さぁて、今月はベガスブログを早くUPするぞっ❗と、取り掛かったらなんと、7月をUPしていませんでした…申し訳ございません💦
だからと言ってUPしないのももったいないので、今回は7月・8月の合併ご紹介といたしますね。

🍭リスパンツ(綿)6月に作品披露した後(写真右)、今度はしっかりめに織ってみたらどうかと試した作品です。しっかり目なので透けないし、おさまり・履き心地は満足だそうです❤
そして、さをりの森にリスパンツブームが到来しました。
 

 

🍭リスパンツ(綿・抄繊糸)6月の作品を見て、薄手の布で織った作品です。
抄繊糸を使っているせいか少し張りがあって、夏にうってつけのサラリとした布感です。

 

🍭リスパンツ(綿)※参考作品※ 6月の作品を見て、織って仕立てた作品です。
布を裁ち間違えて股下のあたりに縫い代ができたので、自分ではきます。
履き心地ですか?とてもイイです💓

 

🍭ベスト&リスパンツ(綿・スパンコール他)同じリスパンツでも、糸や色が変わると雰囲気もグッと変わります。カジュアルなリスパンツが、ベストとセットになると、大人びた雰囲気になりました。
動くと大き目スパンコールがキラッ✨と光って、よそいきにもイイねって声が上がりました。これを着てお出かけしたいなぁ~とつぶやきが聞こえてきますね☺

 

🍭ベスト&ノースリーブシャツ(綿・ぴゃむぴゃむヤーン)蛍光の黄緑の綿糸を2種類と、同じ色のぴゃむぴゃむヤーンを多用した作品です。
ノースリーブシャツの裾を縦に切り、ヨコ糸として織った作品です。スカート部分にぴょこぴょこ飛び出ているのはシャツの裾端です。
 

 

🍭ベスト&マーガレット(綿)6月の作品で粗々のベストがありましたが、その1作目が7月に登場しました。
ぴゃむぴゃむヤーンの糸の形状と、縮絨効果による自然くし筬のベストです。賑やかな布なので、あえておとなしい布でマーガレットを仕立てています。6月作品(紺色)はこのピンクの後で織ったそうですよ。

 

 

個性は人それぞれ違います。
でこぼこした布になるように織る人がいる。
糸が飛び出させたり、穴を開けたりするのが好きな人がいる。
自分好みの色合いにこだわる人がいる。
様々な個性があって当たり前なんですよね。
それを、違っててイイのよ~、当たり前なのよ~と寛容に受け止めてくれるのが、さをり織りだと思います。
すると、そっくりコピーしたいのもイイんじゃないの?と疑問が出ます。
残念ながら、それはちょっと違います。

 

そこには、さをり四つのねがいの一番目、
「キカイと人間の違いを考えよう」が根底にあります。
機械のようにお手本通りに織るのではなく、人間ならではの「味」を出し、自分自身の意向を表現しましょうと提唱しているのです。

 

それは、そんなに難しく考えなくってもイイんです。
同じ作品を見て、同じように刺激を受けて、織ったり仕立てたりすると、自然とその中に個性が出てくる。
なぜって、使う糸や色合い、織るための力加減、仕立てのサイズなど、すべて作る人まかせなんです。
自分の好みや、思いつきがどんどん盛り込まれます。
そうなると、アートは模倣から始まると言われますが、全くのコピーはかえって難しい。
機械じゃないんだから、コピーじゃなくて独創的でイイんです。

 

6月以降、何人かが同じリスパンツを仕立てました。
好きな糸を使うのはもちろん、裾に隙間を作る、布の密度を変えるなど、それぞれに「自分らしさ」が入った作品だと思います。
同じ形なのに、全く違って見える。
さをりって面白いなぁとつくづく思いました。

 

そんなリスパンツたちが、今ならさをりの森の2階ギャラリーにて様々並んでいます。
ご来館の際はぜひご覧ください。

さをりの森のVegasの会は、作家さんが集まって作品を披露する会です。
この時に作家さんの色んな想いをお聞きすることができます。
それぞれの想いがこもった作品をを7/13(火)まで、
東京の西武池袋本店での作品展に出展しています。
お近くのに方はぜひ作品を実際に手に取り、ご試着いただきたいと思います。

🌟場所 西武池袋本店7階(中央A6)=インテリア特設会場

🌟期間 7/8(木)〜13(火)
※最終日13日(火)は当会場のみ午後6時にて閉場

営業時間は、西武池袋本店ホームページにてご確認ください。
状況状況により掲載企画が中止・変更の場合がございます。
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

 

ではでは、6月作品の続きをご紹介いたしましょう。

 

🍭半円スカートです。
ループ糸をふんだんに使ってボリュームあるスカートで、作家さんが得意のグリーンに華やかな色が効いていますね。

 

🍭リネンのスカートです。
細いリネンと対象にジュートの太さと張りが面白いデザインになっています。
フリンジにはジュートを撚り足しています。

 

🍭爽やか色のサルエルパンツです。
コットンでしっかりと織っているので、透けることなく着用できます。
股ぐりのカットを裾でとり、カットした布をポケットにしていて無駄がありませんね。

 

🍭リスパンツと言うサルエルパンツです。
東南アジアの奥地にあるリス族の方のパンツが起源らしく
さをり織りのお仕立てに向いていて、気軽にチャレンジができそうです。
床に置くと三角形で、ウエストも股ぐりのカットもありませんよ。

 

🍭ブラウスとスカートのセットアップです。
首周りに裂いた布を挟み込んで、華やかにしています。
スカートの裾はすべてフリンジがあり、なぜ?っと思ってよく見るとロープを作り、
房のように縫うというお手間の掛け方に作家さんのこだわりを感じます。

 

🍭マーガレットボレロとワンピースです。
黒いシルクがエレガントな作品です。
ボレロの袖先にゴムを入れて着心地よくし、ワンピースの背中は房を交差させて透け感が美しい💓
脇にホックを付けてシルエットにもこだわっています。

 

🍭半袖のジャケットです。
薄いコットン素材で夏の羽織ものに重宝しそうです。
後ろの下の段にタックを取っているのでフワッと軽く着れますね。

 

🍭夏のロングコートです。
一見シンプルに見えますが、よく見ると複雑な織りがたくさん入っています。
前のブルーのところはリバーシブル織りのようになる、新たな織り技が登場です。
背中も何やら地模様のようになっていますね。

 

🍭ミニフリル織りのY型ブラウスです。
コットン素材で肌触りが良く、ミニフリル織りが優しげです。
Y型がお好きな作家さんです。

 

🍭かぶりベストです。
綿の強い色のタテ糸に、赤の裂いた布や面白い形状の糸を二色交差して印象強い作品です。裾に分け織りを配して軽やかさもありますね。

 

🍭2wayブラウスです。
両袖は拡幅織りでフリルのように広がっています。
ワイドな仕上がりで羽織にもなり、襟はレースの布を付けていてゴージャスです。
後姿はないですが、首周りのオレンジのボタンを閉じているので可愛くアクセントになっていますよ。

 

🍭ミニフリル織りY型ブラウスです。
先ほども登場のミニフリル織りY型ブラウスですが、こちらの素材はリネンです。
より夏らしく、涼しいブラウスになっています。

 

🍭2種類のストールです。
ベージュ系のストールは、三色交差でカラフルさを出して房にも色を足すというこだわりです。
グレーのシルクのストールは、二色交差で濃淡を表現しています。

 

これらの作品の一部が池袋西武本店にて展示販売中です。
その後はさをりの森にて展示販売いたします。

 

さをり作品は写真を見ていても楽しいのですが、実際に手に取り試着をすると、またまた印象が変わります。
ぜひとも、そんな機会を作っていただけたら幸いです。

 

実際に行くことはできないけれど…なんだか気になる!
という方は、ぜひさをりの森へご連絡くださいませ。
📞  0725-57-7022
email お気軽クラス・織り人クラス・森の宿り木・さをり織り技法検定・講習会についてはこちら

各地で大雨が続き被害も多く出ていますが、いかがお過ごしでしょうか?
平和な日常が早く戻りますようにと願うばかりです。

 

6月のベガスの会は、久しぶりに多くのメンバーが集まり個性豊かな作品をたくさん見ることができ、まさにグループのみんなで学べる場なんだなぁと思いました。
どうぞご覧くださいませ。

まずはこちらから。

 

🍭肩の分け織りが効いているベストです。
スパンコールがキラキラして篭の目織りや絡み織りなど織り技もふんだんに入っています。背中のハートに気づきましたか?フリンジを可愛くデザインしています。

 

🍭リネンシルクのベストです。
後ろの腰のあたりの丸みは、半円スカートのウエストをカットした布を利用しています。ハギレをうまく使っている作品です。

 

🍭肩が分け織りになってるチュニックです。
前後どちらでも着ることができ、ハサミを入れずに仕立ててます。タテ糸の片方の耳側を粗めに通しているので、布がふわふわざっくりしています。

 

🍭ベストです。
鮮やかなピンクに二色交差が効いています。
右前で使っている織り終わりの布は、タテ糸をフェードアウトしています。

 

🍭くし筬風ベストです。
ぴゃむぴゃむヤーンが大好きな作家さんが、糸を目立たせるためあえて粗く粗く織った結果、タテ糸が揺れてくし筬で織ったような柄がでてきました。しかも涼しげです。

 

🍭チュニック丈ベストです。
半円スカートのデザインをアレンジされています。前の右下の布は、織り始めにタテ糸を織り込むという織り技で、途中も疑似二重織りやルーピングなどたくさんの技がはいっています。

 

🍭二色交差のシャドー織りが目に留まるベストです。
胸元はノッティング織りで、サイドの布は5cmほどの織り幅を織り足しリボンの様に結んでいます。とても手間が掛かっていますよ。

 

🍭細幅の布のベストです。
10cm幅で10mのタテ糸を色だけでなく、作家さんオリジナルの技びょうぶ織りやタテ糸飛び越え織りや小さな幾つもの分け織りなどバラエティ豊かです。ずっと見てて楽しい作品です。

 

🍭襟付きロングベストです。
涼しそうに絡み織りを入れた着心地のいい作品です。シンプルなデザインによく合っています。

 

🍭ベストです。
黒のタテ糸ローラー巻きで織った60cm幅90cmの布を無駄なく使ったベストで、作家さん本人には少し小さいそうです。
もう少し長く織ったはずが縮絨すると縮んでいたようで、さをりあるあるですね。

 

🍭リネンコットンのロングベストです。
腰のあたりに小さなボタンを付けて、前を閉じるとワンピース風になります。房結びを工夫されています。

 

🍭シルクコットンリネンのロングワンピースです。
ハワイアンイベントに向けた作品で、襟の分け織りが印象的です。左右のバランスを見て袖を付け足しされています。帽子はワンピースに合わせて染めたそうです。

 

🍭コットンの長袖ワンピースです。
お気に入りの白いツブツブの糸をメインにシンプルなデザインにされています。
裾の分け織りが軽やかですね。

 

これらの作品の一部は現在、西武池袋本店での作品展に出展しています。
お近くのに方はぜひ作品を実際に手に取り、ご試着いただきたいと思います。

🌟場所 西武池袋本店7階(中央A6)=インテリア特設会場

🌟期間 7/8(木)〜13(火)
※最終日13日(火)は当会場のみ午後6時にて閉場

営業時間は、西武池袋本店ホームページにてご確認ください。
状況状況により掲載企画が中止・変更の場合がございます。
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/