朝晩が涼しくなり、気温差の影響でくしゃみが出やすくなっている、スタッフ吉野です🍄風邪をひいているわけじゃないんですけどねぇ💦

さて、さをりの森2Fのギャラリーでは、あちこちの作家さんの作品を常時、展示販売しています。

そして今は、Vegasメンバー大橋龍子さんの作品を多く展示販売しています。先日、さをりの森西武池袋で、大橋さんの作家展があったのですが、その作品が会期を終えて森へ里帰りしているのです💛

さをりの森150905

今回、大橋さんは秋に向けて、とても着やすい秋色の作品を多く創ってくださいました。穏やかで明るい大橋さんの人柄がにじみ出ているなぁ…と、つくづく思います。

さをりの森150905

ベスト、チュニック、パンツなどなど、綿素材を多く取り揃えています。これからの季節にピッタリですね💓

また、服とお揃いで持ちたいバッグや、おしゃれなベレー帽もあります。

さをりの森150905

さをりの森150905

9月24日まで、さをりの森で展示販売していますので、どうぞ足をお運びください。

そしてぜひぜひ、手にとって試着して、着心地の良さを体感してください。さをり服は着る人の体に沿って柄の見え方が変わります。上下逆に着られるベストもあるんです。眺めるだけではわかりませんので、ご遠慮なく、試着してくださいね。

【お盆休みのお知らせ】
誠に勝手ながら、8月13日(木)から8月16日(日)まで、お休みさせていただきます。
夏休みにご来館予定の方は、お盆休み以外でご予定を合わせていただけますよう、お願いいたします。
スタッフ一同、しっかりリフレッシュして、ピチピチになって、みなさまにお目にかかれるのを楽しみにしています。

岩盤浴にはまりつつある、スタッフ吉野です🍄汗をあまりかかない私が、岩盤浴では汗みずくになってしまう爽快感❗でも、普段は冷房が効いた部屋で、熱中症にならないように気をつけています。

さてさて、すっかり遅くなって冷や汗もかいてしまいましたが、さをりの森Vegasの7月の作品です。

まずはモノトーンのスカート。SAORIのお仕立て【中級編】の六枚はぎ逆転スカートのアレンジで、七枚はぎのスカートです。

2015年07月27日:ベガス写真 039a

2015年07月27日:ベガス写真 040a

そしてベスト。前にあしらった布がリボンのようでキュートですね~♪

2015年07月27日:ベガス写真 006a

後ろはV型に。

2015年07月27日:ベガス写真 007a

モノトーンのチュニック。すっぽり、サラッと着られます。

2015年07月27日:ベガス写真 012a

イカベスト。抄繊糸なので、張りがあります。

2015年07月27日:ベガス写真 019a

大人の雰囲気のチュニック。ところどころに入った赤が効いています。

2015年07月27日:ベガス写真 023a

袖口と裾にゴムが入ったゆったりチュニック。私が試着させていただきましたが、着易いし、動きやすかったです💕

2015年07月27日:ベガス写真 026a

分け織りとストレッチをちりばめたジャンパースカート。

2015年07月27日:ベガス写真 034a

上半身にストレッチ糸を効かせたジャンパースカート。作家さんの大のお気に入りです。

2015年07月27日:ベガス写真 055a

そして、シンプルながら、タテ糸の柄を生かしたワンピース。

2015年07月27日:ベガス写真 060a

やさしく涼しげな色合いのチュニック。

2015年07月27日:ベガス写真 064

その他、たくさんの作品をさをりの森西武池袋店にて、展示販売しています。

お盆のお出かけで東京へ行かれる際には、ぜひお立ち寄りください。そして、眺めるだけではなく、手に取って試着してくださいませね。

暑い夏、あえてダラダラ汗を流すのが好きな、スタッフちょうさです。
先週末はおうちの掃除で汗みずく♪
お部屋も気分もスッキリです。
あ、ちなみに森では快適冷房がついているので、かくのは冷や汗だけですが…

さて、先週のこと。
さをりの森がある大阪・和泉市のお隣、堺市から、中学校の家庭科の先生方がお越しくださいました。
『家庭科部会』といって、先生方の研修グループだそうです。
DSCN9263

最近、近隣の市からその『家庭科部会』の方々にご利用いただくことが多いんですよ。

そこで、ワタクシ、さをり織りが学校の授業に採用されるといいのになぁってつねづね思っていたので、ちょっと先生に伺ってみました。

すると、手織機が1台、ポツーンと使われないままに置いてある学校が何校もあるそうで。

ええ~!そうなんですかぁ?

各校の支援学級に設置されて、生徒さんたちがさをり織りをされていた時代もあるんだとか。
で、今はというと…
残念ながら、織りの指導ができる先生がいらっしゃらなかったり、
生徒さんたちが織る時間を確保できなかったりで、そのまま放置になってるそうです。
しかも、ずいぶん長い間使われていないので、必要なものが全部そろっているのかどうかもわからないケースがほとんどなんですって。

うう、なんと無念。

さをりの森の手織機は、専門職人たちの手によって、一台一台丁寧に組み立てられています。
本体部分の木材はもちろん、すべての部品にいたるまで材料を選び抜いているので、
とにかく丈夫で「一生モノ」と呼ぶにふさわしい、抜群の耐久性があります。

なので、眠っている手織機も、きっと問題なく使えると思います。
もしも、ネジなどの細かい部品がなくなっていたとしても、ご安心を!
過去のほとんどの部品を保管しているので、修理やメンテナンスをご相談いただければ対応できます♪
手織機の種類がわからない!!というときも、ご連絡いただければお答えすることもできますよ♪

DSCN9266
DSCN9265
あ、対応できるのは、さをりの森(堺精機産業)の織機に限りますけど…

そして、もうひとつの問題。
指導される先生の確保。
これはね、なかなか簡単にはいかないと思います。
でも、せっかくだから手織機を活用してみようかな?って思われる先生がいらしたら、ぜひご相談ください!
さをりの森では、各種講習も開催しています。
きっと、想像されているよりもずっとずっと簡単に、さをり織りを始めていただけると思います!
子供たちに、自分を表現する楽しみや喜びを経験させるために、
先生、ひと肌脱いでみませんか?

もちろん、学校の先生だけでなく、
ご自宅に古い織機が眠っている方、
譲り受けた織機を持て余している方、
どうぞお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはコチラ ⇒ Tel:0725-57-7022

もっともっとたくさんの方に、
さをりの素晴らしさを知っていただきたくて、
密かにあれこれ策を練っているスタッフちょうさの、大きめな独り言でした。