出勤しても1階の糸棚をあまり見ないようにしている、スタッフ吉野です🍄
なぜなら色とりどりの、形状も様々の糸がずらりと並んでいて、私を呼んでいるように見えるのです。
そして今日は、教室の糸の補充のために見て、しっかり糸に誘惑されてしまいました…😱
糸好きの方はぜひ、ご来館の際に1階の糸棚もご覧下さいね。

 

さ、気を取り直してベガス作品PartⅡdのご紹介です。
斉藤さんのワンピース(綿)は、90cm幅の織機で織った作品。
ヨコ糸には、裂き布と糸を組み合わせて織っているんですよ。

 

ベスト(綿)はフリンジを裾に使い、あちらこちらへとあしらって、わらびがぴょこぴょこ伸びているような、かわいい模様を作っています💫

 

こちらのベスト(綿)は、みさを先生がよく着ていたベストと同じ型。
ふちどりのテープは細幅で織ったそうで、5cm幅×5mなんですって😱

 

ワンピース(綿)も裂き布を使い、大胆な色遣いの2色交差です。
ゆったりサイズなので、ふんわり着ることができますね。

 

スクエアネックベスト(綿)。織り残しやタテ糸のロスなどで短く残った糸をどんどん織りこんだそうです。裾にはスリットが入っているので動きやすいんです。

 

ストール(シルク&ストレッチ)。ストレッチをタテヨコに入れて、ぽこぽこと布が浮き上がっていて面白いですね~💓

 

越野さんのベスト&スカート&ボレロ(綿)
ヨコ糸にストレッチ糸を使っています。スカートは布を斜め遣いに、ボレロは袖にゴムを入れているので、キュートでしかも実用的なデザインです。

 

黒のロングベスト(綿)は少しだけ、フリル織りをしたそうです。
その部分を前の合わせのところに使っているのがお洒落ですね~✨

 

喜田さんのベストとスカート(綿)。スカートのウエストは、カギホックにしているので、ウエスト周りのドレープが少なめのデザインです。
ストールのように首元に巻いているのは、サッシュベルトですが、ストールとしても使えます。

 

ベスト(綿・化学繊維・ストレッチ糸)。シルクの裂き布が入ったり、さをりの森の「かなりぴゃむぴゃむやーん」という、ウルトラ変わり糸をたくさん織りこんでいます。

 

こちらのベスト(綿)は、数種の端切れをあわせたコラージュ作品です💕
襟元では、ストレッチ糸で織った部分を使っています。

 

ベスト(シルク)は、前身頃の合わせの部分の耳をかがっています。
2色交差、三色交差で織っているのですが、タテ糸を染めた部分で淡く色が変化していますね。

 

ジャンパースカート(綿・シルク)。
こちらもタテ糸染め&ぴゃむぴゃむヤーンを使っており、胸元が個性的な作品です。

 

中塚さんのチュニック(綿)。染めタテ糸で、ところどころにフワフワ織りを入れています。染めた部分がよく分かるように活きていますね~👏

 

ベスト(綿)。こちらも染めタテ糸です。先ほどのチュニックで切り残した布をまえみごろに使っています。グッとスリムに見えますが、着心地はイイんですよ☺

 

上前さんのストール(シルク&ぴゃむぴゃむヤーン)。とても綺麗な山藤を見て、そのイメージで織ったそうです。

 

吉野のロングストール(リネン)。ノープランで織っていたのですが、せっかくの2色交差や模様が、首に巻くと隠れちゃうんですよねぇ💦

 

パンツ(抄繊糸)は、本来はブラウスになる予定だったのですが、袖の位置が思うようにならなかったので、目的変更。股下に穴が空いているので涼しいんです👌

 

これらの作品の一部は、来週26日(水)から7月3日(水)まで、西武池袋本店にて『夏のさをり織り作品展』にて展示販売いたします。
その他の作品は、さをりの森 2Fギャラリーにて展示販売をしております。
お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ。
また、気になる作品がありましたら、お電話等にてお問い合わせください。
東京 夏のさをり織り作品展

6月だというのに、雨が少ない…と思ったら、近畿はまだ梅雨入りしていなかったんですね。
梅雨とは相性が悪いのですが、野菜の水遣りをさぼりたくて梅雨が早く来てほしい、スタッフ吉野です🍄

 

さて、6月終わりの来週26日(水)から7月3日(水)まで、
西武池袋本店にて『夏のさをり織り作品展』が開催されます。
お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ。
東京 夏のさをり織り作品展

 

その作品展に出品する作品たちが集まった、さをりの森Vegasの会5月。
さてさて、どんな作品が集まったでしょうか…🎶

 

まずは天草の越智さんの作品から、コート(綿)です。
長袖のジャケットですが、肌寒い夜や、冷房の強い店舗内だと活躍してくれそうですね。

 

こちらはベスト(綿)。
くるみボタンでカバーしたスナップを両脇に付けているデザイン。脱ぎ着がしやすいんです。

 

内山さんのチュニック(綿)
さをりの森から見える夕焼け空のようにも見える、ステキな赤色です。

 

こちらは海の底を連想させるような、紺色のロングベスト(綿)。
絡み織りや部分織りなどをあちらこちらに配置しています。

 

廉林さんのジャンパースカート(綿)。
裾にたっぷりのフワフワ織りを入れて、ボリューム感と広がりを出しているんですね。

 

ノースリーブのパーカー(綿)。キャミソールの上にぱっと羽織っても良さそう🏝
襟元にキュートなハートのボタンがあるんですよ💗

 

ジャンパースカート(リネン)。こちらも2色交差が効いた作品ですね~。
肩ヒモがとても涼しげです💙

 

角谷さんのミニストール(リネン・藍染)。
分け織りをしたところにストールの先を通しています。

 

キャミソールとスカート(綿)。キャミソールのタテ糸はすべてストレッチ糸なんですって。
着た時にほどよくフィットして、着易いんですよ。この作品は、🌺ハワイアンイベント🌺を意識して制作したそうです。

 

酒井さんのスカートとベスト(綿)。スカートはひし形?のような、脇部分にボリュームがあるデザインです。気分によって、この部分の位置をずらして着用できますね。
ベストは、2種の端切れを合わせて仕立てています。

 

ベスト&スカート(綿)。スカートを仕立てた後、少しの残り布でベストを…と考えて、背中を大きく開けたデザインになっています。胸元では、織り技が存在をアピールしていますね❣

 

大橋さんのベスト(綿)。前身頃はくし筬でタテ糸の揺らぎを表現しています。
2種の布を前後で合わせたお仕立てです。

 

西田さんのロングパンツ(綿)。バイヤスのお仕立てで、タテ糸が斜めに出ているのが粋ですねぇ✨

 

ジャンパースカート(綿)。写真では分かりづらいですが、スパンコールでキラキラしているんですよ。
分け織りを肩にあしらっている、キュートなお仕立てです。

 

今回はここまで🖐
続きはすぐにUPしますので、しばしのご猶予をくださいませ。

これらの作品の一部は、冒頭の『夏のさをり織り作品展』にて展示販売いたします。
その他の作品は、さをりの森 2Fギャラリーにて展示販売をしております。
また、気になる作品がありましたら、お電話等にてお問い合わせください。

自宅織りのくし筬を織り上げて、感無量のスタッフ吉野です🍄
ヨコ糸を通して~タテ糸を動かして~またヨコ糸~タテ糸~の繰り返し。
濃密で充実した時間を過ごしましたが、次にくし筬を織るのは…1年後くらいかもしれません。

 

さて、ベガス作品の続きは、斉藤さんのボートネック舟型ブラウス(綿)から。
布を継ぎ足した部分は、可愛いミニフリンジにして縫い合わせています。

 

 

ベスト(綿)は、細幅を長く織っていますが、ヨコ糸に結びつないだ糸を使っています。
配色をこだわって結んでいるそうで、ぱっと人目を引きますねぇ~✨

 

ベスト(綿)は、身幅が少しタイトめです。脱ぎ着がしやすいように、脇をボタンで留めるデザインです。前身頃の部分織りで織った曲線が、アクセントになっているんですね。

 

写真左側のストール(シルク)は染めタテ糸です。ぼやっとした桃色と緑色の中に、濃い色の二色交差。水面に浮かぶ花びらのようですね❣
写真右側のストール(シルク、ストレッチ糸)は、黄色の糸をどう活かすかを考えながら織ったそうです。ストレッチ糸の縮みが、楽しいギャザーを作っていますね。

 

上前さんのストール(綿、シルク)は分け織りや部分織りを忍ばせています。
全体の写真がないのですが…分け織りでできたはつり目の中に、ストールの先を通しているのですが、通し方のアレンジで雰囲気が変わります。
ワンピース(綿)はタテ糸にブルーの糸を追加しています。円すい型のドレスで、襟をアレンジしてカットしています。

 

越野さんのバイアスワンピース(綿)。ほわ~っとした春霞💗のようですね。
裾に三角の布を足しているので、裾周りがゆったりのデザインです。

 

ブラウス(綿)、こちらも春をイメージの作品です。ボトム側の布はタックを取ってゆったりめです。脇布を長めにしており、タックがアンバランスになって面白いんです。

 

ワンピース(綿)。分け織りした部分が胸元で、背中ではフリンジがゆらゆら~のデザインです。こちらも地球🌎のイメージのような色ですね。春から夏に掛けての色合いでしょうか。
 

 

西田さんのキャミソール(綿、タテ糸にストレッチ糸も含む)。着丈が短いので、前を合わせる時に片方を下げて着たり、揃えて着たり。着こなしのアレンジができます。
モデルはアメリカでさをりの教室を開いているローラさんです❤

 

ワンピース(綿、麻)。ループ糸で立体的な二色交差を織り上げました。
同系色の糸でも、形状が違うと雰囲気がグッと変わりますねぇ。
 

 

吉野のストールとチュニック(綿)。
定番綿糸の極細よりももっと細い糸をタテヨコに使って織ったストール。
細い糸で織り疲れて、残りのタテ糸はヨコ糸を太めにして織ったチュニックです。
モデルはカナダでさをり教室を開設している、テリーさんです💙

 

これらの作品の一部が、現在開催中の、『初夏のさをり織り作品展』にて展示販売しています。お近くの方は、どうぞ実際に作品を手に取ってご覧下さいね。

🍀期間  5月22日(水)〜27日(月)
午前10時〜午後8時(最終日のみ午後6時まで)
🍀会場  横浜高島屋 8階 催会場