『大クリエーター作品展』は、さをりの森と京都を通過し、10/22(金)・23(土)に東京会場へ、10/29(金)・30(土)・31(日)には広島会場へと巡回中です。

 

遅くなりましたが、9月のさをりの森ベガスの作品をご紹介いたしましょう。
今回ご紹介する作品の中から一部が『大クリエーター作品展』に出品しています。もしかすると「見ました~♪」「試着しました~♪」という方もいらっしゃるかもしれませんね☺


綿の、長さがたっぷりのコートです。作家さん曰く、ラガーマンのコートです。南アフリカカラーね、とメンバーさんからの声が上がり、作家さんからは、左胸から血を流しています、と説明が…🤣胸元に、華々しく湧き出た様な赤い糸が挟み込まれています。血を流してと言うと瀕死のラガーマンのようなコートですが、ポケットは拡幅織りをしたところを使っているので形がポコッとしていたり、後身頃を横使いにしてラブリーになっていています。

 


こちらはウールのフード付きコートです。明るい秋色で、身頃がたっぷりなので、さをり服の上にも着やすくて温かいですね。羊毛の使い方がきれいですね、との声に、何色か混ぜて使っています、とのこと。羊毛の使い方にも作家さんの個性が出るんですね。そして織り上がってから何年か置いていたそうです。秋の実りのように🍁熟成されてからコートになったんですね。

 



こちらも身頃がたっぷりな、綿のロングコートです。タテ糸がスレン染めで、背中の真ん中の部分と袖は、別の布を使っています。肩を作らないシンプルなデザインですが、真ん中に布を足すと着やすいですと、作家さん。さっと羽織れて、染め色のゆらぎが素敵ですね。

 


身頃の下部分に、SAORIのお仕立て【中級編】テキストの半円スカートを付けた綿のジャケットです。作家さんはこの形がお気に入りで、3作目だそうです。スカートのカットした所を袖のカフスにされていたりと、布を目いっぱい使ったお仕立てをされています。二色交差があちこちで効いてる~、との声が上がっていましたよ。鮮やかな藤色系がきれいですね。

 



たっぷりシルクの糸を使ったジャケットです。深まった秋色に超ウルトラ変わり糸・かなりぴゃむぴゃむヤーンや化繊糸などを織り込んで、フワフワ織りやルーピング織りなど、作家さんの「好き💓」が詰まっています。襟は別添えで取り外しでき、別珍の紐で結ぶのが可愛くてキュートですね。脇下のカットした分を後身頃の真ん中に足して、後ろの丈を少し長くしてあります。

 


さをりでは、割とスタンダードな形のジャケットです。拡幅織りを前開きの両側に、肩の辺りで少し櫛織りをされていたり、余り糸を結んで繋いだお宝糸を使われていたり、色合いもぱっと華やかです。袖はゴムを入れて落ち着かせてあります。

 


カシミヤのショートジャケットです。カシミヤの糸によって縮絨の縮み具合が違うので、片側がすごくフリルになっています。幅にも変化が出たので、前を留めて着ればいいと思いつかれたそうです。カシミヤの柔らかなドレープがきれいですね。ボタンはフェルト遊びで作ったボタンを付けられています。写真にちゃんと写っていなくてごめんなさい💦

 


フード付きのピンクマーガレットです。ループ糸多めで、全体が柔らかくてフワフワしています。首あきのところでボタンで留められるようにしてあるので、ずり落ちずに着られますね。

 


独特の色合いが優雅な、イカ型のワンピースです。後ろに三角に折り返してある襟を、くるくると折り込んだらふっくらしていいかな、と思われたそうです。襟のところがふんわりして、全体はすっきりしていて、それでいてかわいいワンピースですね。

 


こちらもイカ型のワンピースです。作家さん曰く、織っている時に、単純作業はいいなあと思う時があるそうです。単純に織った時は、イカ型にすると雰囲気が変わっていいそうです。あれこれやりたい時と単純に織りたい時があって、と作家さんは単純を強調されましたが、メンバーさんからは、キラキラがいっぱいね~✨との声が…。キラキラ光る、たっぷりでエレガントなワンピースでした。

 

 
見た通りの、ドレス✨です。ボディに着せた瞬間、うわぁ~っと声が上がっていました。作家さん曰く、社交ダンスでも始めようかと、と😊ステージ衣装みたいね、とか、あの女優さんに似合いそうとか、みんなの妄想が膨らみました。胸のフワフワは化繊糸を挟んで引き出しながら。前の広がっていく黄色は、タテ糸を追加してクロスさせながら、と、こんなに変態チックにクロスを増やしていくのはないと思うと、作家さんがご自分でおっしゃっていましたが、渾身の力作ドレスです。
ちなみに、さをりの森では「変態」は誉め言葉です。誰はばかることなく自分なりに糸で表現し、一般にはあり得ないものを好むのは「変人」「変態」と言っても過言ではないという事です。

 


こちらのワンピースは、ひたすら織り、ひたすら織って頭が空っぽになって、はっと我に返り、二色交差を入れたというワンピースです。色数が少ないから、お仕立ての時にどこで切り替えるかが難しい、と作家さん。色数が少なめな分、前に一列に並んだ房やお袖にタックを取ったひらひらの魅力が際立ちますね。

 



かなりぴゃむぴゃむヤーンと化繊糸を使った、ノーカットのワンピースです。リボンヤーンが滑るため、切ったらぱらぱら~となりそうで、切らずにお仕立されたそうです。ぴゃむぴゃむヤーンや化繊のいろいろな可愛さが織り重なって、キラキラ✨してゆらゆらして、こちらもメンバーさん達からから思わず歓声が上がったのでした。

 

 

さをり織りは、大量生産の規格に沿った作品とは違う、オンリーワンの作品です。これは芸術であり、芸術の美意識は人それぞれ違うもの。糸を選び、作品を織り、仕立てている間の作家のココロ模様が、作品にギュッと濃縮されています。

私はこんな色が好きなの。私はこう織りたいの、ここでこうしたかったの。

作家の感性で織られた作品に、うんうんとうなずくこともあれば、う~ん?と思うこともあるかもしれません。それは感性が合うかどうかで、当たり前のことなんです。
また、自分とは違う感性に心を揺さぶられることもあるでしょう。
作品をご覧になる機会があれば、その作品からどんな印象を受け、どう思うのかなど、作品だけではなくご自分のココロの動きも感じてくださいね。

毎年恒例の「○○の秋」。読書も食欲もスポーツもありますが、やっぱりさをりの森で言うなら「芸術の秋」ですね。
アートとしての手織りである、さをり織り。
作家の個性によって織りなされた作品たちは、まさにアート。

 

城みさをが創めたさをり織りは、時が経つにつれて、タペストリーやマフラーだけではなく、身にまとう服を仕立てる人が増えてきました。
その頃から「個性」を重視する風潮が盛んになり、オンリーワンのさをり服はもてはやされ、それと相まってさをり作家として活動する人が増えてきました。
その作家さんが集まる会を設け、クリエーターとして活動し始めたのがウン十年前。
その後も継続して、クリエーターは増えています。

 

そしてこのたび満を持して、個性を織りなすさをり織りクリエーターの作品を一堂に会した、『大クリエーター作品展』が開催されることになりました。
しかも、全国4か所、さをりの森の後は京都・東京・広島を巡回です。
各地の会員メンバーからの力作が集まり、なんとその数500点❣

さをりの森では10月10日(日)まで、この作品たちがズラリと並んでいます。
これは必見の価値ありです❣❣

 

前日、スタッフやクリエーター、さをりの森の織り人メンバーで展示をしました。
こんなに大量の作品をどこにどう飾る?
あら、この作品可愛いじゃない~と作品を手早くハンガーに掛けながらも、目ざとく作品をチラ見しながらの展示でした。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました

 

どれだけの時間が掛かるかしら…というスタッフの不安も一蹴し、作品はどど~んと並んだ様子がコチラ✨

 

これじゃあよくわかんないわ…と感じるのも無理はありませんね。
初日・2日目と多くの方がご来場して試着をされており、その様子を撮らせていただきましたので、一部をご紹介しましょう。
初日には㈱SAORI適塾大阪・神戸スタッフがご来場くださり、モデルにもなっていただいております。
この場をお借りして、ご協力ありがとうございました。
 

 

 

さをり織り作品は、すべてとは言いませんがその多くは人が体に纏ってはじめて、完成すると思います。
ハンガーに掛かっているだけでは、その良さが充分に引き出されません。
ですので、ご来場の際はぜひ試着しやすい服装でお越しくださいませ。

『大クリエーター作品展』

お店に「季節限定」の秋バージョン、栗・芋などの秋の味覚が充実する季節になりました。
暦は秋。とはいえ、日中はまだまだ暑い…。
ベストだとインナーを半袖だったり長袖にしたりで調節しやすいので重宝します。

 

🍭ゆったりベスト(綿)小さく奥ゆかしく、でも「私ココにいます!」の主張が可愛い分け織りや部分織りがアクセントになっています。裄が広めなので、中にタンクトップを着れば夏に、7分袖や長袖を着れば秋に嬉しいサイズ感です。胸元のフリンジも動きがあるので可愛いんです💓

 

🍭ベスト(綿・ぴゃむぴゃむヤーン)ボビンに巻き残っていたたくさんのぴゃむぴゃむヤーン(さをりの森の超変わり化繊糸)を使っていて、とても可愛い作品です💓3枚目、織り始めにタテ糸を折り返して、その折り返したタテ糸をヨコ糸として織り込んでいます。先月は織り幅すべてを折り返した作品がありましたが、それを見て一部を折り返しアレンジしているのが3枚目の写真。織り終わりの分け織りが背中部分です。

 

🍭ベスト(綿)タイやミャンマーに居住するカレン族の衣装にヒントを得たベストです。お仕立てはとてもシンプルで、首や袖開けも縫わないという選択なのでカンタンです👌身頃の中央部分にグリーン系の色とプツプツ飛び出ているように見えるのは、裂き布を挟み込んでいる部分です。

 

🍭マーガレット(リネン・シルク)短めの布でのマーガレットで、袖開きの大きさや、布の両端の合わせ方をアレンジしている作品です。マーガレットは上下を逆にして着ることも可能ですが、こちらは左右の袖開きを重ねてスヌード?ボレロ?として身に着けることもできます。アイデアですね~💙

 

🍭ななめベスト(綿)短い布を斜めにカットして、前後に合わせたベストです。両サイドにフリンジがある布を、布の対角線でカットしているので、片方にフリンジが揃ったデザインです。片側を布の角同士で合わせ、もう片方には肩紐を付けています。1mほどの布があれば、できちゃうデザインです✨

 

🍭ななめベスト(リネン、ジュート)前記のななめベストと似た形ですが、こちらは四角を2枚合わせています。両肩に肩紐を付けていますが長さを違えているので、ななめになっています。サイドは布を少しだけ合わせて、タックを取って丈を少し短くなるように調整しているのですが、なんとなくバルーン風に見えますね。

 

🍭少し立ち襟ベスト(シルク)整経台に掛けたタテ糸を外して、長く伸ばして張った状態で塗り染めをしたタテ糸です。それを織っていますが、染めるときには仕立ての形などは考えていません。どこにどう配置するかは作家さんの意向。それがさをりの面白いところです。後ろの裾は分け織りをしているのでスリットがあるように見えますね。

 

🍭ベスト(綿・リネン・化繊)リネンと、違う素材を合わせると感触が良いと感じて織った布です。モノトーンで織り上げていますが黒多め。その中で裾のヒラヒラリボンと後ろ身頃左肩のグレーがポイントになっています。グレーはモール糸で、縮絨したときに糸が動いて隙間ができたそうです。それもまた、ヨシ☺

 

🍭バイアスベスト(綿)バイアスに仕立てた布はどうしても布が伸びて体に沿いがちになり、引っ張られる感があると感じて、ゆる~い角度になるように工夫したベストです。丈は後ろを少し長めに。カットした裾はフリンジにほどいており、タテ糸のフリンジと相まってワサワサざっくり感がUPです🎶

 

🍭ベスト(シルク)さをりの仕立て(黒本)に掲載のドレープ襟ベストです。シルクのしなやかなドレープが上品さをかもしだしています。と同時に、落ち着いた紺色系の中にカラシ色の2色交差が、キリッとした印象ですね。お出かけにも普段着にも重宝しそうな色合い、デザインです🎶

 

🍭ベスト(綿・化繊)6月の作品に刺激を受けて織った布。ぴゃむぴゃむヤーンの効果で縮絨後にタテ糸が揺れて模様ができるはず…が、できなかったそう。糸の形状によって違いがあるんですね~。織ってみないとわからないですね。そこで新たな気付きが生まれるので、失敗ではありません👌ちなみに目指したのは3枚目の写真です。

 

🍭Vネックベスト(綿)タテ糸重ね織り(追加)した糸を、隣の糸をどんどん飛び越えていくタテ糸飛び越え織りで織った布です。本当は布の端の青と黄色を、違う方法で動かしていたのですが、隣の派手さにすっかりかき消されてしまいました。派手な布なので仕立てはすっきりシンプルにしています。

 

🍭ベスト(綿)網代織りと千鳥格子を同居させたくて作ったタテ糸です。リボン糸をタテ糸に使い、リボンが隠れないよう引っ張り出しながら織っています。網代や千鳥はどうしても機械織りにように均一にしたくなる傾向がありますが、こちらのように一部に取り入れて効果的にポイントを作ってみるのもイイですね。

 

🍭ベスト(綿)前身頃の赤や黄色のカラフルな部分は疑似二重織りです。疑似二重織りというのは、その部分だけ布を二重になるように織るのですが、疑似なので下側はヨコ糸のみです。後ろ身頃は違う色の糸をはさみこんで模様を作っています。脱ぎ着をしやすく、かつすっきりした印象になるように脇はボタンで開け閉めできます。
 

 

さをり織りの楽しみ方・関わり方は様々です。
趣味で、自分だけで楽しむ人。
誰かがさをり織りをする、サポートをする人。
さをり織りを広く伝えるべく、講師・教室オーナーになる人。
さをり織りで織った作品を販売している、クリエーター(作家さん)。
もちろん、教室オーナー兼クリエーターという人もたくさんいらっしゃいます。

 

さをりの森のベガスはクリエーターの会です。
自分で織って仕立てて、着る、販売する。

 

しかしながら販売目的を主に考えると、さをり織りは楽しめないんです。
人の目を気にして、今はこれが流行だとか、派手過ぎたら受け入れられないとか考えていくと、織り手の意向が入らなくなります。
私ならこんな風にしたいけど…そうしたらだめよねぇ、なんて思っちゃって、知らず知らずのうちに自分らしさを抑え込んでしまいます。

 

ベガスメンバーは「自分が着たいもの」を目指しています。
もちろん時によっては自分以外の意向を考えることもあります。
ただそれが主目的ではありません。あくまでも、自分が一番❗

 

そう考えると、わがままな織りですねぇ☺
でも、さをり織りは、それでイイんです。
作品と出会う人が作家さんと感性が同じなら素晴らしいものに見え、違うならそうじゃない。
だからと言ってその作品がダメってわけではないんです。
だって、正解?は作家さんの中にだけありますから、自分の主張・個性で大いに自由に、自分の感性で制作していいのです。
他人と自分の違いを考え、自分のイイところを見つけ、そこを伸ばしていける手織りなんじゃないかと思います。