が変わるオレンジが、少し斜めになっているのがかわいいブラウスですね。ちなみに、糸をたくさん使うとストレス解消になるそうです。それは、織れば織るほど楽しい~❣ってことですね。

 

🍭着ると飛び跳ねたくなる火の鳥のブラウス
タテと、ヨコにも所々にストレッチ糸を使ったブラウスです。以前お仕立てしたものをほどいて、襟元はほぼそのまま、ノーカットで巻き方を変えたら着やすくなったので、嬉しくて持って来ました、という作品です。ストレッチが効いていて、ぼよ~んぼよよ~んとなるのが楽しいですよ。ぜひ試着して、飛び跳ねてください♪

 

🍭根気が物言うひたすら二色交差のブラウス
白っぽい色と濃い色を全部二色交差で織り、濃い色の部分を服の中央で合わせているブラウスです。シンプルなお仕立てで、抽象画のような柔らかいきれいな色合いが映える作品です。色を変えるタイミングはその時の気持ち次第。裄があるので、夏はインナーにタンクトップ1枚で、春秋には長袖でと重宝しそうです。

 

🍭分け織りいっぱいのブラウス
フラットに織るつもりがくるくる織りをして、そのまま分け織りをしてしまったというブラウスです。分け織りのついでに真ん中を首あきにして、首あきを縦に仕立てるつもりが横に仕立てたという、さをり織りならではの、予定外の方向へ進み続けて行き着いた作品です。完成形にとらわれず、その時々のココロのままに織りから仕立てまで移りゆけるのがさをりの良いところだと思います。

 

🍭チャレンジだらけの青ブラウス
青い色の重なりがきれいなチュニックです。薄網代織りを東京の教室で見て、細、太のタテ糸がおしゃれで面白い~、と思って真似してみたそうです。そしてミニフリルからのタテ糸飛び越え織りで、足したタテ糸を布の真ん中まで動かして織り込んで、布が立つように織られています。「めっちゃめんどくさいんでしょ~?」との、メンバーさんからの問いかけに、「でも動くはずのないタテ糸が動くのがめっちゃ楽しいんですよ~♪」と、作家さん。お仕立ての形も、もう何枚も作られている大好きな形で、作家さんの好きが満載の作品です。

 

🍭南国の海のような爽やかブルーのブラウス
こちらも、ミニフリルからのタテ糸飛び越え織りのブラウスです。普通のタテ糸飛び越え織りよりも簡単、という言葉を信じてやってみたら出来ました~、とのこと。そして、止め時がわからなくなって、ほぼ最後まで楽しんだそうです。

 

あぁぁ…
4月の作品はどれもこれもピントが悪くて、ちゃんと伝わりませんね。
作家さんにも、読んでくれている方にも申し訳ありません。
しかしながら第3弾もありますので、もうしばらくお付き合いくださいませ。

 

この作品たちの一部は下記の作品展とさをりの森で実際にごらんいただけます。
どうぞお近くの方は足をお運びください。

 

🔹🔸🔹『初夏のさをり織り作品展』🔹🔸🔹

 と き : 5月25日(水)〜31日(火)
AM10:00 〜 PM9:00 (最終日:PM6:00)
       *日曜祝日はPM8時まで。

 ところ : 西武池袋本店7階(中央A 7インテリア特設会場)

🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷