少し秋めいてきたものの、日中の暑さにバテ気味のスタッフ吉野です🍄
それでも、暗くなると虫の声が穏やかに響いて、秋を感じさせてくれてホッとします。

 

遅くなりましたが、8月のさをりの森ベガス作品のご紹介は、斉藤さんの作品から。
ロングワンピース(シルク)は染めタテ糸です。
こちらは、SAORIのお仕立て【初級編】のロングバージョンですね。

 

コラージュベスト(綿ほか)は、オーガンジーの布に端切れ布を縫いつけています。
仕立てをすると、やっぱり端切れが出ますものね。
ストレッチ糸を使った布、フリンジ、X交差織り(クールクロス)の布もあるんですよ。

 

ショートベスト(綿)、肩とポケットは別布を使っています。
え?ポケットが小さいのでは?って?
作者の意向なんです👌

 

ストール2種は(左:シルク、右:綿+ストレッチ糸)、二色交差を使い分けた作品。
左側はランダムに、右側は場所を決めて交差させているんですね。
同じ二色交差でも違った雰囲気。そして右側の作品、黒糸がストレッチ糸です。

 

廉林さんのジャンパースカート(綿)は染めタテ糸です。
布をタテ使いとヨコ使いにして、フリンジをウエスト部分と裾に使っています。
分け織りがググッと効いて可愛いんですよ💕

 

ジャケット(シルク・綿)は、廉林さんの大好きな形で2種類の布を組み合わせています。
分け織りがゆらゆら揺れるのが素敵なんです💕

 

山本さんのストール(シルク)は、キラキラ✨ラメ入りシルクです。

 

ストレッチ糸を使ったスカート(ウール・綿・化繊)。
色んな素材を混ぜ込んで織っているのですが、ストレッチ糸の部分が
キュッと縮んで面白い変化を見せてくれています。

 

喜田さんのチュニック(綿)。
細めの幅の布を1枚はグルッと前後に回し、数枚を組み合わせたデザイン。
裾に三角の布を足しています。

 

西田さんのスカート(綿)は細幅のらせんスカートです。
エクセーヌという人工皮革を織り込んだり、裾を拡幅織りで倍の幅まで広げています。

 

酒井さんのベスト(綿)。
織り始めの分け織りは、長く残しておいたタテ糸をヨコ糸として織り込んでいます。

 

ベスト(綿)は染めタテ糸です。
ボタンを2箇所に付けていて、時にはゆったり、時にはキュッとタイトに着ることができます。

 

ベスト(シルク・綿)。
こちらはリメイク作品で、前後どちらでも着ることができます。
二色交差のシャドー織りで、モザイク模様ができています。

 

吉野のポンチョ(綿・化繊)。
どの方向にも着ることができるデザイン。
スパンコールをふんだんに使っているのですが、写真ではわかりませんねぇ。

 

チュニック(綿)。
四枚綜絖で織り、挟み込みの部分だけ模様にしています。

 

今回、上前さんのタペストリーも拝見しました。
染めたタテ糸を2本使って織った大作です。

 

さをりの森のギャラリーでは、様々な作品を展示販売しています。
Vegasメンバーの作品もこちらで展示販売していますので、気になる作品がある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

葉っぱに滴る雨露のキラキラにココロ惹かれている、スタッフ吉野です🍄
それを見ると、スパンコール糸で織りたいなぁ~、ぽつぽつネップ糸で織りたいなぁ~なんて、織りたい欲がむくむく湧いてきます。

 

その織りたい欲がギュンッッと噴き出すのが、さをりの森のクリエーターが作品を持ち寄る「VEGAS(ベガス)の会」。
それぞれの色や織り方、仕立て方などのアイデアをシェアするこの会は、毎月第4月曜日に開催されます。
ではでは6月の作品のご紹介です👏

 

まずはスタッフ西田のワンピース。
リネン、シルク、綿糸、化繊糸を織り交ぜている作品では、擬似二重織りや、分け織りを布の表面にフリルのように織り込む織り技も使っています。

 

リネンストール。ぴゃむぴゃむやーんを織り混んだり、絡み織りでタテ糸を動かしたりしています。いつもはボリュームのある作品が多いのですが、今回は薄く織っているんですよ。

 

喜田さんのベスト(綿)。喜田さんの代名詞のよう色合いの作品ですね。
くし筬でタテ糸を大きく動かしています。

 

越野さんのブラウス(綿)。冷房が効いたところで過ごす場合は、長袖が欲しいですよね。ご本人いわく、なんだか春の雰囲気になっちゃったわ~、とのこと。

 

ワンピース(綿)。タテ・ヨコにストレッチを効かせています。黒い筋がそのストレッチ糸ですね。シルエットがストレートじゃなくって、楽しい作品です。

 

斉藤さんのベスト(綿・ウール)。肩に当てた布だけ、ウールです。
冷房で、肩が冷えちゃうわぁ、なんてことがありません。

 

ベスト(綿)は裾のタテ糸をまとめて太く通しています。
みさを先生がよく着ていた形ですが、こちらはポケット付き。後ろでポケットの位置をわざとずらして付けているのは、作家の意向です👌

 

圧巻の分け織りベスト(綿・ウール)は、リメイクです。
脇に布を足して着やすくしています。

 

ストール2種。(左側:綿)カラフルなタテ糸をつくり、それをくし筬であちらこちらへと動かしています。
(右側:綿・シルク)最近、二色交差で丸みを帯びた模様を織るのがマイブームなんだそうです。

 

今回初参加の山口さん、ブラウス(綿)。
デニムの裂き布や染め布を挟み込んだり、大好きな篭の目織りやタテ糸追加をしています。

 

チュニック(綿)。20cm幅で8mのタテ糸を作って、時間を掛けて織り上げました。
分け織りをしたり、幅を変化させたりと、とても楽しい布をノーカットで仕立てています。この作品に名付けるなら「きんぎょ」ですねぇ💕

 

ベガス作品は、さをりの森の2階ギャラリーにて展示販売しています。
ご来館の際はぜひ手に取ってご覧下さいね😊

出勤しても1階の糸棚をあまり見ないようにしている、スタッフ吉野です🍄
なぜなら色とりどりの、形状も様々の糸がずらりと並んでいて、私を呼んでいるように見えるのです。
そして今日は、教室の糸の補充のために見て、しっかり糸に誘惑されてしまいました…😱
糸好きの方はぜひ、ご来館の際に1階の糸棚もご覧下さいね。

 

さ、気を取り直してベガス作品PartⅡdのご紹介です。
斉藤さんのワンピース(綿)は、90cm幅の織機で織った作品。
ヨコ糸には、裂き布と糸を組み合わせて織っているんですよ。

 

ベスト(綿)はフリンジを裾に使い、あちらこちらへとあしらって、わらびがぴょこぴょこ伸びているような、かわいい模様を作っています💫

 

こちらのベスト(綿)は、みさを先生がよく着ていたベストと同じ型。
ふちどりのテープは細幅で織ったそうで、5cm幅×5mなんですって😱

 

ワンピース(綿)も裂き布を使い、大胆な色遣いの2色交差です。
ゆったりサイズなので、ふんわり着ることができますね。

 

スクエアネックベスト(綿)。織り残しやタテ糸のロスなどで短く残った糸をどんどん織りこんだそうです。裾にはスリットが入っているので動きやすいんです。

 

ストール(シルク&ストレッチ)。ストレッチをタテヨコに入れて、ぽこぽこと布が浮き上がっていて面白いですね~💓

 

越野さんのベスト&スカート&ボレロ(綿)
ヨコ糸にストレッチ糸を使っています。スカートは布を斜め遣いに、ボレロは袖にゴムを入れているので、キュートでしかも実用的なデザインです。

 

黒のロングベスト(綿)は少しだけ、フリル織りをしたそうです。
その部分を前の合わせのところに使っているのがお洒落ですね~✨

 

喜田さんのベストとスカート(綿)。スカートのウエストは、カギホックにしているので、ウエスト周りのドレープが少なめのデザインです。
ストールのように首元に巻いているのは、サッシュベルトですが、ストールとしても使えます。

 

ベスト(綿・化学繊維・ストレッチ糸)。シルクの裂き布が入ったり、さをりの森の「かなりぴゃむぴゃむやーん」という、ウルトラ変わり糸をたくさん織りこんでいます。

 

こちらのベスト(綿)は、数種の端切れをあわせたコラージュ作品です💕
襟元では、ストレッチ糸で織った部分を使っています。

 

ベスト(シルク)は、前身頃の合わせの部分の耳をかがっています。
2色交差、三色交差で織っているのですが、タテ糸を染めた部分で淡く色が変化していますね。

 

ジャンパースカート(綿・シルク)。
こちらもタテ糸染め&ぴゃむぴゃむヤーンを使っており、胸元が個性的な作品です。

 

中塚さんのチュニック(綿)。染めタテ糸で、ところどころにフワフワ織りを入れています。染めた部分がよく分かるように活きていますね~👏

 

ベスト(綿)。こちらも染めタテ糸です。先ほどのチュニックで切り残した布をまえみごろに使っています。グッとスリムに見えますが、着心地はイイんですよ☺

 

上前さんのストール(シルク&ぴゃむぴゃむヤーン)。とても綺麗な山藤を見て、そのイメージで織ったそうです。

 

吉野のロングストール(リネン)。ノープランで織っていたのですが、せっかくの2色交差や模様が、首に巻くと隠れちゃうんですよねぇ💦

 

パンツ(抄繊糸)は、本来はブラウスになる予定だったのですが、袖の位置が思うようにならなかったので、目的変更。股下に穴が空いているので涼しいんです👌

 

これらの作品の一部は、来週26日(水)から7月3日(水)まで、西武池袋本店にて『夏のさをり織り作品展』にて展示販売いたします。
その他の作品は、さをりの森 2Fギャラリーにて展示販売をしております。
お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ。
また、気になる作品がありましたら、お電話等にてお問い合わせください。
東京 夏のさをり織り作品展