最近、タペストリー織りに興じていたスタッフ吉野です🍄
服を仕立てるのも楽しいけれど、とにかくどんどん織るのもまた楽しいですよ~😊
煮詰まったら、タペストリー織りをオススメします。

さて、怒涛のようにご紹介しちゃいますよ~。
さをりの森Vegas3月、越野さんの作品です。

ベストとパンツのツーピース。
ベストの脇には、共布で作ったくるみボタンと、糸を撚り合わせたヒモを使っています。
さをりの森ベガス2016-03(1) さをりの森ベガス2016-03(2)

襟にフリンジを使った、キュートなブラウス。
布は横向きに使っています。
さをりの森ベガス2016-03(3)さをりの森ベガス2016-03(4)

こちらも襟とポケットにフリンジを使った、ロングベスト。
さをりの森ベガス2016-03(5)さをりの森ベガス2016-03(6)

これらの作品は、さをりの森で展示販売しています。
気になる方はさをりの森へ足をお運びいただくか、お電話にてお問い合わせ下さいね📞

次回のVegasまでに、全員の作品をUPするぞぉ~と、
慌てて決意をしている、スタッフ吉野です🍄
(4月の作品は、必ずや!早めにUPします💦)

今回は角谷さん、「かどや」と読みます。

まずはゴールドのチュニック。
実はこの作品、講習で来られていた方が一目ぼれ✨
ブログへUPするまでにアメリカへと旅立つことになりました。
さをりの森ベガス201603 (10)

私が持っている右袖のところは、分け織りをして布を肩と脇下に分けています。
さをりの森ベガス201603 (9) さをりの森ベガス201603 (8)

お次は、細幅で長く織った布で仕立てたベスト。
さをりの森ベガス201603 (1)

細幅と言っても、ぐっと狭めたりWWWで広げたりと、
楽しそうに織っている姿が目に浮かぶようなベストです。
さをりの森ベガス201603 (2) さをりの森ベガス201603 (3)

そして、こちらは、シルクと麻糸(ヘンプ)を使っており、
素材感の違いを楽しめるチュニックです。
優しい色合いはべんがら染めです。
もちろん布染めではなく、染め糸を使って織ります。糸を染めてから、織りを楽しむ。
さをりならではですね。
さをりの森ベガス201603 (6) さをりの森ベガス201603 (5)

これらの作品は、さをりの森にて展示販売しています。
気になる作品がある方は、ぜひさをりの森へお越しいただくか、
お電話にてお問い合わせいただければ詳細をお伝えいたします。
なお、ご来館いただければ試着もできますので、ぜひ足をお運び下さい。

早いものでもう4月。春先のブログを出せないまま時間が経っていることに慌てている、
スタッフ吉野です🍄

さて、さをりの森の作家さんの会、Vegasの会のご報告です。
以前のブログにて、さをりの森西武池袋からの撤退をお知らせしましたが、
Vegasの会のメンバーは元気いっぱい😊
3月も、個性溢れる作品が集まり、さをりの森にて展示販売しています。
今回は斉藤さんの作品をご紹介しますね。

こちらはさをりのお仕立て【初級編】に掲載の襟付きマーガレットに似ていますが、
襟の合わせ方をアレンジした作品です。
織り終わりの分け織りもキュートですよね~。
さをりの森Vegas201603-3 さをりの森Vegas201603-2

袖を広げるとこんな感じです。
さをりの森Vegas201603-6

そして、とっても楽しいストール。分け織りの幅を狭めたり、
分け織りした部分をヨコ糸として織り込んだり。
ぴゃむぴゃむヤーンをたくさん使っています。
さをりの森Vegas201603-4 さをりの森Vegas201603-5

染めタテ糸のワンピース。
脇に布を付け足して、裾のラインに変化を付けています。
胸の部分には、裂き布を織り込んでいるんですよ。
さをりの森Vegas201603 さをりの森Vegas201603-11

さをりの森Vegas201603-10 さをりの森Vegas201603-9

斉藤さんと言えば、分け織りと朱赤。(吉野の勝手なイメージです😉)
『ザ・さいとう』と呼ぶにふさわしいこのベスト。
ヨコ糸には結び糸を使っています。
さをりの森Vegas201603-8

結び糸とは、(正式名称かどうかはわかりませんよ~)
残ってしまった短い糸を集めて繋ぎ足して、
結び目も模様として活かす糸です。
繋ぎ合わせる順番も、斉藤さんならではのこだわりが垣間見えます。
さをりの森Vegas201603-12 さをりの森Vegas201603-7

気になる作品がある方は、ぜひさをりの森へお越しいただくか、
お電話にてお問い合わせいただければ詳細をお伝えいたします。
なお、ご来館いただければ試着もできますので、ぜひ足をお運び下さい。