部屋の整理をしていて、大量の糸と作品に改めて驚いたスタッフ吉野です🍄
それでも作りたくなる作品、欲しくなる糸。作品展が多い秋は、誘惑の秋でもありますね。

 

さて、まずはお知らせです。
🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂
🍂明日10月26日(金)~31日(水)まで、東京の西武池袋本店、7階にて       🍃
🍃『秋のさをり織り作品展』を開催いたします。               🍂
🍂大阪からは、9月&10月作品の中から送っちゃいました。           🍃
🍃ベガス作品を実際に手に取り、試着できるチャンスです。          🍂
🍂お近くの方はぜひ、西武池袋本店、7階(中央A6)=インテリア特設会場へ足を  🍃
🍃お運びくださいね。                           🍂
🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃

ってことで、今回集まった作品をドド~ンとご紹介いたしますね。

まずは酒井さんのワンピース(ウール)。
織り終わりの分け織りを遊んだ部分は、襟になりました。
さをりの森ベガス2018年10月 (1) さをりの森ベガス2018年10月 (2) さをりの森ベガス2018年10月 (3)

 

珍しくおとなしく織りました~とのコメントがあった酒井さんのボレロ(ウール)。
とは言え、これは別の作品の残りだそうで、それは…いつも通りの賑やか作品だったようですよ💙
さをりの森ベガス2018年10月 (4) さをりの森ベガス2018年10月 (5)
マーガレット(ウール)、こちらは染めタテ糸で織っています。
右脇の長く織った擬似二重織りを切りたくなくって、このカタチになりました。
襟は、後ろにスナップをつけているので雰囲気を変えることができます。
さをりの森ベガス2018年10月 (6) さをりの森ベガス2018年10月 (7)

 

角谷さんのメンズジャケット(綿)。
大学生の息子さんに着て欲しいデザインだそうです。
スリムで手が長い裕司さんにも、ピッタリサイズでした。
さをりの森ベガス2018年10月 (8) さをりの森ベガス2018年10月 (9) さをりの森ベガス2018年10月 (10)

 

↑↑のジャケットの残り布で、ベスト(綿)。
ポケットは端切れを縫い合せています。
さをりの森ベガス2018年10月 (11) さをりの森ベガス2018年10月 (12) さをりの森ベガス2018年10月 (13)

 

フード付ワンピース(ウール)。
以前、ポンチョで仕立てていた作品に手を加えました。
さをりの森ベガス2018年10月 (14) さをりの森ベガス2018年10月 (15) さをりの森ベガス2018年10月 (16)

 

ネック付きベスト(ウール)。
ご本人いわく、軽いらしいのですが…メンバーからは面積が小さいからでしょ~とのコメントでしたよ😊
さをりの森ベガス2018年10月 (18) さをりの森ベガス2018年10月 (17)

 

ミニブラウス(カシミヤ)。シックな色合いなので、細幅で織り込んだ赤がとても効いています。
袖先のフリンジもとてもキュートな作品ですね💞
さをりの森ベガス2018年10月 (19) さをりの森ベガス2018年10月 (20)

さをりの森ベガス2018年10月 (21)

 

吉野のベスト(ウール)。前後どちらでも着られます。
さをりの森ベガス2018年10月 (22) さをりの森ベガス2018年10月 (23) さをりの森ベガス2018年10月 (24)

 

チュニック(綿&ウール)。縮絨率の違いでところどころ縮んだ部分を作りました。
織り幅の真ん中で細く織り、それを引き抜いてから、あらためて織り込んだ部分を胸に配置した、ノーカットの作品です。
さをりの森ベガス2018年10月 (25) さをりの森ベガス2018年10月 (26) さをりの森ベガス2018年10月 (27)

 

内山さんのマフラー(ウール)。細幅で、さらにその先を分け織りで楽しんでいますね~💚
さをりの森ベガス2018年10月 (28) さをりの森ベガス2018年10月 (28)-1

 

メビウスストール(綿)。秋色で、ちょっと肩を温めたい時にピッタリです。
さをりの森ベガス2018年10月 (29) さをりの森ベガス2018年10月 (30)

 

付け襟(ウール)。カラフルなタテ糸に引っ張られてヨコ糸もポップな感じに🎶
内山さんのいつものイメージとはちょっと違った作品です。
さをりの森ベガス2018年10月 (31)

 

ジャケット(ウール)。ミシンが故障するというトラブルを乗り越えて仕上がりました。
染めタテ糸で、色の変化も楽しいですね~。
さをりの森ベガス2018年10月 (32) さをりの森ベガス2018年10月 (33)
さをりの森ベガス2018年10月 (34)

 

今回はこれまで。
残りの作品は次のブログでご紹介しますね。
えぇ~、いつになるかわかんないじゃ~ん💦って思わないで~~。
すぐにUPしますので、しばし、お待ちくださいませ😉

ウールの糸が糸棚に増えて、ココロ躍っているスタッフ吉野です🍄
縮絨後の楽しみが多いウール糸。家にもたくさんあるのに、まだ欲しい欲張り。
ココロを鎮める修行中です。。。

 

昨日に引き続いてのVegas作品のご紹介です。

 

角谷さんのタペストリーベスト。
分けて織ったり、糸をあちらこちらから出したりと楽しさ満載💙
Vegas201808(31) Vegas201808(32) Vegas201808(33)

 

ジャンパースカート、内山さんと同じく別に織った細幅を肩ヒモに使っています。
大好きな挟み込みをガマンして、いつもとは違う自分を織っています。
しかーし、色遣いや糸を交換する間合いは角谷さんそのものですね。
Vegas201808(28) Vegas201808(29) Vegas201808(30)

 

酒井さんのチュニック(綿)。
短い布をくるくるっと回し、少し残った布を付けてスタンドカラーにしています。
Vegas201808(34) Vegas201808(36) Vegas201808(35)

 

ベスト(綿)。ボタンがお好きなようで、色や形にもこだわって合わせています。
フリンジの先をアレンジして、ボタンに掛けるんです。
Vegas201808(37) Vegas201808(38)

 

ワンショルダーパンツ(綿)。
パンツ部分から続いて細く織り、ヒモ部分にしています💫
Vegas201808(39) Vegas201808(40)

 

大橋さんの円すいベスト(綿)。通称、イカベストですね。
前閉じにして、中心をずらしたタイプです。
Vegas201808(42) Vegas201808(41)

 

こちらも円すいベスト(綿)。
うふふっ、今回はより良いサイズ感を求めて模索したんだそうです😊
Vegas201808(43) Vegas201808(44)

 

三度目の円すいベスト(綿)、前に三角布を足したタイプ。
似たような形ですが少しずつアレンジをしているうえに、
織りが違うと全くの別物になるのが面白いですね~。
Vegas201808(45) Vegas201808(46)

 

さて、先々月あたりから人気の、タテ糸を通し換えるストール。
細幅のテープ状になって、くねくねと曲がっているんです。
Vegas201808(49) Vegas201808(50) Vegas201808(50)1

 

中塚さんのジャンパースカート(シルク)。
タテ糸追加をして模様にしたり、耳を出したりと
落ち着いた中にも遊び心が見え隠れしています💓
Vegas201808(51) Vegas201808(52) Vegas201808(53)

 

チュニック(綿)、こちらはノーカットです。
ルーピングが効果的に使われていますね~。
Vegas201808(54) Vegas201808(56) Vegas201808(55)

 

上前さんののれん(綿)。
染めタテ糸を活かし、なおかつ形状記憶の糸を使いたくて織ったそうです。
この糸を使いたい❗️って思うことが多々あります。
糸との出会いは一期一会で、インスピレーションをかきたてられたり、どう活かすかを楽しんだりできます。
Vegas201808 (51) Vegas201808 (53)

 

8月作品は以上です。
糸との出会いを楽しみ、自分の思うままに織るさをり織り。
織った布をどう活かすかも、それぞれの個性が現れます。
作品に出会ったら、どうぞ試着なさってください。
それぞれの体型に添って、柄や形の見え方が変わります。
ふんわり柔らかく、ココロ躍る作品たちを試着して体感してくださいね。

さをりの森がある和泉市周辺では、台風の爪あとがまだちらほら残っています。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
被害に遭われた方は、少しでも早くココロが落ち着きますように。
時間に余裕があるようでしたら、気分転換にさをりの森へ遊びに来てくださいね。
・・・・・・・スタッフ吉野です🍄

 

さて、Vegas作品のご紹介が飛びとびになっております。
お待ちいただいている方、作家さんには申し訳ございません💦
さ、張り切ってご紹介いたしますよ~~。

 

西中さんのベスト(綿ほか)。櫛筬を使って、細く分けて織っています。
ラリエッタとしても使える細さ、長さですが、ご本人の意向でベスト💓
全体像の写真がありませんでした…😱
Vegas201808(13)

 

斉藤さんのベスト(綿)。2種類の布を合わせています。
前身頃に細かく分けて~、繋がって~、また分けて~の楽しい布が縫い合わされているんですよ💛
Vegas201808(1) Vegas201808(3) Vegas201808(2)

 

こちらはジョイントブラウス(綿+裂き織り)。
袖ありかと思いきや、袖だけ脱いじゃうことができるんです
もちろん、ボレロだけでも着ることができる、優れものです。
Vegas201808(4) Vegas201808(5) Vegas201808(6)

 

ミニマフラー付ブラウス(シルク)。
光沢のある糸で薄~~く、てろ~~んと着ることができます。
Vegas201808(8) Vegas201808(9) Vegas201808(7)

 

マフラー(綿・化繊・シルク)。
このマフラーはヨコ糸にストレッチ糸を使っているので、耳がうねうねしています。
Vegas201808(10)

 

内山さんの波織りストール(綿)。
白主体ですが、さりげなく2種類の白を2色交差したり、波織りをしています。
ご本人いわく、波織りの糸が動いてしまった…とのこと。それもまた味👌
Vegas201808(11) Vegas201808(12)

 

キャミソールベスト(綿)。
肩ヒモの部分は、別に織った細幅をぬい合わせています。
細幅でも分け織りをしているところが、粋ですね~💙
Vegas201808(18) Vegas201808(19)

 

パンツ(綿)。秋になっても充分おかしくない色合いです。
写真では分かりづらいのですが、後ろにはちゃんとポケットもあるんですよ。
Vegas201808(17) Vegas201808(16)

 

西田さんのフード付プルオーバー(綿)。
男性でも着てもらえるように…と思うと、ついトリコロールカラーになるんですって。
Vegas201808(20) Vegas201808(21)

 

廉林さんのジャケット(シルク・リネン・綿)。
襟に使っている糸は、さをりの森のウルトラ変わり糸「ぴゃむぴゃむヤーン」です。
これを使いたかった‼️というのが、伝わる作品ですよね。
Vegas201808(23) Vegas201808(24) Vegas201808(22)

 

染めのジャンパースカート(綿)
タテ糸を染めたのですが、どうしても気に入るように織れなくて、やむなく、布染めをしたんだそうです。
分け織りの肩ヒモは、廉林さんのお気に入りのスタイルです💚
Vegas201808(25) Vegas201808(26) Vegas201808(27)

 

越野さんのジャンパースカート(綿)。
こちらは着物を仕立てる際に使うものを織り込んだそうです。
糸の極端な太さの違いが面白く出ていますね~。
Vegas201808(57) Vegas201808(58) Vegas201808(59)

 

喜田さんのミニマフラー付ベスト(シルク)。
布の端に、タテ糸をまとめて通しているので、裾部分がポヨポヨと不思議な雰囲気をかもしだしています。
Vegas201808(60) Vegas201808(61)

 

さをりの森では、作家さんが集まる「Vegasの会」を月に一度開催しています。
それぞれの個性がほとばしる作品は、さをりの森の2階ギャラリーにて展示販売しています。
遠方なんだけど…、なんだか気になる…
という作品がありましたら、さをりの森までお気軽にお問い合わせくださいね
📞0725-57-7022

 

Vegas作品のご紹介はまだ続きますが、今回はこれまで🎶