こんにちは、スタッフ平山です🌱
先日体調を崩してしまいました。とほほ…。
3日間ひたすら寝るに徹していたのですが、
回復してみると、勿体無い3日間を過ごしてしまったとしょんぼりしちゃいますね。
織りたかった…。

 

さて、皆さんお待ちかねのシルク祭りがついに来週
4月16日(月)から始まります🎉

この祭り期間中は、高級素材シルクがお得に織れるチャンス✨
タテ糸もヨコ糸もいつも以上にたくさんご用意しておりますので、
より一層「自分を織る」が楽しめますね!

 

このブログをご覧の方だけ特別に
どんなタテ糸があるのか先にちょーっぴり見せちゃいますね😋
さをりの森20180410 (2) さをりの森20180410 (1)

ばーん!どうでしょう?
もちろんこれが全てではありませんよ!
今回は4つだけチラリ😘
淡い子も濃い子もカラフルな子も揃ってますよ~✨

タテ糸の準備をしている間、私だったら何色を入れようかな~と
思い耽ってしまうのですが、
そうするともう愛着が湧いて湧いて…😂
思わずタテ糸一本一本を「子」と表現してしまいます。
このタテ糸かわいい子だなー!とか☺️

織り上がった布に至ってはもう自分の分身ですね😙
ぎゃー!かっこいい平山生まれたー!という具合です。

 

それくらい、特別な一枚を生み出しに、ぜひお越しください✨
出来上がった布も、織る過程も、その時だけの色も感覚も、全部一生物です。
さらに高級素材を使ってる…と思うと一生物が一生物を越えます🙆(?)

 

シルクが高級素材だということは分かるけど、
一体どういう糸なのかな…?という方もいらっしゃると思うので
カンタンに説明します✏️

シルクは蛾の幼虫・カイコが作る繭から取れる最高の天然繊維🌿
柔らかさとしっとりとした感触があり、丈夫で腰が強いのも特徴です。

吸水性、速乾性、通気性に優れ、アレルギー反応も小さいため、
肌着として使われたりしますよね。
とっても優しい素材なんです🌞

 

シルクにも色々な種類があるので、光沢の有無も様々です。

今回ご用意しているヨコ糸も、様々な表情が並んでいます☺️
どれも等しくシルク!
でもそれぞれ違ったシルクです👌

織り上がって、縮絨して…どうなるでしょうね?
楽しみですね!

 

そんなシルク、なんとこの祭り期間中は
材料費がレジにて20%OFF🎉

初めての方も、経験がある方も、今シルクを織らないと!
急いで急いで~!
4月16日(月)~4月30日(月・祝) までですよ!

営業時間は通常通り 9:30~17:30 です💫

タテ糸は台数限定先着順となりますが、
開館前にお越しいただいても選べませんのでご了承くださいませ。

それでは!沢山のお越しをお待ちしております!

こんにちは、スタッフ平山です🍙
遅くなってしまいましたが、先日のカシミヤ祭りでの作品を
いくつか紹介しますね!

縮絨したらこうなったのよ~!と持って来てくださった方
ありがとうございました!
(せっかく持って来てくださったのに、
お写真を撮るのを忘れてしまった作品もいくつか・・・!すみません!😢
持って来てくださってありがとうございました!)

 

まずはこちら✨
 
織り上がった時には、綿のような見た目のカシミヤも
縮絨をしてみるとこの通り!

この起毛が伝わりますか~?
色もふんわり混ざって、より一層優しい風合いですね😊
さをりの森20180310 (4) さをりの森20180310 (5)

 

ストールポンチョを仕立てて来てくれた方も
いらっしゃいましたよ😍💕
さをりの森20180310 (3) さをりの森20180310 (2)

こちらもこんなにふんわり!
IMG_0907 IMG_0908

大判のものも、カシミヤの軽さのおかげで身に付けやすいですね!
マフラー、ストールを織る方も多いですが、こうやって服に仕立てるのも
やっぱり素敵ですよね😘
織り溜めたマフラーがたくさん!という方は
繋げて服を仕立ててみてはいかがですか?

 

そして最後は
大胆な糸の打ち込みで冒険しているこの作品!
打ち込みの緩い部分、強い部分との差が面白いですね💫
IMG_0903 IMG_0901

さをりの森20180310

縮絨の前はどんな様子だったのか
同じ布はありませんが・・・
この赤マフラーの後日、再び織りに来てくださった時の
別のマフラーの写真がございます🎉

こちら!✨
IMG_0896 IMG_0894
既に面白い!縮絨後も素敵な変化が訪れる予感しかしないですね・・・😍
赤のマフラーよりも、より打ち込みを緩く透かせて織ってみたそうです。

こうやって見てみると、
同じカシミヤでもこれだけ違うものが織り上がるんだなぁと
面白く、嬉しく、楽しくなりますね!

織っている最中も、それぞれ皆さん互いの布を見ては
すごい~!!と声の上がる毎日でした😁
「自分を織る」さをり織りだからこそですね💕
自分の中には無い、驚きの色使いや、ワザを使っている方がいたり、
大胆だったり繊細だったり、布を通してその方が見える瞬間が嬉しいです😋

連日織りに来てくださるリピーターの方も、初めての方も
沢山ありがとうございました!

また何かイベントを開催するときは
HP・ブログ・ツイッター・インスタグラムでお知らせ致しますので
欠かさずチェックしてくださいね👋

カシミヤ祭りで皆さんが織っているのを指をくわえて見ている、スタッフ吉野です🍄
織りたい…でもアタシは仕事中…
家で織りたい…ウールのタテ糸が掛かっている…
90cm幅の織機でカシミヤを織りたい…大判ストールが欲しい…
家にWX90はない…💧

さて、毎回大好評のカシミヤ祭りは今回も連日、多くの方が織りに来られています。
自分で織ったカシミヤの魅力に取りつかれた方もたくさんいらっしゃいます。

その中でも、1回の祭り期間中に3回?4回?ご来館だったMさんが、
月曜日に織ったカシミヤを昨夜(2時ですって😳)に縮絨して持ってくれました💓
これがとっても良かったから、同じタテ糸でまた織るそうです。
ということで、今回の撮影にご協力いただきました。

さをりの森20170906 (6)

このふわっふわ感、伝わっているでしょうか✨
うーん、全体だとわかりにくいなら、こちらでどうだっ🔍
さをりの森20170906 (3)

ピンボケではありませんよ~💦
このモヤッとしたところが、カシミヤならでの毛羽なんです。
しか~し、織っている時にはこの毛羽はありません。
さをりの森20170906 (5)

さをりの森で使う糸は、最終工程の「洗い」をしていない糸を使います。
そして織り上がった布をご自宅で、洗っていただきます。
「縮絨」と言う、繊維同士を絡めて風合いを良くするための工程なのですが、
ポイントはたっぷりの水流で攪拌すること。
つまり、洗濯機の標準コースで、ネットに入れないで洗います。
そして、カシミヤをふわっふわにするには、思い切って20分以上洗いましょう。
(えぇ~~っ‼️って声が聞こえてきたような。。。)

もちろん、ほったらかしにしてはいけません。
できれば洗っている間に時々取り出し、布を絞って毛羽立ちや縮み具合を見ます。
ほわぁ…っ毛羽が立っていれば、縮絨はOK、すすぎコースに進みます。
糸によって個体差があるため、他の糸よりもギュッと縮んでいる場合はそこでストップして、すすぎに進みましょう。
こ~んなふわっふわの軽くてあったかくって、キュートなカシミヤマフラーが自分で織れるってステキですね💖
さをりの森20170906 (4)

織る時にところどころヨコ糸を長めに出しておくと、端っこがフリンジのようになって可愛いっ💓
さをりの森20170906 (2) さをりの森20170906

こんな魅力的なカシミヤは、縮み率が大きいんです。
タテでは2~3割、ヨコでは3~4割が縮むくらいでサイズを考えて織ってくださいね。
最大幅の60cm(今回のタテ糸では黒綿のみ)で織っても、縮絨すると40cmくらいになります。

写真は、同じ幅のタテ:黒綿×ヨコ:カシミヤの幅見本です。
洗濯機やヨコ糸の打ち込み方によっても変わりますが、こ~んなに縮みます。
3-3-1虎4
左から縮絨なし、縮絨7分、縮絨20分。

すっぽりくるまれる、広幅ストール(写真は60~65cm)が欲しいんだけどなぁ~🌟
さをりの森20170906 (7)  さをりの森20170906 (8)

って思った方は、ぜひ90cm幅(タテ糸:黒綿)をご予約くださいね。
なお、カシミヤ作品は、ご来館時に織り見本をご覧いただけます。

カシミヤがお得に織れるカシミヤ祭りは9月16日(土)までです。
特別にカシミヤのタテ糸をご用意して、皆様のご来館をお待ちしています。