すっかりご無沙汰していて申し訳ありません💦平身低頭、平謝りのスタッフ吉野です🍄
ようやく朝晩はエアコンとおさらばできそうな気配の今日この頃。
秋冬支度がチラリとアタマをよぎっている方もいるのでは?

 

そんなあなたに、さをりの森から朗報です❣
ご存知の方も多いとは思いますが、
9/7(土)~9/23(月・祝)まで、カシミヤWeekを開催しちゃいますっ👏👏👏

 

カシミヤWeekとは、この期間中は特別に、カシミヤのタテ糸とヨコ糸を色々たくさんご用意しちゃうイベントです。
いよいよ明日から、ってことで、どんなタテ糸があるのかチラ見せいたしますね。

 

まずは、ヨコ糸。
黒、白や茶系などのベーシックなものから、普段はあまりお目見えしない、赤や黄、橙などのカラフル糸まで、たくさんずらりと並べました。
貴重なカシミヤ糸がこんなに揃うなんて、圧巻です💖💖💖
1年かけて少しずつ、この日のために溜め込んでいた糸を開放しました。
しかもここから、好きな色を選んで好きなだけ使い放題なんですっ💮💮
(あ、材料費は頂戴いたしますよ…)

 

お次はタテ糸。
スタッフが糸を選び、せっせと掛けた一品モノのタテ糸ばかりです。
なるべくバラエティーがゆたかになるようにと心掛けましたが、お気に入りのものがあるでしょうか。
とは言っても、ヨコ糸次第で雰囲気はグッと変わりますから、
タテ糸の色に惑わされず、我が道を突き進んで、好きな糸を選びましょう。
このタテ糸を使って、タテヨコカシミヤだと、材料費は40円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、6,000円弱でしたよ。※個人差があります

 

さ、考えてみてください。
ちまたにもカシミヤ製品はたくさん出回っていますが、お値段は?色合いは?
お好みのものはありますか?

 

ないなぁと思った方。
みんなと一緒はつまんないなぁと思った方。
さをりの森だと、自分の好きな色を盛り込んだカシミヤマフラーを織ることができるんですよ~。

 

ご覧下さい、この毛羽立ち、そしてモフモフ感!!
ふんわり軽くて柔らかくって、ふわふわしていて温かい💓
寒さ厳しい冬に、あなたの体をホワッと包んでくれることでしょう。
 

 

そして、さをり織りならではの、ヨコ糸をピョコピョコはみ出して模様にしたり耳を不揃いにしたりと、自由自在に織ることができる。
あぁ、なんて嬉し楽しい冬シーズンなんでしょう。

 

カシミヤタテ糸じゃなく、いつもの綿黒のタテ糸にカシミヤヨコ糸で織った作品はこちら。
タテ糸の色に惑わされずに織りたいなぁって方は、ぜひ黒綿のタテ糸をお選びください。こちらの方が気楽に織れるんじゃないかしら。
綿黒のタテ糸を使って、ヨコカシミヤだと、材料費は20円/g(+税)。
ちなみに昨年の平均材料費は、3,500円弱でした。

 

「繊維の宝石」「冬糸のダイヤモンド」と呼ばれるほどの、魅惑的なカシミヤは、
繊維の細さ、軽さ、柔らかさ、肌触り、保温性などどれをとっても優れています。
しかしながら、織るときの糸はそうは見えない。
なんで~~?

 

カシミヤは、織り上がり後にしっかり縮絨することで、その良さが発揮される糸です。
縮絨とは、たっぷりの水流で攪拌して、糸の繊維同士を毛羽立たせて絡ませ、布としての風合いを良くすることです。
さをりの森では、洗濯機の標準コースでネットに入れないで、20分以上の縮絨をオススメしています。
しかしながらカシミヤの品質や、洗濯機の水量・パワーの差によって縮絨度合いは変わります。
縮絨の途中で時々布を取り出して手で絞って、毛羽立ち具合を確認してくださいね。

 

その布が乾いたら。
織り上がり直後とは雲泥の差の、モフモフ・ほわっほわのカシミヤ作品が完成ですっ👏👏
ほぅっ💗と頬ずりしちゃうほどの、幸せのひとときになることでしょう💕💕
しっかりたっぷりカシミヤの良さを実感してくださいね。

 

なお、カシミヤWeekのタテ糸選びは先着順です。
ご来館時には「カシミヤタテ糸」をスタッフにお申し付けください。
ではでは、明日からのご来館をお待ちしています。

七夕織~ルナイト2019のご報告のバトンを受けたまま、コースアウトしていたスタッフ吉野です🍄
バトンを渡してくれたスタッフ岡本が泣き顔にならないうちに、まいりますよ♪

 

織~ルナイトは18時には10名ほどの参加者でスタートしました。
流しそうめんで腹ごしらえをしてから織り始めます。
食事を済ませて到着の人もいらっしゃいましたが、23時には予約の24名全員が織機に座っていました。
回を重ねるごとに参加者が増えていって、嬉しいですね~。
最初の頃は数名だったのに…と、懐かしく思い出します。

 

しか~し、夜は長いっ。
暖炉前のテーブルでおやつをつまんだり、眠気覚ましのコーヒーを飲んだり。
織~ルナイトに毎回参加しているメンバーが、旧交を温めたりするシーンもあったのですが、写真を撮りそびれちゃいましたねぇ💦

 

夜の間は、睡魔と闘いながら織ります。
土曜の昼から織り始めて、深夜に帰る人もいらっしゃいます。
参加時間は、各自のご都合に合わせることができるので、完全徹夜じゃなくっても大丈夫なんですよ。
翌日がそのまま勤務の吉野は、途中で戦線離脱させていただきました✨

 

目覚めると、思っていた以上にたくさんの人が起きていたのでびっくり🤪です。
しかも今年は、お近くにお住まいの方がめっちゃ早起きして、朝織りにいらっしゃいました。
小学生のお子さんは、平日の学校に行くときよりも早起きしてくれたそうです。
来年は吉野も頑張らなくっちゃ❗と、密かにココロに決めました。

 

織~ルナイトの朝の恒例は、6時半に始まるラジオ体操です。
織っている人もちょいと一息。なんと今回は、15名が織り疲れた体をほぐしました。
この人数は過去最高じゃないかしら。

 

そして9時まで織る人、朝食を食べてのんびりする人、帰られる人と思い思いに過ごされました。
織~ルナイトは、ぶっ続けで織ると15時間‼
普段は織れない長い作品にチャレンジすることもできますし、何点も作品を織ることができちゃいます。
全てをご紹介できないのが残念ですが、今年はこんな作品が織りあがりましたよ💕


↑淡路島から参戦したグループが、作品を持って研三さんとパチリ📸

 

七夕を彩っていた笹飾りは、川や水に流すのが正式なんだそうですが、さをりの森では暖炉でお焚き上げします。

 

笹を小さく切り、短冊や飾りをまとめて暖炉へ。
皆様の願い事が叶いますように…と祈りをこめて点火すると、パチパチと勢いよく燃えてくれました。

 

これにて夏の恒例行事、七夕織~ルナイトは完結🎋🎋
次の織~ルナイトはクリスマス前の予定です。
日程が決まりましたら、ホームページやツイッターなどでお知らせいたしますね。

じめっとした湿度の高い日が続きますねぇ…じっとりじとじと、岡本🐍です😨
気温が低くても湿度が高いと熱中症になりやすいそうなので、みなさまお気をつけくださいね…岡本も…気をつけ……ます………ぱたり

と、夢心地で(寝てたんかーい)お送りします、七夕織〜ルナイト2019のご報告!

 

岡本は、当日は17:00出勤だったのですが、着いたときにはすでに織り機の向きも代わり、席順の名札も設置され、準備万端でした!

今回は名札もねぇ、ちょっとこだわって作ってみたのですが、うっかりしっかり写真撮るの忘れてますね!いやー残念!ほんと可愛かったのに!見てもらいたかったなー!

というわけで来年と次回の織〜ルナイトにも頑張って作りますので、今回参加できなくて見れてない方はぜひ次回参加して、「かわいい〜〜❤」って言ってくださいね😘

 

ばたばたと準備をしていたら18:00になり織〜ルナイトスタート⭐
ぼちぼち人が集まり、いい感じに日が落ちてきたら、さをりの森が見える敷地内の丘へ移動しました。うーん綺麗な青空。

どうして丘に移動するのかって?ここで機織りするのかって?そんなまさか〜
ここでは敷地内で育っている竹を使ったお手製流しそうめんをするのです!🤩

参加者の方にもご協力いただき、荷物を一緒に運びセッティング!

準備が整ったらいざ!流しそうめんのスタート!🤩

今回は織〜ルナイト初参加!という方がちらほらと、海外の方が3名いらっしゃり、流しそうめん初めて〜!っと、たいそう喜んでくださいました。

水に流れるそうめんは、つるつるとみなさまのお腹の中に流れ込み、あっという間になくなっちゃう!ので、丘からさをりの森に向かって大声で

🐍<「よしのさーーん!そうめんおーかーわーりー!!!!」

と、叫び何度も何度もおかわりをしました😋

 

そうめんをいい感じで味わったところで、研三さんお得意のダッチオーブンも登場!

真っ黒じゃん!😱っと、思われました??
ちがうんですよ〜これがいいんですよ〜〜😘真っ黒なのは玉ねぎなのですが、皮ごと焼きますので、黒焦げ皮部分を取れば、中からつるっと真っ白甘々玉ねぎちゃんが登場するんですねぇ🤪思い出しただけでお腹すいてきた!

今回も美味しくできたようで、研三さんの長男、ひろし氏もこの笑顔😋

 

参加者さんのお腹が膨れてきたところでスタッフも流しそうめんを楽しみました。

見てください。Wヒロミ(左:内山ひろみ・右:吉野ひろみ)による素晴らしいシンクロを。お箸と器を持つ角度、目線、体の向き、全てがシンクロしています。
さをり服がトップスである。というところまで一緒ですね!すごい!!(無理やり)

 

と、和気藹々と参加者、スタッフ、全員が楽しんだところで日も暮れてきていい雰囲気になってきたので、ごちそうさまでしたをして教室へ戻ります。

この景色も、七夕織〜ルナイトならでは。ですね😌

 

教室に戻るや否や、みなさま織る織る!一気にさをり熱のこもる教室になりました。

嬉しいことに満席となった織〜ルナイトはほんとに賑やかで、織る欲が溢れた空間でした。

スタッフ岡本🐍も細幅で織りつつ、写真を撮りつつ、談笑しつつ、楽しい時間を過ごしつつ、織〜ルナイトの夜はまだ続きます…😌🎋

 

というわけで、後半は七夕織~ルナイト2019のご報告♪その2へバトンタッチ😘

みなさまの様子や、織りあがった布のこと等、まだまだご報告したいことはありますので、お楽しみに!でございます〜〜〜😆