4月に入ってもまだ寒い日があるので、ウールの服が手放せないスタッフ吉野です🍄
日中はぽかぽかしていても、夕方になるとグッと冷え込むんですよね。
そんな時には、さをりストールで膝や肩を温めましょう😊

さて、織り人クラスでは、冬に織った布での仕立てもまだまだありますよ~。
今回は数少ない男性メンバーの1人、Tさんの作品を織り人ギャラリーに展示しています。
タテ糸作りを学ぶために入会し、今では自宅にも織機をお持ち。
織っているのはもっぱらお嬢さんで、Tさんは森で織ったり仕立てたり。

お嬢さんが織った布3枚を持ってきて、これで何かなるかなぁ…とご相談。
ふわっと羽織れるものができたらいいな~、と。
縮絨後の布幅は35cm、長さが130cm弱が2枚と150cm弱が1枚の計3枚。
織っているとね、この長さで気分が変わって着るんですって。

せっかくなら、フリンジを活用しちゃいましょっと、せっせと細かい作業をしました💦
さをりの森20170331 (5)

画像が粗くなっちゃいましたが、わかるかしら…
130cm弱の布2枚のフリンジ同士を蝶結びにして、長い布に変身🌟
これをジャケットの上部に配置しました。

そして長めの布を下部に、少しタックを付けながら縫い合わせます。

昔取った杵柄でミシンは得意なTさん。
しか~し仕立ては極力、わかりやすくて楽チンなものがいいっ❗️とのご希望で、
袖付けは一体型に、縫い合わせもカンタンに。

そして完成したのがこちらっ💖
朝夕の冷え込みや夜桜見物には大活躍してくれる、ウールジャケットが完成~~👏

さをりの森20170331 (2) さをりの森20170331 (3)

Tさんが着るには可愛すぎて…
講習に来られていた、サラさんにモデルになっていただきました。

サラさ~ん、手を広げてくださ~~い😍
O.K.♪と、蝶のように華麗なポーズを取ってくださいました。
さをりの森20170331 (1)

布が3枚あったことで、フリンジが前中心に集まった可愛いデザインに✨
いつもは長く織るんだけど、こういうのもいいなぁ…

ただし、ノープランで織らないと、織っている間中ずっと、
仕立てたらここはこの部分で、この部分にこの色は合わないかしら?
この模様を入れちゃダメかしら?
って、違う事で頭を悩ませ続ける可能性があるので、ご注意くださいね。

さて、5月にさをりの森の織り人クラスメンバー作品が集結します。
詳しくは後ほどご紹介いたしますので、乞うご期待🎉

織り人クラスって何するの?と思った方はコチラをご覧下さい。
織り人クラス
見学も随時受付しています。
現在、講習は水曜~日曜の13時~15時に開催していますが、
詳しくご相談をご希望の方は、上記時間以外にお願いいたします。

タイトルの『織り人ギャラリーだより』に通し番号を付けるってことを
うっかり忘れていた、スタッフ吉野です🍄
もっと以前から織り人さんの作品紹介はしていたのですが、
2017年から仕切り直しということで、よろしくお願いいたします。

写真右側の黒いジャケットは、奈良から通って来られているMさんの作品です🚗
さをりの森20170215 (1)

黒が織りたくって~と織り始めたものの、そうはいかないさをり織り。
キモチが変わったら、その変わったキモチに素直になる。
オンナゴコロと織りの糸~~💓
とは言いませんかね💦

さをりの森20170215 (5) さをりの森20170215 (6)

今回は赤系の糸をタテ糸に追加しています。
この赤と灰色の線が、黒をグッと引き締めてくれています。
さをりの森20170215 (10)

さて、このジャケットは上下を逆に着ることができます。
上下逆??
って不思議に思うかもしれません。
そうですよね、洋服だと体に沿うデザインなので逆にするなんて考えられませんものね。
それがさをり服ならできちゃうデザインもあるんです。

今回のデザインは逆にすると、襟がなくなって後ろの着丈が少し短くなります。
さをりの森20170215 (9)

また、ブローチの留め方でグッと雰囲気を変えて着ることもできるんですよ✨
さをりの森20170215 (8) さをりの森20170215 (7)

こんなお仕立てなどもできる「織り人クラス」。
詳しくはこちらをご覧いただき、ご質問等あればスタッフにお尋ね下さいませ。
さをり織りについて、より詳しく、機(はた)の仕組みや仕立てなどなど学べる織り人クラス詳細

先日、車の窓を開けようとしたら「バキッ!」と凄い音がして驚いた、スタッフ吉野です🍄
原因は、霜が付かないようにと少し窓を開けていたのですが、
雨の雫が凍結していたんですね。あ~びっくりした…。

さて、さをりの森エントランスには「織り人ギャラリー」があります。
織り人クラスのメンバーが仕立てた作品を展示しています。

さをりの森20170215 (1)

左側、Iさんのジャケットは、「この緑のループ糸に一目惚れして、とにかく使いたかったの💓」と織った布。
下の写真で伝わるかしら、タテ糸に使っているループ糸です。(これは胸元で横使いです)
さをりの森20170215 (4)

さて、何に仕立てます?と相談開始。
この糸を使いたかったのもあるのですが、この糸のジャケットが欲しかったんですって。
ただし、デザインはノープランです。

布を縦に使うか横に使うか…
はたまたナナメに切って組み合わせるか…💦
長さに余裕があるので、長袖でも大丈夫。
着丈は短めでもいいわ~。少し襟が欲しいのよね…など、
自分の希望を少しずつピックアップしていきます。

この考えている時間は、頭の体操にもなりますね。
そうして以前仕立てたデザインをアレンジして、仕立てやすいこの形になりました🌟
さをりの森20170215 (2)

裾側の布は少し身幅よりも長めにしてタックとってふんわりと。
また、前は重ね合わせるようにして、フリンジをひと工夫しました。
展示が終わってから、ボタンを付けようかしら~と、想像をめぐらせています。

こちらは後ろ姿。
さをりの森20170215 (3)

軽くてあったかくって一目惚れ💟したウール糸。
お出かけの時にサッと羽織れる素敵なジャケットです。
ご来館の際にはぜひご覧下さいね。

こんなお仕立てなどもできる「織り人クラス」。
詳しくはこちらをご覧いただき、ご質問等あればスタッフにお尋ね下さいませ。
さをり織りについて、より詳しく、機(はた)の仕組みや仕立てなどなど学べる織り人クラス詳細