葉っぱに滴る雨露のキラキラにココロ惹かれている、スタッフ吉野です🍄
それを見ると、スパンコール糸で織りたいなぁ~、ぽつぽつネップ糸で織りたいなぁ~なんて、織りたい欲がむくむく湧いてきます。

 

その織りたい欲がギュンッッと噴き出すのが、さをりの森のクリエーターが作品を持ち寄る「VEGAS(ベガス)の会」。
それぞれの色や織り方、仕立て方などのアイデアをシェアするこの会は、毎月第4月曜日に開催されます。
ではでは6月の作品のご紹介です👏

 

まずはスタッフ西田のワンピース。
リネン、シルク、綿糸、化繊糸を織り交ぜている作品では、擬似二重織りや、分け織りを布の表面にフリルのように織り込む織り技も使っています。

 

リネンストール。ぴゃむぴゃむやーんを織り混んだり、絡み織りでタテ糸を動かしたりしています。いつもはボリュームのある作品が多いのですが、今回は薄く織っているんですよ。

 

喜田さんのベスト(綿)。喜田さんの代名詞のよう色合いの作品ですね。
くし筬でタテ糸を大きく動かしています。

 

越野さんのブラウス(綿)。冷房が効いたところで過ごす場合は、長袖が欲しいですよね。ご本人いわく、なんだか春の雰囲気になっちゃったわ~、とのこと。

 

ワンピース(綿)。タテ・ヨコにストレッチを効かせています。黒い筋がそのストレッチ糸ですね。シルエットがストレートじゃなくって、楽しい作品です。

 

斉藤さんのベスト(綿・ウール)。肩に当てた布だけ、ウールです。
冷房で、肩が冷えちゃうわぁ、なんてことがありません。

 

ベスト(綿)は裾のタテ糸をまとめて太く通しています。
みさを先生がよく着ていた形ですが、こちらはポケット付き。後ろでポケットの位置をわざとずらして付けているのは、作家の意向です👌

 

圧巻の分け織りベスト(綿・ウール)は、リメイクです。
脇に布を足して着やすくしています。

 

ストール2種。(左側:綿)カラフルなタテ糸をつくり、それをくし筬であちらこちらへと動かしています。
(右側:綿・シルク)最近、二色交差で丸みを帯びた模様を織るのがマイブームなんだそうです。

 

今回初参加の山口さん、ブラウス(綿)。
デニムの裂き布や染め布を挟み込んだり、大好きな篭の目織りやタテ糸追加をしています。

 

チュニック(綿)。20cm幅で8mのタテ糸を作って、時間を掛けて織り上げました。
分け織りをしたり、幅を変化させたりと、とても楽しい布をノーカットで仕立てています。この作品に名付けるなら「きんぎょ」ですねぇ💕

 

ベガス作品は、さをりの森の2階ギャラリーにて展示販売しています。
ご来館の際はぜひ手に取ってご覧下さいね😊

七夕織~ルナイト2019のご報告のバトンを受けたまま、コースアウトしていたスタッフ吉野です🍄
バトンを渡してくれたスタッフ岡本が泣き顔にならないうちに、まいりますよ♪

 

織~ルナイトは18時には10名ほどの参加者でスタートしました。
流しそうめんで腹ごしらえをしてから織り始めます。
食事を済ませて到着の人もいらっしゃいましたが、23時には予約の24名全員が織機に座っていました。
回を重ねるごとに参加者が増えていって、嬉しいですね~。
最初の頃は数名だったのに…と、懐かしく思い出します。

 

しか~し、夜は長いっ。
暖炉前のテーブルでおやつをつまんだり、眠気覚ましのコーヒーを飲んだり。
織~ルナイトに毎回参加しているメンバーが、旧交を温めたりするシーンもあったのですが、写真を撮りそびれちゃいましたねぇ💦

 

夜の間は、睡魔と闘いながら織ります。
土曜の昼から織り始めて、深夜に帰る人もいらっしゃいます。
参加時間は、各自のご都合に合わせることができるので、完全徹夜じゃなくっても大丈夫なんですよ。
翌日がそのまま勤務の吉野は、途中で戦線離脱させていただきました✨

 

目覚めると、思っていた以上にたくさんの人が起きていたのでびっくり🤪です。
しかも今年は、お近くにお住まいの方がめっちゃ早起きして、朝織りにいらっしゃいました。
小学生のお子さんは、平日の学校に行くときよりも早起きしてくれたそうです。
来年は吉野も頑張らなくっちゃ❗と、密かにココロに決めました。

 

織~ルナイトの朝の恒例は、6時半に始まるラジオ体操です。
織っている人もちょいと一息。なんと今回は、15名が織り疲れた体をほぐしました。
この人数は過去最高じゃないかしら。

 

そして9時まで織る人、朝食を食べてのんびりする人、帰られる人と思い思いに過ごされました。
織~ルナイトは、ぶっ続けで織ると15時間‼
普段は織れない長い作品にチャレンジすることもできますし、何点も作品を織ることができちゃいます。
全てをご紹介できないのが残念ですが、今年はこんな作品が織りあがりましたよ💕


↑淡路島から参戦したグループが、作品を持って研三さんとパチリ📸

 

七夕を彩っていた笹飾りは、川や水に流すのが正式なんだそうですが、さをりの森では暖炉でお焚き上げします。

 

笹を小さく切り、短冊や飾りをまとめて暖炉へ。
皆様の願い事が叶いますように…と祈りをこめて点火すると、パチパチと勢いよく燃えてくれました。

 

これにて夏の恒例行事、七夕織~ルナイトは完結🎋🎋
次の織~ルナイトはクリスマス前の予定です。
日程が決まりましたら、ホームページやツイッターなどでお知らせいたしますね。

出勤しても1階の糸棚をあまり見ないようにしている、スタッフ吉野です🍄
なぜなら色とりどりの、形状も様々の糸がずらりと並んでいて、私を呼んでいるように見えるのです。
そして今日は、教室の糸の補充のために見て、しっかり糸に誘惑されてしまいました…😱
糸好きの方はぜひ、ご来館の際に1階の糸棚もご覧下さいね。

 

さ、気を取り直してベガス作品PartⅡdのご紹介です。
斉藤さんのワンピース(綿)は、90cm幅の織機で織った作品。
ヨコ糸には、裂き布と糸を組み合わせて織っているんですよ。

 

ベスト(綿)はフリンジを裾に使い、あちらこちらへとあしらって、わらびがぴょこぴょこ伸びているような、かわいい模様を作っています💫

 

こちらのベスト(綿)は、みさを先生がよく着ていたベストと同じ型。
ふちどりのテープは細幅で織ったそうで、5cm幅×5mなんですって😱

 

ワンピース(綿)も裂き布を使い、大胆な色遣いの2色交差です。
ゆったりサイズなので、ふんわり着ることができますね。

 

スクエアネックベスト(綿)。織り残しやタテ糸のロスなどで短く残った糸をどんどん織りこんだそうです。裾にはスリットが入っているので動きやすいんです。

 

ストール(シルク&ストレッチ)。ストレッチをタテヨコに入れて、ぽこぽこと布が浮き上がっていて面白いですね~💓

 

越野さんのベスト&スカート&ボレロ(綿)
ヨコ糸にストレッチ糸を使っています。スカートは布を斜め遣いに、ボレロは袖にゴムを入れているので、キュートでしかも実用的なデザインです。

 

黒のロングベスト(綿)は少しだけ、フリル織りをしたそうです。
その部分を前の合わせのところに使っているのがお洒落ですね~✨

 

喜田さんのベストとスカート(綿)。スカートのウエストは、カギホックにしているので、ウエスト周りのドレープが少なめのデザインです。
ストールのように首元に巻いているのは、サッシュベルトですが、ストールとしても使えます。

 

ベスト(綿・化学繊維・ストレッチ糸)。シルクの裂き布が入ったり、さをりの森の「かなりぴゃむぴゃむやーん」という、ウルトラ変わり糸をたくさん織りこんでいます。

 

こちらのベスト(綿)は、数種の端切れをあわせたコラージュ作品です💕
襟元では、ストレッチ糸で織った部分を使っています。

 

ベスト(シルク)は、前身頃の合わせの部分の耳をかがっています。
2色交差、三色交差で織っているのですが、タテ糸を染めた部分で淡く色が変化していますね。

 

ジャンパースカート(綿・シルク)。
こちらもタテ糸染め&ぴゃむぴゃむヤーンを使っており、胸元が個性的な作品です。

 

中塚さんのチュニック(綿)。染めタテ糸で、ところどころにフワフワ織りを入れています。染めた部分がよく分かるように活きていますね~👏

 

ベスト(綿)。こちらも染めタテ糸です。先ほどのチュニックで切り残した布をまえみごろに使っています。グッとスリムに見えますが、着心地はイイんですよ☺

 

上前さんのストール(シルク&ぴゃむぴゃむヤーン)。とても綺麗な山藤を見て、そのイメージで織ったそうです。

 

吉野のロングストール(リネン)。ノープランで織っていたのですが、せっかくの2色交差や模様が、首に巻くと隠れちゃうんですよねぇ💦

 

パンツ(抄繊糸)は、本来はブラウスになる予定だったのですが、袖の位置が思うようにならなかったので、目的変更。股下に穴が空いているので涼しいんです👌

 

これらの作品の一部は、来週26日(水)から7月3日(水)まで、西武池袋本店にて『夏のさをり織り作品展』にて展示販売いたします。
その他の作品は、さをりの森 2Fギャラリーにて展示販売をしております。
お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ。
また、気になる作品がありましたら、お電話等にてお問い合わせください。
東京 夏のさをり織り作品展