織り人クラスのイカ作品♪

じめじめした雨を吹き飛ばすべく、さらりとしたリネンや和紙の糸を使って織っている、スタッフ吉野です🍄
気分だけでもさらりといきたいものですよね💦

さてさて、今回は織り人クラスメンバーの作品をご紹介しちゃいましょう。
メンバーは、時には楽しく、時には迷い、時には冒険しながら、タテ糸を作って織り進めます。
そして、その布が織り上がると、仕立てて着るのです。

今回は、たくさんの仕立ての中で、「イカ」と呼ばれるデザインを集めてみました💛
布を正方形に縫い合わせ、1つの角を頂点として袖を開けるデザインです。

Iさんのイカベスト。
タテ糸選びを失敗した…と嘆いていましたが、素敵な色合いですよね。
フリンジを裾で活かしています。
さをりの森20160629 (1) さをりの森20160629 (2)

Yさんのイカワンピース。
写真では分かりづらいですが、スパンコールを入れてキラキラしているんですよ。
こちらはフリンジを前と襟とで活かしています。
さをりの森20160629 (3) さをりの森20160629 (4)

Hさんのイカブラウス。
長方形の布を前中心に足して、ゆったりタイプです。
さをりの森20160629 (7) さをりの森20160629 (8)

Kさんのイカブラウス。
裾をカットした布を前中心に足したふんわりタイプです。
分け織りを襟に使い、カットした布のあまりをコサージュにしています。
さをりの森20160629 (55) さをりの森20160629 (6)

織り手の個性が溢れるさをり布。同じ形を仕立てても、ぐっと雰囲気は変わります。
自分を織る、さをり織りならではのことですね。
また、布の長さを変えたり、裾のカットの仕方などなど、アレンジ要素がいっぱいです。

織って楽しい、
仕立てて楽しい、
着て楽しい✨

そんなさをりワールドを体感したい方は、ぜひさをりの森へ。
まずは体験織りからどうぞ、お気軽にお越し下さいませね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です