いつの間にか森のミモザが花落ちて、山桜も風に舞い散る頃になっています。寒暖差の激しさに、昔はこんなふうじゃなかったなぁ…と、ふと思ったスタッフ吉野です🍄

 

さをりの森では通常、黒い綿糸のタテ糸のほかに、カラーのタテ糸を数台ご用意しています。素材は、綿・ウール・シルク・リネン・オーガニックコットン・カシミヤで、こちらは材料費が20円/gからになります。しかしながら台数の制限があり、各素材で2台程度。

 

しか~~し❗
4/13(土)~4/28(日)までの期間、シルクをどど~んと放出するシルクウィークを開催しております♪
タテ糸としてはこんなカラーをど~んと、ご用意しているんですよ。
 
※逆方向から撮影しています

 

そしてヨコ糸も通常の5倍近くの、大量のシルクをどどんっと大放出っ‼
糸担当が、「こんなに一気にシルクを使ってイイのはここだけだ」と、ドヤ顔で呟いていますし、あまりの圧巻さに写真を撮るお客様もいるほどです。
あ、さをりの森の糸や織機はインスタ等のSNSにアップOKです📸

 

そして、な~~んと贅沢にも、挟み込み用の糸や原毛まで、どどどんっとシルクを大放出っ‼‼
 

 

シルクが蚕の繭からできていることは広く知られています。アミノ酸を含んだたんぱく質の繊維で、ヒトの皮膚の成分に近いんですって。
あの光沢、しなやかさ、うっとりとほっぺにスリスリしたい手触りの良さ、美しさは、他に変えがたいものですよね。

 

吸湿性・放湿性に優れているので、余分な湿気を吸って外に出してくれます。また、繊維自体が天然のエアコンのような働きをすることができるので、夏は涼しく冬はあったかいんです。シルクのパジャマがもてはやされているのも納得ですね。

 

そんなシルクで、自分好みに織る。
それもたくさんの中から好きな糸を選べる、さをりの森ならではの贅沢なイベントが、「シルクウィーク」なんです♪
織り上がった後はシルク布に包まれて、うっとりと雅で贅沢な時間を過ごせちゃいますよ~~💖

 

初日には、人がすっぽり隠れるほどの長い作品が織り上がりました。

写真が…見えにくい💦悲しい…
伝わりにくいかもしれませんが、浮き織りや挟み込みをしたり、ループの糸を使ったりと、とても可愛いストールが織り上がったんですよ。

 

シルクのタテ糸は通常の5倍後用意していますが、こちらは先着順に選んでいただきます。また、綿やウールのタテ糸を織ることもできますので、ご希望の方はスタッフにお声かけくださいね。
4月28日(日)まで、まだまだお日にちはありますので、ぜひお越し下さい♪

 

春一番かと思うような強風で揺れる木々がキラキラと光を反射させて、とても綺麗だなぁ…スパンコールやラメでキラキラ織りをしたいなぁ…なんて思っている、スタッフ吉野です🍄

 

先日の夕方、建物の外をカメラ片手にお散歩してみました。
すると、なにやら視線が👁👁………
………だれっ?どこっっ???

 

いた~~っ、いました!(ピンボケなのはご容赦ください💦)
時折、森に遊びに来る子が、不審者でも見るような目で私を見ていたんですね。

 

玄関前ではミモザと水仙が、夕陽を浴びてややオレンジがかっていました。
ん?ミモザの写真を撮りそびれておりますなぁ🙄

 

そうそう、玄関脇には、シクラメンや黄水仙もあるんですよ。
最近、赤や黄色を使う人が増えたように思うのは、この花たちのせいかしらね。
ヒトのせいにしないでよねぇ…by.スイセンズ

 

クリスマスローズがもうすぐ花びらを開かせようとしています。
まだひっそりと頭を垂れているので、見つけにくいかもしれません。

 

駐車場に足を伸ばすと、夕焼け色に染まった桜がとても幻想的🌸🌸
これは河津桜というそうで、ソメイヨシノよりも少し早く花が開きます。
夕陽の効果で、昼間に見るのとはまた違って見えたのが嬉しくて、
ついついシャッターを連打してしまいました。

 

枝垂桜の正式名称がわからないのですが、すずらんのようにいくつも花が連なっています。

 

ふと振り返ると、さをりの森の建物も夕焼け色になっていました。
せっかくだから、お花でデコレーションをしちゃいました。

   

 

これからの季節、織りの合間に森の周りで、撮影会をしてみませんか?
よければ、こんなん撮れました~って、スタッフにも見せてくださいね📸

家織りは、綿を中断してウールを織っている、スタッフ吉野です🍄
前回作ったタテ糸の残りを、今シーズン中にどうにかしておかないと、次に進めないのよねぇ。と言いつつも、織っていて楽しいのがウールなので、名残惜しいのです。

 

そんな楽しいウールのシーズンも終盤ということで、
なんとウールのタテ糸祭りを緊急開催しちゃいます
いつもの5倍のタテ糸をご用意して、皆様を刺激いたしますよ~🎶

 

うふふっ、登場するタテ糸の一部をチラッとご紹介。

 

12月に発売した、光沢感がある細めの糸のイタリア発のプレミアムウールや、縮絨効果が絶大な太めの糸、ループ糸が出てボリューム感たっぷりの糸、薄い布を作りたい方には細めの糸のタテ糸など、各種様々。

 

えぇ~、色付きのタテ糸なんて難しそう…なんて、敬遠していませんでしたか?
織り物はタテ・ヨコの糸の組み合わせで、色の見え方が変化します。と、なると…タテ糸に囚われず、ヨコ糸のことだけ考えて織る方がもちろんカンタン💡
しか~し。
ちょっと変わった雰囲気で織りたいのよねぇ…
マフラーの端のフリンジを色付きにしたいなぁ…
などの欲求を、カラーのタテ糸が満たしてくれるんです。

 

さて、今回のタテ糸の素材はウールです。
ウールってね、水を弾いて中まで浸透するのを防ぐと共に、内側から発する湿気を吸収して発熱してくれるんです。しかも、余分な湿気は放出してくれちゃう優れものなんですよ❤

でも、ウールはちくちくするからイヤだわ~って思っている方も多いんじゃないかしら。
そのチクチクは、繊維の太さで変わります。繊維が細ければ細いほど、肌触りが良いので、糸を選ぶ時に肌触りをご確認くださいね。

そしてウールは、織り上がった後の1回目の洗濯で、グッと糸が変化します。
繊維がほわ~っと立ち、周りの繊維と絡んで布としての一体感が生まれるんです。

 

しかしながら繊維が絡むということで、布の縮みが出ます。
糸によって個体差はありますが、1割から2割は縮むと思ってくださいね。
その縮みを活かして使う糸を工夫すると、こ~んなヒラヒラストールも織ることができちゃうんです。

 

タテヨコウールの織り心地の良さ、バラエティー豊かな糸から選ぶ楽しさを、どうぞこの機会に体験してくださいね。