新型コロナの影響で外出を控えるようにと報道されています。
さをりの森は通常通り営業していますが、体調の悪い方はご来館を延期してくださいますようお願い申し上げます。

 

さて、こんな時期ではありますが、3月1日(日)~3月15日(日)の期間、さをりの森(大阪)では【シルク祭り】を開催いたします。

 

お気軽クラスでタテ糸、もしくはヨコ糸をシルクで織ると、材料費が10%OFF❣
タテヨコシルク100%だと通常の材料費は40円/g、そこから10%OFFになっちゃうんです💓💓

 

ご用意しているタテ糸はこちらっ✨
織り幅は30㎝~60㎝まで様々ご用意いたしました。

 

もう少し分解するとこんな感じ。
 春にふさわしい白や暖色

 ちょっぴりクールな色系も

 上の青と、こちらはスタッフ特製です💖

 

そしてヨコ糸はこちらっ✨

 

糸を巻いている紙管の先を白く塗っているのがシルクです。
色とりどりの糸をご用意しているのですが、おすすめをご紹介いたしますね。
 ループやモール糸➿

 ラメをより合わせたキラキラ糸✨

太さが違う糸を撚り合わせていて可愛いっ💕

 段染めモール糸もあるんですよ。

 クールなストレートの段染め糸👏

 

シルクは最高の天然繊維と言われ、独特の美しい艶・光沢と柔らかい感触で人気を集めています。
人間の肌に近い成分でアレルギー反応が小さいとも言われています。
一年中重宝する繊維ですが、保温性、吸湿性、通気性に優れているので春から秋に織る人が多いように思います。
またその上品さから、フォーマルなシーンにも活躍してくれます。

 

そんなシルクがお得に織れちゃう、【シルク祭り】で、ぜひご自分のとっておきを織りませんか?

お気軽クラスのリピーターさんがさをり服を着て来られることが多くなりました。
それを拝見すると、仲間が増えていくようで嬉しくなってしまうスタッフたちです🍄

 

でも、お仕立てって難しそうじゃなぁい?
なんて思っていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
そんなアナタの強い味方がさをりの森にあります❣

 

それが『SAORIのお仕立て【初級編】』『SAORIのお仕立て【中級編】』です。

 

こちらの本はさをりの森が出版しており、裁縫は苦手、ミシンなんて学校の授業以来使ってない、でも、織った布をカタチにしたい!という方でも安心の、丁寧な解説・図案、作品写真を掲載しています。

 

せっかく時間を掛けて織ったんだもの、本を読んでも布を切る勇気が出ないわぁ…
なんだか普通の布とは扱い方が違うようだし…
そんなアナタには、さをりの森のお仕立て講習会がオススメです。
毎月第1金曜の10時~11時半、講師が実際に仕立てる様子をご覧いただく講習会

 

で、ご自分の布で縫うことはできませんが、布を拝見してアドバイスもいたします。
2月の講習会ではくり抜き丸首ベストのお仕立てでした。

 

今回のご参加は1名、よく織りに来られるのですが服は当日着ていたマーガレットのみという方でした。

 

まずはさをり布についてのお話を少々…。
そして実際に布を配置する、縫う、切る、と進めていきます。

 

今回のデザインのポイントは、負の型紙とまつり縫い。
負の型紙って何?
まつり縫いって通常と何か違うの?
などのポイントを説明しつつ、どんどん進みます。

 

ドキドキ・ワクワクの、お持ちいただいた布を拝見💕
さをりの布って、レシピ通りの長さや幅にならないことが多いんですよね。
そんな時も安心?のアドバイスをお伝えいたしました。

 

今回のお仕立ては講習時間内にできちゃうくらいとってもカンタンなんです👌
次にお会いする時にはこの服を着ていただいればいいな~なんて思いをめぐらせた講習会でした。

 

次回の森のお仕立て講習会は、3月6日(金)10時から開催いたします。
内容は『SAORIのお仕立て【初級編】』のY型ブラウス。
一年中大活躍で、サッと仕立ててサッと着られる作品です。
さ、あなたもチャレンジしてみませんか?
スタッフ一同、張り切ってご予約をお待ちしています📞
 
 

 

冬将軍がどこかへ行ったようでミモザがほんのり黄色く色付き、河津桜の桃色が増えてきたさをりの森です🍄

 

前回お知らせいたしましたが、今回の作品の一部を下記の通り出展いたします。
どうぞ足をお運びいただき、写真ではとうてい伝わらない作品の心地よさを体感してくださいね。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸 春のさをり織り作品展 🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
🌸と き:2/28(金)〜3/4(水)10:00〜21:00(日曜祝日〜20:00/最終日〜18:00) 🌸
🌸ところ:西武池袋本店7階(中央A7)インテリア特設会場       🌸
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

さ、今回はチュニック・ワンピース・ジャケットなどの上物をご紹介いたしましょう。

 

🍭ブラウス(カシミヤ&ぴゃむぴゃむ) 変則経通しとぴゃむぴゃむやーんでカシミヤだけど遊び心いっぱいの作品💙

 

🍭ブラウス(シルク) 左胸元でX交差織り(濃い緑と白の横筋)を使っているんですが、ごめんなさい…写真ではわかりません…😣裾で挟み込み織りをしています。

 

🍭チュニック(ほぼカシミヤ) チュニック丈なので裾をゆったりさせたっかったの…と、このために黒を織り足しています。その黒が効いていますよね~🌚

 

🍭ワンピース(タテ綿×ヨコシルク&ぴゃむぴゃむ) 大判のポンチョのようなワンピース。前身頃と後身頃の差は、可愛い糸をGETする前と後ですって💖

 

🍭ジャケット(ウール) なぜか取り憑かれたようにピンクで織ったそうです。普段の色合いとの違いが面白い♪織り終わりのフェードアウトを前身頃に配置しています。
  

 

🍭ジャケット(シルク) 織り終わりにした分け織りを前にデザイン。カラフルなシルクリボンがキュート💓背中はカットしたプリーツスカートを縫い合わせています。

 

🍭ジャケット(オーガニックコットン) 作家さんの大好きな形ですが、布が変わると違いますね~。分け織りやフリンジを前で効かせています。肩の部分を切り落として裾に縫い合わせています。

 

🍭ジャケット(シルク) 昨年織った布で、前月のNさんの形でお仕立て。この春に大活躍してくれること間違いなし❗短め袖です。

 

🍭コート(ウール) こちらも前月のNさんと同じお仕立てですが、襟なしです。ボリューミーな生地で首周りはフリンジにしてスッキリ。

 

🍭コート(綿・オーガニックコットン) タテ糸は全部ループ糸で筬は3羽。オーガニックの色だけでは我慢できずに綿のカラーを入れたそうです。

 

🏁【参考編】着物(綿・藍染) さをりの着物を創りたい!と、織ること13m。自分で染めた藍染めのタテ糸・ヨコ糸を使ってKさんらしいステキな着物ができました💙

 

さをり織りの作品は作家さんの個性が詰まっていて同じ物はもう創れない。
真似ようとしてもできない。
そんな一期一会の作品はさをりの森(大阪)の2階ギャラリー、もしくは冒頭でお知らせした期間だけ池袋西武でもご覧いただけます。
作品に出会いましたらどうぞ手に取ってじっくりご覧頂き、試着してみてくださいね。