夏でも薄手のジャケットが紫外線や冷房対策で必要な場面があります。今回はそんな時にお役立ちのジャケットなどをご紹介です。

 

🍭ジャケット(綿)重めの布を織るのが得意な作家さんですが、なんとか軽さを出したいと考えたのがこの作品。タテ糸を通す際に、大胆に隙間を開けて糸量を減らしたんだそうです。3枚目の写真をご覧いただくとわかるように、糸が大きく揺れています。
さをりなら、もちろんそれもアリ❣布目が粗いので布をなるべく切らなくていいように、袖の長さを計算して分け織りで袖口を作っています。

 

🍭パーカー(綿)、ループの糸をたくさん使ってフワフワ上着が欲しかったそうです。ボビンに巻いた糸を挟み込んで四角を織るがテーマだったそうで、大小の四角があちらこちらに見え隠れしています。その挟み込みの模様を変えてフードの所にもチェーンのような可愛い模様ができています💓

 

🍭ジャケット(参考作品・綿)こちらはお嫁入先が決まっている作品ですが、お持ち下さいました。フリンジを前に配置して、細めの襟がスッキリしています。写真3枚目は前の裾の部分です。布が足りなかったのですが、袖をカットした部分がちょうど良くハマったそうです。

 

🍭夏コート(抄繊糸)ALL和紙糸で織ったゆったりコートです。涼やかで、でも張りがある抄繊糸ですが、思ったほどはゴワゴワしません。右前の裾は櫛を使って、波模様に織っています。リボンを織り込んだ部分を左胸に配置して、アクセントにしています。

 

🍭3wayプルオーバー(綿)以前見かけたブラウスをアレンジして、3wayにしています。まずはブラウス。ふんわりゆったりで、着やすい形です。

お次は襟たっぷりのジャケット。首あきの穴がちょうど首の後ろに来ています。

そしてロングコート。
首あきの穴は…後ろの腰あたりにあるのですが、つまんでボタンで留めているので問題ナシ👌シチュエーションに合わせて着こなしを変えられるのは嬉しいですね💓

 

🍭パーカー(綿)染めタテ糸と思いきや、ヨコ糸の3色交差で染めのような模様を出した織り布です。以前スカートに仕立てた布の残りでお仕立てされたそうで、セットアップで着ることができるかも。ところどころ、浮き織りで糸の模様を出しています。

 

🍭ブラウス(綿)染めタテ糸を織った織り布で、前後でグッと色が違いますが、1本の織り布です。着物の身八つ口と呼ばれる脇下の開きを、このブラウスにも取り入れています。こうすると通気性が良いし、何より仕立てやすいのが嬉しいです✨

 

🍭ブラウス(綿)角が円くなるように工夫して織った布。分け織りの一部は肩紐に、円く織った部分を折り返して胸元のアクセントにしています。よ~く見ると、タテ糸がふらふらと動いているんですよ。後ろ身頃の上は分け織りなんですが、ヨコ糸が白いので穴だらけのように見えますね。

 

 

🍭ブラウス(綿)先に分け織りをして、後でその部分を織り込みながら織る背びれ織りが、胸元をドレッシーに飾っています。後ろ身頃の肩ではくるくる織りを、下部分では分け織りで時々ヨコ糸を隣と絡めて、何やら不思議な動きをしています。それもその時々の気分次第💕

 

🍭ブラウス(綿)網代織りや穴あけ、絡み織りなどいろいろと遊んでみた織り布ですが、作家さんいわく「せっかく頑張ったくし筬織りが隠れてしまった…💦」と。3枚目の指で指している部分ですが、たしかに袖下で控えめにそっと居ました。こういう事も、アルアルですね。
 

 

🍭ブラウス(綿・リネン・シルク)定番のタテ糸ローラー巻きで、タテ糸の隙間を開けた部分に、別の黒系糸を入れて変化をつけたけれど遠目じゃわかりません💦袖先を1か所切っただけのほぼノーカットで、ノースリーブでもアームスリットで腕をチラ見させても着ることができます。

 

ベガスの会は、単なる作品提出の場ではなく、お互いに刺激を受け合って切磋琢磨する場です。
単なるモノづくりではない、個性あふれるオンリーワンの作品を持ち寄り、作品をじっくり見たり、制作秘話を聞いたりして、刺激を受け合います。
困っている点を相談したり、SAORI談議に花を咲かせることもしばしば。

 

作品を披露した後には、試着会が始まります。
着心地を体感して、次の制作の糧とするのです。
自分サイズに合わせて仕立てる人が多いので、他の人が着た時の感じは作家さんにとっても興味津々。
自分のこだわりで織って仕立てているとは言え、こだわりだけで突き進んでいるとどこかで壁に当たることがあるかもしれません。
自分以外の意見に耳を傾けるのも大切で、その中から自分にプラスになるものを探し出せばいいと思うのです。
この会は前回チラリとお話した、さをり四つのねがいの4番目、
「グループのみんなで学ぼう」を実践する場なのです。

 

そんなベガスの会を見学してみたいと思われる方は、さをりの森へお電話ください。
毎月第4月曜13時から、さをりの森にて開催しています。

 

さをり四つの願い
一、キカイと人間の違いを考えよう
一、思い切って冒険しよう
一、キラキラと輝く目をもとう
一、グループのみんなで学ぼう

まだまだ暑い日が続いていますが、今回はカシミヤのお話です。
カシミヤを思うだけでも暑いって?
そんな方は、エアコンを効かせて想像して下さい♪

 

まだ少し先だけれど、これから来る寒い冬。
巷では様々なマフラーやスヌードなど、簡単に身につけられる防寒具があふれかえっています。
その中で天然素材を見つけるのが難しくなってきている昨今。
耐寒作用を施した素材は、化学繊維がほとんどです。

 

天然素材100%に巡り合ったとしても、大量生産品がとても多い。
ってことは、どこかでばったり、同じものに出会ってしまう。
当たり前だと思っていませんか?
その当たり前を、仕方ないやんって諦めていませんか?
諦めないで~~~っと、声を大にして叫ぶ、スタッフ吉野です🍄

 

天然素材で冬向きの素材と言えば、ウールやキャメルなどなど挙げられますが、その中でも極上の、冬糸の女王と呼ばれるのがカシミヤです。
カシミヤは、高地の山岳地帯に生息するカシミヤヤギの産毛です。
氷点下30度にまで下がる厳しい寒さや乾燥した気候に耐えられるのは、剛毛の下に密集しているこの産毛のおかげなのです。
その産毛を手間暇かけて、糸にしているのです。

 

さをりの森では、カシミヤ糸は黄色コーン(糸を巻いている円すいの紙管)に巻いています。コーンの先を黄色に塗っているのが、カシミヤの目印です。

 

織り用の糸は、糸としては未完成です。そのため、糸の段階ではホワホワしていません。
織り上げた後、縮絨(1回目の洗濯)をスパルタですることで、布の表面で繊維が絡み、布としての一体感がでます。
糸だと、こんな感じです。

 

縮絨は洗濯機で、ネットに入れずに回します。
それも、標準コースです。
カシミヤをそんな乱暴に!なんてお声も聞こえそうですが、最初はそれでイイんです。
たっぷりの水流でしっかり撹拌することで、縮絨効果がグッとあがります。
縮絨すると、こんな感じになります。

💥ボンッ💥

 

あぁ~、写真でも伝わっていると信じたい、この毛羽立ち❣
これを頬に当てるとうっとりし、肌に巻き付けたくなることでしょう。
あの糸が、こんなにフワフワになるなんて、信じられませんよね。
でも、なるんです。
ただの糸が、みっしりと毛羽立ってフワフワになるんです💕

 

びっくりですよね~。
ただし、この毛羽立った繊維がしっかりと絡まるので、縮みます。
タテヨコでカシミヤを使うと、タテもヨコも20%~30%ほど縮みます。
そのため、出来上がりの欲しい幅や長さよりもより広く、長く織ることをオススメしています。
ちなみに横を60㎝幅で織ると、40㎝程度に縮みます。
縦は…織り方によって変わります。
この写真はほぼほぼ同じに織った布を片方だけ縮絨したものです。

 

しっかり縮絨すると、こんなうっとりしたカシミヤストールをGETできるのです💕

 

あぁ…そんな魅惑のカシミヤを使って織ると、材料費が10%お得に織れちゃうカシミヤ祭りがいよいよ今日から開催です。
材料費はタテヨコカシミヤだと66円/gの10%OFFです。

 

タテ糸はスタッフが暑いさなかにせっせと創った、渾身のタテ糸がほとんどです。
こちらは先着順に選んでいただきます。
ヨコ糸はこんなに色とりどりに並んでいます。
ご自由に好きなだけお使いください💖

 

自分の好きな糸を好きなだけ使って織る。
これはもう、あなただけのもの、オンリーワンです💓
さをりの森ではすでにタテ糸を張っているので、あとは織るだけ。
さをり織りなら、いとも簡単に1日で織り上げることができちゃいます。

 

今回、DMのお届けが間に合っておらず、大変申し訳ございません。
お気軽クラスは現在、コロナ感染拡大防止のため、ご予約制にしています。
前日・当日のご予約はお電話にて承ります。

 

この冬のうっとり柔らかで軽くて暖かいカシミヤをご自分用に、大切な方のために。
お得に織れちゃうこの期間に、ぜひ織りにお越しください🎶

さぁて、今月はベガスブログを早くUPするぞっ❗と、取り掛かったらなんと、7月をUPしていませんでした…申し訳ございません💦
だからと言ってUPしないのももったいないので、今回は7月・8月の合併ご紹介といたしますね。

🍭リスパンツ(綿)6月に作品披露した後(写真右)、今度はしっかりめに織ってみたらどうかと試した作品です。しっかり目なので透けないし、おさまり・履き心地は満足だそうです❤
そして、さをりの森にリスパンツブームが到来しました。
 

 

🍭リスパンツ(綿・抄繊糸)6月の作品を見て、薄手の布で織った作品です。
抄繊糸を使っているせいか少し張りがあって、夏にうってつけのサラリとした布感です。

 

🍭リスパンツ(綿)※参考作品※ 6月の作品を見て、織って仕立てた作品です。
布を裁ち間違えて股下のあたりに縫い代ができたので、自分ではきます。
履き心地ですか?とてもイイです💓

 

🍭ベスト&リスパンツ(綿・スパンコール他)同じリスパンツでも、糸や色が変わると雰囲気もグッと変わります。カジュアルなリスパンツが、ベストとセットになると、大人びた雰囲気になりました。
動くと大き目スパンコールがキラッ✨と光って、よそいきにもイイねって声が上がりました。これを着てお出かけしたいなぁ~とつぶやきが聞こえてきますね☺

 

🍭ベスト&ノースリーブシャツ(綿・ぴゃむぴゃむヤーン)蛍光の黄緑の綿糸を2種類と、同じ色のぴゃむぴゃむヤーンを多用した作品です。
ノースリーブシャツの裾を縦に切り、ヨコ糸として織った作品です。スカート部分にぴょこぴょこ飛び出ているのはシャツの裾端です。
 

 

🍭ベスト&マーガレット(綿)6月の作品で粗々のベストがありましたが、その1作目が7月に登場しました。
ぴゃむぴゃむヤーンの糸の形状と、縮絨効果による自然くし筬のベストです。賑やかな布なので、あえておとなしい布でマーガレットを仕立てています。6月作品(紺色)はこのピンクの後で織ったそうですよ。

 

 

個性は人それぞれ違います。
でこぼこした布になるように織る人がいる。
糸が飛び出させたり、穴を開けたりするのが好きな人がいる。
自分好みの色合いにこだわる人がいる。
様々な個性があって当たり前なんですよね。
それを、違っててイイのよ~、当たり前なのよ~と寛容に受け止めてくれるのが、さをり織りだと思います。
すると、そっくりコピーしたいのもイイんじゃないの?と疑問が出ます。
残念ながら、それはちょっと違います。

 

そこには、さをり四つのねがいの一番目、
「キカイと人間の違いを考えよう」が根底にあります。
機械のようにお手本通りに織るのではなく、人間ならではの「味」を出し、自分自身の意向を表現しましょうと提唱しているのです。

 

それは、そんなに難しく考えなくってもイイんです。
同じ作品を見て、同じように刺激を受けて、織ったり仕立てたりすると、自然とその中に個性が出てくる。
なぜって、使う糸や色合い、織るための力加減、仕立てのサイズなど、すべて作る人まかせなんです。
自分の好みや、思いつきがどんどん盛り込まれます。
そうなると、アートは模倣から始まると言われますが、全くのコピーはかえって難しい。
機械じゃないんだから、コピーじゃなくて独創的でイイんです。

 

6月以降、何人かが同じリスパンツを仕立てました。
好きな糸を使うのはもちろん、裾に隙間を作る、布の密度を変えるなど、それぞれに「自分らしさ」が入った作品だと思います。
同じ形なのに、全く違って見える。
さをりって面白いなぁとつくづく思いました。

 

そんなリスパンツたちが、今ならさをりの森の2階ギャラリーにて様々並んでいます。
ご来館の際はぜひご覧ください。