少し前にインフルエンザA型で寝込んでいた、スタッフ吉野です🍄
病気とはしばらく疎遠になっていたんですけどね、今年のはずいぶん強力のようです。
皆様もお気をつけ下さいね。

さて、さをりの森には1日体験の「お気軽クラス」と、より深くさをり織りを学ぶ
「織り人クラス」があります。
織り人クラスは講習を受講して、さをり織りの理念、織機のしくみ、
タテ糸の作り方、織り方、織った布の活かし方などを学ぶクラスです。
お伝え漏れがないようにカリキュラムを組んでいますが、
その人の習熟度に合わせて進めていきます。

そんな織り人クラスメンバーの作品をこれからぼちぼちご紹介していきますね🎵
まず第1弾はIさんのウールブラウスです。

いつも色に悩みながら織るのですが、今回はシックにグレーを中心に織りました。
襟は丸首なのですが、残った布でミニマフラーにして首に巻いています。

グレー中心とは言うものの、織っている間に違う色にココロが動くと
迷いながらもその糸に手を伸ばしていました。
さをり織りは「自分を織る」と言われます。
その時その時のココロ模様が糸に現れるんですね。
さをりの森20170204 (1)

このお仕立ては脇から袖下にかけて、ナナメに切った布を足します。
(写真を撮りそびれたので、別の作品ですが、わかりますかねぇ…)
さをりの森ベガス201612 (10)

ちょっと試してみる?から始まった、このお仕立てデザイン。
織る間は何に仕立てるかなんて、考えてなかったんですよ。
まずは楽しみながら織り、縮絨(1度目の繊維を絡める洗濯)の後で
布を見てから、デザインを考える。
縮絨で思いもよらない変化があったりして、なかなか楽しいんですよ✨

まずは布の好きな部分を見つけて、表裏を考える。
好きな部分を服にどう使うかは、悩みどころでもあり、楽しみどころ。
そして、布の雰囲気に合わせていくつか形を考え、選択する。
均一・均質な布では味わえない、さをりのお仕立ての魅力です。

まあね、布の分量を決める都合上、スカートだ~、パンツだ~って、
デザインを先に考える場合もあります。
その時には、「これは胸のあたり…」とか「あれ?ここはどこになるんだっけ?」
って考えずに織る事をオススメします。
考え過ぎると知らず知らずのうちに、織りに制限をかけてしまっている
場合があるんですよ👻

それから、できた布が思っていたデザインに合わない場合。
「失敗した!」ってついつい思ってしまうかもしれませんね。
その場合はあっさりと別のデザインを考えちゃいましょ👌

今回、Iさんは2色交差の部分を後ろにしました。
さをりの森20170204 (2)

そして、せっかく長めに残したフリンジ(タテ糸の端)を活かしたいと考えて、
結び目をずらしながら網目に結んで、胸から肩へのポイントとして使っています。
さをりの森20170204 (4)

ふんわりと織っているので、軽くて柔らかくて、脇に足した布が腕の動作を
楽にしてくれるのよね~、と、ご満悦のIさんでした。

いつかVegasメンバーの作品集を出せたらなぁなんて、
ちょいと夢見るスタッフ吉野です🍄

しばらく日が開いちゃって、Vegasファンの方には申し訳ありません、作品のご紹介です🎊

まずはロングコート。色合いが緑あふれる湖のほとりを連想しますね~。
えっ?海?
人によって感じ方は違うもの。あくまでも私の主観です♪
さをりの森ベガス2016年6月 (11) さをりの森ベガス2016年6月 (12)

イカワンピース。背面に布を足してできた、裾の広がりが女性らしさを演出します。
さをりの森ベガス2016年6月 (9) さをりの森ベガス2016年6月 (10)

ふんわりチュニック。裾をカットせずに折り上げているところが素敵💫
さをりの森ベガス2016年6月 (7) さをりの森ベガス2016年6月 (8)

ロングベスト。う~ん、かっこいい!襟付きです。
ヨコ糸の色でタテ糸の雰囲気もぐっと変わりますね。
さをりの森ベガス2016年6月 (5) さをりの森ベガス2016年6月 (6)

ジャンパースカート。リネンなのでさらっと着ることができます。
さをりの森ベガス2016年6月 (1) さをりの森ベガス2016年6月 (2)

ショートベスト。胸は分け織り、背面はフリンジでポイントを作っています。
さをりの森ベガス2016年6月 (3) さをりの森ベガス2016年6月 (4)

この作品たちは、さをりの森で実際に手に取っていただけます。
また、遠方で森に来館は難しいけれど、購入を検討したい…という方は
お電話またはメールにてご連絡いただければ、詳細をお知らせできますよ。

耳のデコボコや糸の飛び出しも「味」「デザイン」としてとらえる、
作家の個性が溢れるさをり服。
感性が合う方に、素敵なご縁が繋がりますように🍄

じめじめした雨を吹き飛ばすべく、さらりとしたリネンや和紙の糸を使って織っている、スタッフ吉野です🍄
気分だけでもさらりといきたいものですよね💦

さてさて、今回は織り人クラスメンバーの作品をご紹介しちゃいましょう。
メンバーは、時には楽しく、時には迷い、時には冒険しながら、タテ糸を作って織り進めます。
そして、その布が織り上がると、仕立てて着るのです。

今回は、たくさんの仕立ての中で、「イカ」と呼ばれるデザインを集めてみました💛
布を正方形に縫い合わせ、1つの角を頂点として袖を開けるデザインです。

Iさんのイカベスト。
タテ糸選びを失敗した…と嘆いていましたが、素敵な色合いですよね。
フリンジを裾で活かしています。
さをりの森20160629 (1) さをりの森20160629 (2)

Yさんのイカワンピース。
写真では分かりづらいですが、スパンコールを入れてキラキラしているんですよ。
こちらはフリンジを前と襟とで活かしています。
さをりの森20160629 (3) さをりの森20160629 (4)

Hさんのイカブラウス。
長方形の布を前中心に足して、ゆったりタイプです。
さをりの森20160629 (7) さをりの森20160629 (8)

Kさんのイカブラウス。
裾をカットした布を前中心に足したふんわりタイプです。
分け織りを襟に使い、カットした布のあまりをコサージュにしています。
さをりの森20160629 (55) さをりの森20160629 (6)

織り手の個性が溢れるさをり布。同じ形を仕立てても、ぐっと雰囲気は変わります。
自分を織る、さをり織りならではのことですね。
また、布の長さを変えたり、裾のカットの仕方などなど、アレンジ要素がいっぱいです。

織って楽しい、
仕立てて楽しい、
着て楽しい✨

そんなさをりワールドを体感したい方は、ぜひさをりの森へ。
まずは体験織りからどうぞ、お気軽にお越し下さいませね。